Google
 

田村亮

田村 亮(たむら りょう、1972年1月8日 - )は、大阪府高槻市出身の日本人お笑いタレントである。ロンドンブーツ1号2号のメンバーで、ツッコミ担当。相方は田村淳。吉本興業所属。血液型はA型。大阪府立芥川高等学校卒業。身長172cm。


【概要】
■“田村3兄弟”の末っ子である俳優の田村亮(下の名前は、本名ではない)とは別人だが、家が近く、面識はある。俳優田村亮宛の小包が、誤ってロンブー田村亮宅に届いてしまい、ロンブー田村亮夫人と俳優田村亮はその際に会ったらしい。

■担当はツッコミだが、天然ボケでおっさん臭い傾向があるので、逆によく淳に突っ込まれる。

■『ロンブー龍』の企画で本人がプロデュースした野菜中心の和食の店『菜乃家わいんち』をオープンさせる。本人もたまにお店のお手伝いをしている。

■短い金髪がトレードマーク。ブレーク前は黒い長髪だったが、先輩である加藤浩次(元極楽とんぼ)の奨めで金髪にした。その後2007年2月1日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」の卓球対決で敗れ、その罰ゲームでパンチパーマ(金髪はそのまま)にさせられた。ちなみにパンチパーマ姿で同年2月7日放送のザ・ベストハウス123の収録を行った。

■吉本興業が発行する月刊誌「マンスリーよしもと」の「吉本男前ランキング」で、2002年まで3年連続でNo.1に選ばれ、2003年に殿堂入りした。因みに、徳井義実(チュートリアル)も殿堂入りを果たしている。2007年現在、井上聡(次長課長)が2年連続No.1を獲得しており殿堂入りにリーチをかけている。「吉本ブサイクランキング」で同じく3年連続1位・殿堂入りしたのはほんこん(130R)と、岩尾望(フットボールアワー)。2007年現在、山ちゃん(南海キャンディーズ)が2年連続No.1を獲得しており殿堂入りにリーチをかけている。にもかかわらず相方の淳とは対照的に独身時代はなぜかモテなかった。同じくモテなかったココリコの田中直樹とよくつるんでいたらしい。

■リズム感、音感がまるでない。ロンドンブーツ1号2号のレコーディングは、ギターとリードボーカルであった淳がさっさと録音し終えたのに対し、彼のパートはコーラスだけであったにも拘らずかなり難航した。

■2003年に、できちゃった結婚をした。これまでに1男をもうけている。『ロンドンハーツ』で独占結婚発表会見が行われた(番組企画あり、実際の記者会見ではない)。

■2002年1月30日に田村亮デビューシングル『存在』が発売。作詞・作曲は田村淳。

■2000年7月12日未明にバイクを運転中に下り坂だと思って進入した道が実は階段で、それによって両腕を骨折する事故を起こし、出演予定だったドラマのクランクインを遅らせる事となる。因みにその時の看病は、当時売れない芸人として田村亮宅に同居していた川田広樹(ガレッジセール)が行っていた。その際、亮は両腕骨折をして手が使えなかった為、トイレに行く際、川田はお尻を拭いていた。そして小の担当は品川祐(品川庄司)。お尻を拭くと5000円、小の時は1000円貰えたらしい。

■高校3年の頃に、よみうりテレビ製作『鶴瓶上岡パペポTV』の収録を欠かさず見に行っていたという。

■仕切りの出来ないツッコミとしても有名で、亮自身はプレーヤーに回ることが多い。

■ココリコ田中直樹、藤井隆と仲が良く、三人で海外旅行に行ったこともある。松本人志(ダウンタウン)曰く「やさし〜い、デリケートな三人」

■黒沢宗子(森三中)とはよく飲みに行くらしい。

■今まで出会った芸能人で最もオーラを感じた相手はビートたけしと答えている。それまでも「芸能人は皆例外なくオーラを持ってる」と思っていたが、たけしは格が違ってたとの事。

■プロレス・格闘技ファンとして知られるが、自身も柔術の使い手である。

■旧車マニアでも有名で、愛車は日産ブルーバード(510型の2ドア)。

■バラエティー番組のトークでは、全然喋っていない。

■海洋生物が好きで、番組で企画されたコーナーでグラビアアイドルの袋閉じには見向きもしなかったが、海洋生物の袋閉じには我を忘れて開き中を凝視したほど。

■相方の淳が鈍足(2006年7月4日放送の『ロンドンハーツ』より)であることもあって、力仕事を任されることが度々ある。

■父親(すでに他界している模様)が大工だった為、学生時代は大工を継ごうと思っていた。修業もしていた様で、『いただきマッスル!』内でその能力が度々披露されている。

■酒癖があまり良くない様で、酔いだすと相方の淳のことを褒めだす。

■東京の中心が上野だと信じて、一年以上上野に住んでいた。

■淳が出演していた大河ドラマ『功名が辻』にゲスト扱いで出演した。相方との絡みは無かったが、同じドラマにコンビ揃って出演したことになる。

■幼稚園のころ母親によくちょっかいをかけられ嫌だったらしい。淳とは反対に泣かない子で泥団子をいっつも作って遊んでいたと以前言っていた。小学校の時は人を笑わせるのが大好きな元気な子。運動神経抜群でドッヂボールでいつも遊んでいたのこと。このころからお笑いに興味を持ち始める。

■金髪のきっかけ

金髪になったのは、96年頃、その前は肩に届くまでのロン毛だった。しかしある日ガバメントのイベントに遅刻してしまい、罰として極楽とんぼの加藤に舞台の上でバリカンで坊主にされた。坊主頭の自分をテレビで見た亮は「これじゃ高校球児と変わらない」と、思い自分でブリーチして金髪にしたらしい。当時は金髪などいなかった為、「似合わない」と言われた。ロン毛時代にも「ムサい」と言われたこともあった。余談だが、あの金髪を染めるのに淳も手伝っていたらしい。金色のブリーチはかなり肌に刺激が強いみたいで、おでこのあたりなどかなりヒリヒリして痛かったらしい。

■淳と亮の出会い(亮的)

1年間やったサラリーマンを辞めアルバイトで食いつないでいた。そしてお笑いをしようと上野に行く(上野が一番進んでいると思っていた)。近くにお笑いをやっている人がいると聞き、会いに行ったその人がタバタさんだった。タバタさんに「同じようにお笑いを目指している奴がいる」と言われ淳と知り合う。その後、渋谷、原宿などに行った時、亮は自分の勘違い、人の多さに驚いたそうだちなみに初めて会った時の淳の服装はシャ乱Qのはたけさんような服装だったらしい…。

■ちょっと凄くて、面白い話 -亮と詐欺の戦い-
ここ最近頻発している悪質な詐欺電話が亮の携帯にもかかってきた時の対応。

悪質業者「あなたエロサイト見たのにお金振込んでませんよね」

亮『見てないって』

悪質業者「見ましたよね。訴えますよ。払って下さい。」

亮『明らかに悪質業者の手口じゃん。こんだけ話題になっているんだから、もう少し工夫しないと』

悪質業者「ふざけるんじゃねぇよ!訴えるぞ。」

亮『どうぞどうぞ、ていうかもう少しましな嘘考えてから電話してきてちょうだい。お金に困ってる訳じゃないからおもしろかったら振込むのを考えてもいいよ。』

悪質業者「…。」

(出典:Wikipedia)

[PR]
ミラクルホワイト




この記事へのトラックバック

田村亮
Excerpt: 田村亮■“田村3兄弟”の末っ子である俳優の田村亮(下の名前は、本名ではない)とは別人だが、家が近く、面識はある。俳優田村亮宛の小包が、誤ってロンブー田村亮宅に届いてしまい、ロンブー田村亮夫人と俳優田村..
Weblog: 画像による経済発展
Tracked: 2007-08-05 12:45

☆送料無料☆ケンコーソフトボール 1号 コ
Excerpt: 【発売元又は製造販売元】ナガセケンコー【ケンコーソフトボール 1号 コルク芯の商品詳細】●日本ソフトボール協会検定球【規格概要】重量・・・141±5g周囲・・・26.7±0.32cm直径・・・約8.5..
Weblog: ボールをたくさん集めました
Tracked: 2007-09-05 06:54


Excerpt: 大工大工(だいく)とは、主として木造建造物の建築・修理を行う職人のこと。
Weblog: マイホームのススメ
Tracked: 2007-11-04 12:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。