Google
 

藤原 光博

藤原 光博(ふじわら みつひろ、1962年6月8日 - )は、吉本興業に所属するお笑いコンビ・リットン調査団の1人である。

桃山学院大学に在学中、学生プロレスの活動がきっかけとなり、後の相方となる水野透と出会う。先に卒業していた水野にお笑いの世界に誘われ、コンビ結成。

小学生時代の趣味が板の木目をじっと見つめて寸評する事、ウィンナーソーセージの分け方で嫁に逃げられたり(「一杯の掛け蕎麦」ならぬ「六本のソーセージ」という感動秘話)、バイト先ではあまりの働きの良さにシャッターの鍵を任され、社内報にまで載ってしまう、重役会議に呼ばれるなど、さまざまな逸話を持つ。

東京スケベ協会というユニットを組み、イベントも開催している。藤原は会長であり、シャンプーハットの小出水が関西支部長である。

2007年2月7日放送のガキの使いやあらへんでの若手ネタ見せ企画、 山-1グランプリにおいて、相方の水野透と共に登場。貴乃花の相撲名場面を一人で再現しようとするが、あえなくカットされた。その際松本人志から、「実際のVTRあるから無理して一人でやらんでもええよ」と言われてしまった。

「プロの半笑い」(ヨシモトファンダンゴTV)の1コーナー「エロギリ」に出演した際は、出演者から「キング」と呼ばれた。

(出典:Wikipedia)



この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。