Google
 

藤井隆

藤井 隆(ふじい たかし、1972年3月10日 - )は、大阪府豊中市出身のお笑いタレント、俳優、歌手。吉本興業所属。血液型はA型。身長 173.8p 。妻はタレントの乙葉。


【略歴】
豊中市立南丘小学校、豊中市立第九中学校(女性シンガーソングライターの矢井田瞳も同校の出身)、大阪市立西商業高等学校(現・大阪市立西高等学校)卒業。高校在学中に阪神百貨店の「学生禁止」のアルバイトにあえて応募、接客テストで学生でない他の応募者より優秀だったのと、「顔が学生的ではない」という特別理由で採用された。

高校卒業後の数年間は化学薬品会社の経理課に勤務していた。1992年、サラリーマンを続けながらYSP(吉本新喜劇プロジェクト)へ。同年、毎日放送の「テレビのツボ」でテレビデビューを果たし、これを機に仕事を吉本興業に一本化。吉本興業の同期にはココリコ・中川家・陣内智則・たむらけんじらがいる。

新喜劇の全国展開が活発になってきた頃、中堅クラスの多くが遠征で不在で座長と二線級以下のYSPメンバーばかりで演じなければならない時期があった。この期間、ある病院で内場勝則の同室の病人が全員オカマというシナリオで、それまでゲジゲジ眉毛しかギャグがなかった藤井がオカマキャラを見事に演じ、出演メンバーの層の薄さに急激に冷め始めていた客席を異常に沸かせることに成功。そのままオカマの藤井として一気にブレイクし、わずか一ヶ月ほどの間に中條健一らと番組の冒頭で番組紹介をするほどになる。

一時オランダを放浪していたが、1997年、全国放送となった超!よしもと新喜劇番組内で演じたオカマキャラでブレイクした。同番組ではダウンタウンがゲスト出演した際に、松本人志の仕掛けにはまって浜田雅功とキスをするはめになった。これがきっかけでブレイクして以来、ダウンタウンの番組にも多数ゲスト出演。2001年には4年ぶりに復活した「ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル」に元々のレギュラー達と並んで出演している。

毎日放送ラジオの人気番組「オレたちやってま〜す」でも活躍し、藤井は、林原めぐみと水曜日を担当。アシスタントには初代に原史奈を迎え、以後周防玲子・藤本綾・加藤明日美と順に交代している。この時に林原と親交を深め、後年、林原が雑誌『NEWTYPE』に連載していた対談コーナーの最終回に藤井が迎えられ、また藤井の結婚式にも林原が出席した逸話もある。

2000年、浅倉大介のプロデュースによるシングル「ナンダカンダ」で歌手デビューし、同年「紅白歌合戦」(NHK)に初出場。この時ほかの出演者から「お前の歌なんて誰も聞かねえよ。」と言われビビっていたとか。翌年もRe:Japanのメンバーとして2年連続出場(ウルフルズとコラボレーション)し、「明日があるさ」を熱唱した。歌手としては2004年上海、ロサンゼルスでワールドツアーをおこなった。

2001年に放送がスタートし、一時はゴールデンタイムに進出した『BEST HIT TV』シリーズ(2006年終了)でマシュー南というキャラクターとして司会を務め人気を集めた(後述)。

2004年、劇場版アニメ「マインド・ゲーム」で初声優を務める。

2005年4月2日から、関西テレビ制作のフジテレビ系列で毎週土曜日の朝8:30からの情報系番組「ベリーベリーサタデー!」(『いつでも笑みを!』の後番組)の司会を鈴木杏樹とともに務めていた。(2007年3月で終了)

2005年5月7日に、乙葉との婚約を発表。同9日に会見を開いた。

2005年7月29日に入籍、翌7月30日に都内のホテルで挙式・披露宴を行った。

2006年6月2日、映画『カーテンコール』(2005年11月公開)の演技で、第15回日本映画批評家大賞新人賞(南俊子賞)を受賞。


【人物】
■原則的に、ハイテンションで高慢で、ややオカマっぽい口調のキャラクターを常に演じている芸風。実際の性格は全く正反対で、とてもおとなしく礼儀正しい。テレビ出演初期は、その素の部分との落差を先輩に指摘されるというのもネタのひとつとしてあり、ブレイクのきっかけにもなった。ブレイクとともに芸風をスライドさせていったため、現在ハイテンションになることはめったにない。

■左の生え際にある直径1センチほどのホクロが特徴。

■趣味は音楽鑑賞・プラモデル作り・移動などの待ち時間の読書。特に氷点シリーズを愛してやまない。好きな写真集にちんかめシリーズがある。

■持ちギャグはや「フォ――!!」など。2001年ごろまではテレビでの登場の際、ほぼすべての出演番組で「HOT!HOT!」といいながら出演することが多かったが、最近は売れてきたためかあまり言わなくなった(最近では2007年に出演した「恋のから騒ぎ・・・ご卒業SP」「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」にて披露)。

■「オレたちXXXやってま〜す」初回、藤井隆が中心になる初めての番組という事で心配したよゐこが隠れゲストとしてゲリラ参加した際、よゐことしては、「必要ない!!」とツッコんでほしかったそうだが、藤井は感激のあまり放送中泣き出してしまい、結果その回は最後までよゐこが仕切り、藤井は聞き役に回った。また、この後のスペシャルウィークでは、再びゲストとして登場したよゐこに対し「一人でやって行けることを証明する」と宣言、張り切りすぎた結果、聴いているリスナーにとってはそれが“藤井一人の勝手な暴走”と映ってしまい、ラジオ中から次の週にかけて大量の苦情、批判がよせられ、翌週放送上で謝罪、それでも気がすまないとハガキを送ってきたリスナーに対しては自ら謝罪文を書いて返信するという事態になった。

■2005年10月22日にテレビ朝日系列で放送されたプロ野球日本シリーズ第1戦「千葉ロッテマリーンズvs阪神タイガース」の始球式を「マシュー南」として務めた。しかし、野球、ロッテとは何の関連もない番宣目的での始球式であること、これから試合が行われるマウンドに落書きをしたことなどが一部の野球ファンなどから顰蹙を買った。

■病的なまでに人見知りで、プライベートではスイッチが切れたように大人しくなる。結婚するまでは、仲のいい友人はココリコ田中直樹、ロンブー田村亮、YOU、 吉村由美、西川貴教程度であった。

■また、非常に几帳面な性格でも知られる。きれい好きで有名な今田耕司からも「家政婦みたいや」と絶賛されるほどである。

■母親が阪神タイガースの大ファンであり、藤井の阪神情報は全て「ベリサタ」で共演していた金村義明からではなく母親伝いで入ってくる。

■礼儀正しく、腰が低いことでも有名である。取材でも記者との待ち合わせ時間に遅刻することはまずなく、相手の記者がたとえ5分でも早く来ていたときは「お待たせして申し訳ありませんでした」というらしい。そのため、同僚からもマスコミやスタッフの評判も非常に良い。吉本新喜劇の共演者からも「藤井くんはみんなに好かれているから、いいフリがたくさん来るんや」と評されていた。

■最近は司会の仕事が多いが、彼が司会を務める番組は全て視聴率が今ひとつで、「藤井隆は司会者には向いていない」などと言われる事が多く司会者としての評価は低い。かつて「笑っていいとも!」のレギュラーの時にタモリにはあまり評価はされておらず、それが当たってしまった形になっている。最近は「藤井は俳優に転向させた方が良いのでは」という声が多い。

■誰に対しても人当たりの良い人柄ではあるが、「HEY!HEY!HEY!」の企画でkiroroの玉城千春と何も知らされずお見合いさせられた時は乗り気ではないリアクションを連発し、最終的には「こっちにだって断る権利はあるのよ!」とややおカマ口調で言い放ち、交換した電話番号のメモを破り捨てるというギャグをかまし玉城を泣かせてしまった。ダウンタウンにも「それはあかん!」と頭をはたかれまくられ、本人もやりすぎた事を自覚し平謝りしていた。また、再度出演した際に、今度はこれまたファンだという花*花と一緒になったが、こじまいづみに対してまたもや乗り気ではないリアクションを見せてしまい、こじまに「もういやや」と散々言われた挙句「(電話番号のメモを)破って捨てるんでしょ?」と突っ込まれていた。

■デビュー曲「ナンダカンダ」の衣装をきた藤井のフィギュアが海洋堂で作られることになったのだが、「サイズ通りのバランスで作ると頭が大きくて倒れてしまうのでサイズを修正してよいか」と言われてショックを受けたらしい。藤井はこのことについて番組で「隆はこれで生きているんです!」と絶叫した。

■オカマキャラは彼の代表作だが、「テレビのツボ」では普通の好青年だった。さらに、このキャラは後の夫人となる乙葉が嫌っていたらしく、一定の人気を得たことと共に徐々にこのキャラ色を消していくことになる。

■オカマキャラだが、なぜか一人称は「わたし」ではなく「僕」。但し、オカマキャラを演じるとき、自分のことを「隆」と呼ぶこともある。

■非常に髭が濃く、朝に剃っても夕方には青くなっている。

■即興でやったにもかかわらず、コロッケのものまねがかなり似ている。


【主な持ちギャグ】
現在はタレント活動が主でギャグを見られる機会は少ない。

■「フォーーーッ!!」
共演者が藤井の胸を触り「アッ、アッ、アッアッアワワワワワワッ・・・」と喘ぎながら手が股間に達した時に叫ぶ。ただし、最後に口を押さえられることがあり、その時は他の共演者が「フォーーーッ!!」と叫ぶことになっている。

■HOT!HOT!ダンス→「○○に出会えてよかった、うれしはずかしオーマイハート、○○に出会えてうれしい僕の体の一部がHOT!HOT!」(共演者に突っ込まれるまで「HOT!HOT!」を繰り返し続ける)。
前振りとして「この喜びを踊りで表現したいと思います!」と言い、ダンスが始まる。
パターンは「○○探して歩いた、右へ左へレフトandライト〜」など複数ある。
トーク番組などで意味を聞かれると、「単に股間が勃起した様子を言ってるだけなんですけどね・・・。」と気恥ずかしそうに答えている。

■「フレーッシュ!」

■(共演者)「お前オカマやろ?」(藤井)「僕はオカマじゃありません、ホモです!」
逆のパターンも存在する。

■退場する時に誰かを紹介するように手を前方に差し出して「誰紹介してんねん」とツッコまれる。

■ヤクザなどに蹴られまくった際に尻を突き出して「も、もっと〜〜!」

■「藤井さん、ハーフなんだって?」(藤井)「ええ、そうなんです。男と女の。」

■「時間が経つごとに髭が濃くなり始める」と言われると口元を隠しながら「12時までのシンデレラ!」


【マシュー南】
マシュー南とは、テレビ朝日系列のバラエティ番組「BEST HIT TV」シリーズ(「BEST HIT TV」→「Matthew's Best Hit TV」→「Matthew's Best Hit TV+」→「Matthew's Best Hit UV」)で藤井が演じたキャラクター。

チェリストである日本人の父と、元伯爵家令嬢であるイギリス人の母との間にイギリスで生まれ、フルネーム「Matthew・G(弦也)・南」。イギリス出身であるにもかかわらず日本の歌謡曲や芸人、80年代アイドルなどに精通しており、特にWinkの振り付けにおいては右に出るものがいない。これは10代を京都に住む父方の祖母のもとで過ごしたためだという。自身が司会する「Matthew's Best Hit TV+」は現在世界28か国で放送されていると主張する。

番組内ではマシュー南と藤井隆が同一人物ではないということになっている(松浦ゴリエと同様)。その為、ゲストもマシュー南と藤井隆が同一人物であるような発言をしないように気を付けなければならない。CGによりマシューと藤井がトークしている映像も収録された。なお、モーニング娘。の高橋愛は、マシュー南がピンで初出演した際「藤井さん」と言ってしまい、マシュー南に「言っちゃだめ」と注意された。マシューのキャラクターぶりでは、やしきたかじん、所ジョージ、ネプチューン、くりぃむしちゅーなどからは、批判を述べることが多い。

要潤を「キャナメ」、上戸彩を「ウェッティ」(当初は「ウェット」)、釈由美子を「シャックス」と呼ぶなど、ゲストを奇妙なあだ名で呼ぶことも多い。

また清涼飲料水、自転車、絵本、文房具などマシュー関連のグッズを何種類か出している。

以下に、マシュー南としての活動を挙げる。

■2004年の米アカデミー賞脚本賞を受賞した映画『ロスト・イン・トランスレーション』に、マシュー南として出演した。

■2004年秋、童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセン生誕200周年を記念した「2005アンデルセン親善大使」の一人にマシュー南として任命される。

■2005年4月6日に放映された「徹子の部屋」にマシュー南として出演した。

■2005年5月11日に「Matthew's Best Hit TV+婚約会見スペシャル」では、ゲストとして招かれた藤井隆がマシュー南と共演。マシュー南が藤井隆に乙葉との婚約について質問した。

■2005年10月22日には、テレビ朝日系列で放送されたプロ野球日本シリーズ第1戦「千葉ロッテマリーンズ vs 阪神タイガース」の始球式をマシュー南として務めた。しかし、野球、ロッテとは何の関連もないキャラクター名義での始球式であること、これから試合が行われるマウンドに落書きをしたことなどが一部の野球ファンなどから顰蹙を買った。特に星野仙一は「あんなピエロみたいな奴に投げさせるとは何事か」と自分のサイト内で苦言を呈した。

■2005年10月28日放送のクレヨンしんちゃんの終盤で、Matthew's Best Hit TV+のゴールデン進出を記念しマシュー南として出演した。

(出典:Wikipedia)



この記事へのトラックバック

ホット、ホット、ホット!!
Excerpt: 藤井隆じゃありませんよ。 娘のホットパンツを作りました。 布:RR 麻デニム 生成ストライプパターン:クライムキの子供のパンツスカート ホットパンツのパターン 幼稚園で今週バス...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 07:03

紀香、混浴はおあずけ
Excerpt: 実は夫陣内智則とはまだ一緒にお風呂に入っていません。 初めて入る時は一般公開するそうです。 http://kijikijir.exblog.jp/5617170 ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 07:50

千葉テレビ。
Excerpt: たむらけんじ が普通の格好して 探偵ナイトスクープ に出てた。 普通すぎていつもより面白かった。 以上。 今日の1曲はGORE-TEXのReloadからBlack Listを紹介します。Nitro M..
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 08:03

紀香、混浴はおあずけ
Excerpt: 実は夫陣内智則とはまだ一緒にお風呂に入っていません。 初めて入る時は一般公開するそうです。 http://kijikijir.exblog.jp/5617170 ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 09:33

第10段 (すべらない話)
Excerpt: 「新大阪駅でおばちゃんと決闘」 東野幸治「嫁」 宮迫博之(雨上がり決死隊) 「芸能界の大御所スタッフ」 関根勤「丁寧なタクシー運転手」 千原ジュニア(千原兄弟) 「おかん便器を...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 10:31

大活躍のグラビアアイドル MEGUMI
Excerpt: と言われ、同番組の司会者であるくりぃむしちゅーもそれを否定出来なかった(MEGUMIは堀越に「以前は第二の優香って言われてたじゃん。」と言い返すも、今度は「KONISHIKIみたいな芸名」...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 17:43

中川家兄
Excerpt: テレビ朝日「アメトーーク!」を見ていたら、中川家のお兄ちゃんの口から「世田谷区役所」という言葉が飛び出した。もしこの収録がなかったら、世田谷区役所に行く予定だったとのこ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-15 22:01

血液の話
Excerpt: 男性に例えるなら、要潤かしらん? ムフ。 ワインブームが巻き起こってからというもの、どーにも世間的に赤ワインが注目されてますわよね。 でもね、あたくしはそんなブーム以前から...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-06-16 00:23

バーチャルコンソールでなつかしファミコンをやってるので、なつかし …
Excerpt: スーパーマリオブラザーズ2とゼルダの伝説所ジョージと真下このみ。真下このみとカケフ君なんとなく覚えてます。 最近なんかニュースで出てたような? 「やればやるほどディスクシス...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-06-16 01:03

田中 直樹
Excerpt: 意外と気の利かない一面や我儘な一面を『ガキの使い』で見せており、浜田雅功からよく叩かれている。 ■一見礼儀正しそうに見えるが先輩などの誘いは平気で断る。中堅芸人が勢ぞろ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-16 01:23

ねむ
Excerpt: CS放送でゲーム好きで有名なよゐこの有野がレトロゲームやるという番組があるのは知っていたがまだ続いていたとは。 ニコニコに動画があったためみてみた。 http://www.nicovideo.jp/w..
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-16 02:41

徳光和夫 エピソード&プロフィール
Excerpt: というコーナー(進行今田耕司・東野幸治)での解答者として参加し、「この方の司会だけはご遠慮いただきたい」という問題でテレビの視聴者には超大物司会者・Sと答え、「この方の...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-06-16 18:13

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。