Google
 

宮川大輔

宮川 大輔(みやがわ だいすけ、1972年9月16日 - )は、吉本興業所属のお笑いタレント、俳優。京都府京都市出身。吉本興業所属。身長169cm(「channel a」の番組内での測定より)、血液型B型。京都西高等学校(現・京都外大西高等学校)卒業。既婚。


【略歴】
■1991年3月に星田英利(現・ほっしゃん。)とチュパチャップスを結成。同年より吉本興業の若手6組によるグループ「吉本印天然素材」に参加。

■25歳で結婚。

■1999年にコンビ解散。解散後も元相方・ほっしゃん。とは舞台やテレビで共演をしている。

■大阪NSC9期生でナインティナインとは同期である。

■現在はルミネtheよしもとの吉本新喜劇など舞台に出演している。

■『やりすぎコージー・土曜婦人』のルミネの楽屋隠し撮りコーナーで、後輩芸人をハンガーで吊るし、プロレス技をかけまくるという相当なSぶりを隠し撮られている。

■父親が桑原征平(元関西テレビアナウンサー)の同級生。父親は喫茶店を経営していた。『人志松本のすべらない話』シリーズでは、得意の擬音やアクションを巧みに利用し父親の話など多数すべらない話を披露している。

■事務所の先輩である宮川大助・花子の宮川大助とは同音異字である。しかし、『爆笑問題の検索ちゃん』に出演した際には、太田光に「宮川大助・花子さん」と呼ばれる。

■母校が甲子園に出た際応援団だった彼は、NHKのアナウンサーにインタビューされ、お名前はと聞かれて「宮川大輔です」と真面目に答えたら、「ふざけないで下さい」と突っ込まれた経験あり。

■2002年1月1日に放送されたドラマ『救命病棟24時 新春スペシャル』に、記者の一人として出演している。

■2006年の年明けにテレビ東京系で放送された『2006年最も売れる吉本NO.1伝説』にて、占い芸人小笠原まさやによる占いで「2006年最も売れる芸人1位」に選ばれた。

■最近はメガネをかけることが多い。

■黒縁セルフレームでレンズが大きく、若干ゴーグルのような形をしている。これはレーシックで近眼治療をした千原ジュニアの愛用眼鏡を貰ったもの。ちなみに、なんでんかんでんフーズの川原ひろし社長も同型の眼鏡をプライベートで愛用している。

■2006年秋、『けっこう仮面ロワイヤル』の悪役・桑江手蕪朗(くわえてかぶろう)のオファーが来た際、一度は承諾したものの、周囲から猛烈に反対された為、断った。


【人物】
■自他共に認めるドSで、元ナメリカの安住をよく殴っている。また、ゲイではないが、男性の体を衝動的に触りたくなる時があるらしく、元相方のほっしゃん。とネタ作りをしてきた時に、ほっしゃん。の家に泊まることになり一緒に寝ていたところ、寝ているほっしゃん。の顔を見て「こいつ、がんばっとんなぁ」と思い、ほっしゃん。にキスをした。また、憧れの先輩だった宮迫(雨上がり決死隊)と吉本印天然素材で一緒に活動することになり、仲良くなって家に誘われ、初めて宮迫の家に泊まったときに、隣で寝ている宮迫を見て「これが、宮迫さんかぁ」と思い、たまらなくなり局部を触ってしまった事がある(その時宮迫はまだ起きていて、気づいていたらしい)。宮迫の影響を強く受けており、後輩を殴ったり激しく罵倒したりとその手の話題には事欠かない。また、後輩とお風呂に行き、後輩の肛門に激しく指を突っ込み、その臭いをかがせるという事もする。2007年5月3日に放送された『アメトーーク』では、その加減の知らない暴力を暴露され、挙句果てには「バイオレンス芸人」とまで言われた。ダウンタウンの松本人志は、「自分が誰かの後輩として生まれて来ても上手くやってると思うが"大輔の後輩にだけはならんで良かった"」と言っている。

■元ボーイスカウトでアメトーークではその経験を生かし、ボーイスカウト芸人を企画。また、無類のパチンコ狂で、ケンドーコバヤシによれば仙台に営業に行った際、繁華街でかつて自分のお気に入りだった台の、のぼりをたてたパチンコ屋を見て、まだあったのかと絶句した事があるらしい。


【擬音師匠】
■あるエピソードに「擬音」をつけて話すのが宮川の特徴だが、その擬音の当て方と発音、しゃべり方の独特のセンスでいつしか「擬音師匠」と呼ばれるようになり、宮川の展開する話は「擬音話(ぎおんばなし)」と言われている。

■「やりすぎコージー」にて「擬音師匠」として数々のシチュエーションにて秀逸な擬音を当てることを披露した。

■千原兄弟のトークイベント「チハラトーク」ではワンコーナー設けられた。

■発せられた擬音の例は以下の通り。

■「バグ〜ン」→バッファロー吾郎の竹若元博がガードレールの柱にぶつかった時の音

■「バイクから降りようとしてバランス崩した竹若さんがガードレールの柱に”バグ〜ン”ってぶつかって…」

■「ジュッシュウ〜」→小学生のとき、友達が木から滑り降りる時に枝に引っ掛けてしまった腕が傷つく音。

■「(木の上から)シュルシュルシュルシュル〜と下りてきたときに、手を“ジュッシュウ〜”切りよったんです」

■松本人志が2006年に発表したコント「Zassā(読み方はザッサー。彼の発する擬音のひとつである)」にも出演。擬音をあてる「SE」として参加している。

(出典:Wikipedia)

[PR]
やさしいだけじゃなく、効果もきちんと出したいから。。。

敏間肌だけど美白したい!そんな悩みをお持ちのアナタ、諦めないでください!優しいだけじゃなく、美白効果もキチンと実感できる!ぜひミラクルホワイトお試しキャンペーンであなたの望みを叶えてください♪



この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 02:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。