Google
 

くりぃむしちゅー

くりぃむしちゅーは、プライム所属のお笑いコンビ。コンビ名の由来は有田哲平の好物クリームシチューから。なお、旧コンビ名は“海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)”。略称は“くりぃむ”(海砂利水魚時代の略称は“海砂利”)。


【メンバー】
上田晋也(うえだ しんや、1970年5月7日-、血液型O型)

ツッコミ担当。デビュー当初はボケを担当していた。熊本県熊本市出身。早稲田大学教育学部中退。
「たとえツッコミ」という分野を確立し、そのたとえは的確で意外性に富んでいる。持ちギャグは「ペローン!」「天天パ! 天天パ!」「てーい!」「そっちかーい!」など(ラジオ番組で使用することが多い)。持ち芸は薀蓄を制限時間内に披露すること。
熱狂的な長渕剛ファンで、一番好きな曲は「ろくなもんじゃねえ」。
2004年に結婚。2006年6月に第一子となる長女が誕生した。
有田哲平(ありた てっぺい、1971年2月3日- )

ボケ担当。デビュー当初はツッコミを担当していた。熊本県熊本市出身。立教大学法学部中退。
『銭形金太郎』や『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』では「どうも、僕です(略して「どぼくです」「DB」)」の言葉から入る(オールナイトニッポンではジングルでも使用する)。2007年1月4日放送のミドル3では、去年の反省点を「軽くED」と語っていた。


【来歴】
■熊本県の進学校である熊本県立済々黌高等学校時代、同じラグビー部に所属した事がきっかけで出会う。高校卒業後別々の大学に進学するも、上田が有田を誘い共にお笑い芸人への道を選ぶ。

■1991年にコンビを結成しデビュー。当時のコンビ名は“海砂利水魚(かいじゃり すいぎょ)”。落語「寿限無」に登場する言葉であるが、命名のきっかけは伊豆にある飲食店の店名から。コント山口君と竹田君の付き人として芸歴をスタート。ライブ活動中心に下積み経験を送る。因みにデビュー当初は上田がボケ担当、有田がツッコミ担当だった。だが、有田のツッコミの語彙が乏しく勢いが無かったので、見かねた上田が役割を変えたという。 

■1994年頃からテレビ番組に出演するようになる。

■『タモリのボキャブラ天国』(フジテレビ)では、第2期の『タモリのSuper〜』において、キャブラーと呼ばれる芸人がネタを披露して評価(順位など)を競う「ボキャブラ発表会・ザ・ヒットパレード」というコーナーから出演。1999年に『歌う〜』としてボキャブラ天国シリーズが終了するまで出演した。全国的に知名度が高まるきっかけとなった番組である。尚、出演回数(カット=予選落ちを含めてネタが放送された回数)はBOOMERと×-GUN(現・丁半コロコロ)に次ぐ第2位。初期のキャッチフレーズは“おとぼけツインターボ”である。後に“邪悪なお兄さん”と言うキャッチフレーズに変更(ヒットパレード時代)になり、2人は揃ってレザーパンツを穿いて登場するなど人相の悪さを指摘されて、これが注目を集めて人気は上昇した。有田は河村隆一の真似やb.A.d(nWoのパロディ)の活動を先頭にたって行う等、沢山いるキャブラーの中で頭角を現していった。その反面、特徴的なアゴをアンタッチャブルの山崎やU-turnの土田などと共に他の芸人にいじられるなどもした。番組後期は特に成績が良く、深夜枠に放送された『続・〜』では6度キングになり、100万円も獲得している。番組終了と共に一時期テレビでの活動が衰退したが、後述の改名によってメディアへの露出が増えるなどして人気が再燃する。

■1997年10月から半年間はコント番組『お笑い向上委員会 笑わせろ!』に出演。Take2、×-GUN、U-turnと共にで手作りのギャグで実力をつけた。

■2000年7月、アンジャッシュ、アンタッチャブルと共に、お笑いユニット“ゲバルト一族”を結成し、年に1回オムニバスライブを行った。


●海砂利水魚から改名
■2000年に『新・ウンナンの気分は上々。』(TBSテレビ)におけるコンビ名改名対決でさまぁ〜ずに敗北し、同郷のウッチャンナンチャン内村光良により“くりぃむしちゅー”への改名を命じられる。名前の由来は有田の好物であるクリームシチューから。(後に、実際は野菜嫌いであるためクリームシチューに入っている具のほとんどが食べられないから、それほど好きではないと発言)また、同番組では対決企画が3回行われたが、仮に1回戦で海砂利水魚が負けた場合、コンビ名を“ザ☆トライ”と改名させられる所だった。上田がコンビ名をあまり気に入っていなかったこともあって、当初“くりぃむしちゅー”は半年間の期間限定ということだったが、前のコンビ名“海砂利水魚”よりはマシか、という理由から現在もそのまま使用している。師匠であるコント山口君と竹田君にもこのことを告げている。「改名でブレイクした」とよく言われるが、当人達は日経エンタテインメントのインタビューなどにおいて「改名前から売れ始めていた」と発言している。

■さまぁ〜ずとは改名対決の前後は険悪な仲だったが(これが改名対決のきっかけになった)、対決終了後はほどなく和解し「内村プロデュース」「ミドル3」などの番組で共演を果たしている。険悪な仲とは、もちろんネタである。

■改名以後はコント重視の作家志向な芸風から一転、トーク中心のメディア露出に重点を置くようになった。単独コントライブも行ってはいたが、これも殆どが“海砂利水魚”時代の持ちネタであり、2003年にファンクラブ解散と同時に中止する。以降、くりぃむしちゅーのネタは元日放送の『初詣!爆笑ヒットパレード』(フジテレビ)でしか見ることが出来ない。

■転機となったのは2003年。上田がテレビ番組『虎の門』(テレビ朝日)の1コーナー「うんちく王決定戦」で優勝、一躍脚光を浴びる。以降、上田は“うんちく王”の称号と共に、薀蓄芸と呼ばれる芸風で数々の執筆やテレビ番組・ラジオ・CM出演とブレイク。「たとえツッコミ」も有名になった。ただ、“物知り”というよりはあくまで“薀蓄知り”であるため、上田が得意気に披露した薀蓄が、実は誤っていたということもあった(サンリオの由来は山梨王、等)。 

■2004年12月14日、上田が同郷の女性と入籍。『踊る踊る踊る!さんま御殿スペシャル』(日本テレビ)の収録中に発表された。因みに第一子誕生は『おしゃれイズム』で発表された。

■2006年7月13日、ゴールデンタイムでの初の冠番組、『くりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!』(日本テレビ)が放送開始。(2007年3月に終了)

■久本雅美、篠原涼子と共に、2006年8月26日から8月27日にかけて放送された『24時間テレビ29』のチャリティパーソナリティに抜擢された。


【特徴】
■最近では上田のピン活動が目立つが、有田も彼の人気を僻みつつも、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系列)で女性にナンパされる企画で素の面白さが茶の間に伝わり、好評につきスペシャル番組で取り上げられる等、事ある毎に何度も行われた為、笑いの他同情や認知度が高まった。また趣味の格闘技好きを活かしCSチャンネル「サムライTV」でレギュラー番組を担当し、アントニオ猪木、高田延彦、佐々木健介、長州力らプロレスラー・格闘家のものまねでマニアを喜ばせる。また、深田恭子との交際がフライデーされて話題を呼んだ(これは上田曰く売名行為らしい)。徐々にコンビでの番組出演の機会も増加。再度訪れたお笑いブームの波にも乗って、2004年には多数のレギュラー番組を抱える売れっ子となった。

■よく有田は上田のピン活動を「こそピン」といい妬んでいる。また、上田の『おしゃれイズム』かぶれなイズム発言も嫌っている。これらはもちろんネタである。

■テレビ番組での衣装は殆どスーツ。「普通の服だと華がないから」という理由で制作スタッフやスタイリストから義務付けられているらしい。(深夜番組等、単発番組ではスーツでない場合もある他、『銭形金太郎』では必ず番組専用の作業服衣装)

■様々な先輩芸人の番組にも出演することから、幅広い先輩芸人に可愛がられているようである。しかし、上田は○○軍団と呼ばれるような群を嫌ってか、特にダウンタウン浜田とは共演していない。

■二人ともモノマネがうまい。(上田:松田優作、大木こだま・ひびきなど,有田:長州・猪木・アニマルなどプロレス関係)

■冠番組では企画も担当している。


【エピソード】
■現在、番組で共演している細木数子から“グリーン&ピンク”への改名を勧められており、細木自身は、すでに日常においてニックネームとして利用しているとされる。しかし、当人達に変える意思は全く無く、上田が「番組(ズバリ言うわよ!)をおりてやる」と激怒しているという記事が、一部週刊誌に掲載された。

■オールナイトニッポンにて、上田の長女の名前を募集するも、結局リスナーのもの(千都里[ちづり(せんずり)]、素股 、デリヘル等)は採用されず。万が一採用したとしても役所が受理しない(悪魔ちゃん命名騒動を参照)。

■1994年〜1995年頃、地元熊本の情報誌(月刊タウン情報クマモト、通称タンクマ)に2ページにわたり連載していた時期がある。

■売れっ子になり多忙になっても、痛快!明石家電視台は準レギュラーとして大阪に来て出演している。

(出典:Wikipedia)

[PR]

1500万が利用する恋愛・結婚サーチ「match.com」で恋人候補をみつけよう!




この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 07:42

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。