Google
 

130R

130R(ひゃくさんじゅうあーる)は、吉本興業(東京)所属のお笑いコンビ。


【メンバー】
ボケ:板尾創路(いたお いつじ、1963年7月18日 - ) 大阪府富田林市出身。

ツッコミ:ほんこん(本名:蔵野孝洋(くらの たかひろ)、1963年6月16日 - ) 大阪市平野区出身。

ともに吉本総合芸能学院(NSC)の4期生で、同期には今田耕司がいる。


【概要】
1986年(昭和61年)6月コンビ結成。

そもそも「130R」は、鈴鹿サーキットにあるコーナーの名称。それを島田紳助が個人事務所の名前に使用していたのを板尾が気に入り了承を得て、それをコンビ名にした。

デビュー間もない頃、大御所の横山やすしと対面し、コンビ名の説明をしたところ、「130Rぅ!?緩やかなカーブやないかい!!」「わからん!ホンダとヤマハにせぇ!!!」と怒鳴られた。

ダウンタウンを慕って東京進出し、1991年より「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)にレギュラー出演。以降、全国に名を知られるようになる。

1997年の「ごっつええ感じ」終了後、テレビでは個人の活動が多くなっているが、ルミネtheよしもとなどの舞台の場ではコンビで漫才を行なっているほか、新喜劇にも出演している。


【結成まで】
ほんこんは今田耕司と共にダブルホルモンズというコンビでデビュー。しかし時間にルーズな今田にほんこんが腹を立て解散。同時期板尾はホンコン・マカオというコンビを組んでおり初代ホンコンだったが解散。「ホンコン・マカオ」の解散後ホンコンという名を気に入ったほんこんが板尾に譲ってもらいホンコンとして2代目「ホンコン・マカオ」を結成する。 2代目「ホンコン・マカオ」解散後、板尾がほんこんの家に遊びに行った際に、同じ布団に入りながら「相方おれへんやろ、一緒にコンビ組もうや」と言ったのがきっかけで130Rが結成された。なお、ネーミングが似ている日本のロックバンド175R(いなごらいだー)とは無関係であるが以前はこのことを130R側やタモリ等にネタにされたことがあった。

(出典:Wikipedia)



この記事へのトラックバック

大阪から帰還しました
Excerpt: E.YAZAWAネタとか横山やすしのセスナネタとか。笑誰ですか? 鼻から水を出すイリュージョンやってた人は…。爆 食事もそこそこに難波駅前で皆さま解散。 本当にお疲れさま&ありがとう...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 09:10

大阪から帰還しました
Excerpt: E.YAZAWAネタとか横山やすしのセスナネタとか。笑誰ですか? 鼻から水を出すイリュージョンやってた人は…。爆 食事もそこそこに難波駅前で皆さま解散。 本当にお疲れさま&ありがとう...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-16 12:40

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。