Google
 

松本 人志

松本 人志(まつもと ひとし、男性、1963年9月8日 - )は、日本のお笑い芸人、映画監督。

通称は「松ちゃん」。兵庫県尼崎市出身。血液型B型。左利き。逆子だった。現在、独身であり未婚。身長172.8cm。

お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は「浜ちゃん」こと浜田雅功で、1982年にコンビ結成。吉本興業(東京本社)所属で、吉本総合芸能学院(NSC)の第1期生。


【概要】
1990年代以降のお笑い界で絶大な人気を得ているお笑い芸人。そのためミュージシャンや俳優、作家などにも多くのファンを持つ。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」でのフリートークにおける即興的な笑いのスタイルに特徴を持つ。

また、コントでの役になりきる自らのスタイルを「憑依芸人」と名づけている。

「寒い(サブい)」「ブルーになる」「逆ギレ」「へこむ」等の新語の創作者としても知られる。また、性癖に限らず人をSとMに分ける考え方を広めた。松本自身は芸能界を代表するドMである。

自身のレギュラー番組や舞台などには出演者としてだけでなく、制作にも積極的に関わる。

漫才師として、自身、または浜田が裏番組に出ない限り、連年、M-1グランプリ決勝の審査員を務める。


【略歴】
・1982年に兵庫県立尼崎工業高等学校を卒業後、中学時代からの友人であった浜田雅功と共に吉本総合芸能学院(NSC)に入学(同校の1期生)。入学当初から浜田とコンビを結成。

・ダウンタウンとして様々なテレビ番組にレギュラー出演。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系列)「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系列)等では出演のほか番組の企画・構成も担当した。

・1994年から1995年にかけて、松本が週刊朝日に連載していたエッセイを単行本化した「遺書」「松本」がベストセラーになる(「遺書」は250万部、「松本」は200万部)。また、1994年度の高額納税者番付でタレント部門の1位になる。

・1990年代後半より、「一人ごっつ」シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ「松本人志VISUALBUM」など、個人での活動も行うようになる。

・1997年10月、「ダウンタウンのごっつええ感じ」スペシャルが、松本への事前連絡無しにプロ野球の優勝決定試合に差し替えられたこと等を理由に、同番組の打ち切りを決定する。(本人はそれ以外の理由があったと話している。)その後のフジテレビとの関係が心配されたが、この打ち切りは日曜20時枠とコント番組に対しての撤退に限定したもので、その他のレギュラーの降板は無かった。

・1998年、「ガキの使い」内のトークコーナーにおいて「髪を坊主にしたい」と発言し、その後に実際に坊主にし、現在に至る。又、雑誌「コマネチ」で因縁深いビートたけしとの初対談が掲載された。

・1999年、松本に密着したドキュメンタリー番組『松本人志の本当』(NHKBS)放送。

・2000年、自身の原案で『伝説の教師』(日本テレビ系、SMAPの中居正広と共演)に主演。

・2000年、尊敬する島田紳助とのトーク番組『松本紳助』放送開始。

・2001年、構成作家の高須光聖とラジオ番組「放送室」(TOKYO FM)を開始。

・2001年10月12日、復活スペシャルとして「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」が放送される。視聴率は9.0%。期待していたものより高くなかったのと、フジテレビの編成や制作のまずさを指摘、「本当に面白い事はテレビではもう出来ない」と発言。そしてダウンタウンとしてはテレビ向けコントを制作しないことを宣言する。

・2006年、第2日本テレビの中でVODにて新作コント「Zassa(ザッサー)」を配信。

・2006年、レンタルビデオ店のアダルトコーナーにいる姿の写真を雑誌FLASHに無断で掲載され、その写真が防犯カメラの記録ビデオから転載したものであったため発行元の光文社らを訴え、勝訴した。これにより、「防犯カメラのビデオ映像からの写真転用は訴えられるほどの悪事である」という主張が認められた。

・2007年、本人が企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画「大日本人」を発表。日本での公開に先立ってカンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待されたが、新人監督賞にあたるカメラ・ドールの受賞には至らなかった。6月1日放送の「さんまのまんま」で明石家さんまと10年ぶりに共演を果たした。その他「笑っていいとも」等にも出演しているが、宣伝を名目に色んな番組に出て見たかったとの事。


【人物】
・少年時代に漫画「天才バカボン」(赤塚不二夫作)等に影響を受け、漫画家を目指すが、赤塚不二夫著の漫画家教本に「漫画家は算数(九九)が出来なければならない」と書いてあり、九九が苦手だったことから漫画家への道を断念したと語っている。

・父親の仕事の関係上、様々な公演チケットがよく手に入る環境にあり、吉本新喜劇などの舞台をよく観に行っていた。テレビのバラエティ番組も好きで、ザ・ドリフターズなどの番組もよく観ていたほか、笑福亭仁鶴らの落語も好んで聴いていた。また小学校時代、友人と漫才コンビを組んで実際に人前で演じるなどしていた。

・裕福な家庭ではなかったため、限られたものを使って自分で遊びを発明するなど創意工夫の中で発想力や想像力が鍛えられたと語っている。

・特技は自動車の運転。趣味はビリヤード、ゲーム。

・フィンセント・ファン・ゴッホ、アンネ・フランク、黒田官兵衛を好み、NHK BSの番組『松本人志の本当』でアムステルダムにあるゴッホ美術館とアンネの隠れ家を訪れている。

・5人家族の末っ子。家族構成は父、母、兄、姉。家族の話を番組ですることが多く、番組に出演させることもある。

・実兄はヒューマックスの取締役であり、2007年に歌手デビューをした松本隆博。

・影響された芸人と公言しているのは藤山寛美、島田紳助、志村けん等。

・アダルトビデオ、風俗好きを公言している。

・AV女優・松本コンチータの名付け親である。

・毛じらみをうつされた経験があり、一時期自身の番組などで何度もネタにしており、「毛じらみ」が代名詞になったほど。

・プロ野球をはじめ、スポーツ嫌いで有名だが、友人に辰吉丈一郎がいるように、ボクシングなど、一部格闘技は好む。ボクシングには自身も挑戦したことがあり、その習得する様子を番組にしたこともある。

・番組ではスーツを着用することが多く、ネクタイの先をズボンに入れている。

・ヘビースモーカーだったが、2003年から禁煙をしている。

・ザ・クロマニヨンズ(元THE HIGH-LOWS・THE BLUE HEARTS)の甲本ヒロトと親交があり、番組での共演や、ハイロウズのアルバムジャケットのデザインや、CM出演などをしている。

(出典:Wikipedia)



この記事へのトラックバック

菊次郎とさき
Excerpt: [7月スタート] ビートたけし原作ドラマ「菊次郎とさき」最新情報
Weblog: 菊次郎とさき
Tracked: 2007-06-12 07:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。