Google
 

山口智充

山口 智充(やまぐち ともみつ、1969年3月14日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、歌手。大阪府四條畷市出身。大阪府立四條畷北高等学校卒業。吉本興業所属。「ぐっさん」の愛称で親しまれている。身長175cm。血液型O型。既婚。本来は平畠啓史とのお笑いコンビ「DonDokoDon」のボケを担当するも現在は単独での仕事が多く、俳優、歌手、司会など幅広い分野で活躍している。


【経歴】
■高校時代に友人とコンビを組んでコントのような事をしていた。芸能活動を始める前はマツヤデンキで営業担当として働き、優良社員賞を受賞するほど優秀な社員だった。ミュージシャンを目指す為に退職。その後、宝塚ファミリーランドで働いている時に相方の平畠と知り合い、お笑いの道へ進む。

■全国区の知名度を得たのは『明石家マンション物語』(フジテレビ系列)である。同番組内では芸達者なラテン歌手「ガルシア」というキャラクターで登場。その多芸ぶりが好評を博す。以後、バラエティ番組を中心に活躍するようになった。

■吉本の芸人としては珍しく、声帯模写や効果音など多彩なものまねを得意とする(後述)。

■かつてはミュージシャン志望だっただけあって、その歌唱力は非常に高い。また、ギター演奏もこなす。宮迫博之(雨上がり決死隊)とのデュオ「くず」として音楽活動(作詞・作曲を担当)も行っている。くずの楽曲中では演奏面でも「ギターを弾きながらハーモニカを吹き、同時に足の先に括り付けた鈴を鳴らす」という器用さを見せている。また、大阪府四條畷市の小学校(山口本人の母校が統合した先の小学校)の校歌を作詞・作曲を担当したことがある。他にも演歌歌手に楽曲を提供したり、『いただきマッスル!』(中京テレビ制作・日本テレビ系列) の挿入歌を作詞・作曲したりしている。なお、現在は日本テレビ系列の音楽バラエティ番組『MusiG』において自身のボーカル、佐野元春の作詞・作曲、山本耕史のギターによる「The Whey-hey-hey Brothers」として1枚のシングルを出した。


【人物】
■プロレスラーのようながっしりとした体型をしており、周囲からは「芸人の身体じゃない」と言われる程だが、格闘技を本格的にやったことは無い。久本雅美にその肉体形成の不可思議さをネタにされ、「ラグビーをしたことがないラガーマン」と表現されたこともある。自称:ナチュラル・ボーン・マッスル。

■腕力はかなり強く、特に左腕を用いた腕相撲は「黄金の左腕」と言われ、今まで誰にも負けたことがないという(自衛隊員にも勝ったことがあると本人談)。リンカーンにおいて出演者全員を相手にその力を披露し、連続20人斬りを達成していた。(ダウンタウン・さまぁ〜ず・雨上がり決死隊・品川庄司・FUJIWARA・おぎやはぎ・バナナマン・フットボールアワー・スピードワゴン・中川家の20人だが、そのうち礼二・品川・原西・宮迫・松本はかなり粘らせて負かした)

■味覚が鈍感らしく彼の舌には「美味しい」と「すごく美味しい」の二通りしかないということである。宮迫によれば「ぐっさんにとっては高級蒸しアワビも牛丼もおいしさは一緒」。リンカーンにて高級食材を使って作った中華料理で4品作り、2品のスープは山口は味見して「旨い」と言ったが、試食したダウンタウン、さまぁ〜ず、雨上がり決死隊からはマズいと評された。ちなみに他の2品はとても旨く作れたらしく、ウド鈴木に大絶賛された。

■笑っていいとも!の「スポンサーはあなた!」のコーナーでは抜群のバランス感覚を見せた。「人差し指に傘を乗せたまま維持」「両手の指にハンガーの柄の部分をかけて回し続ける」、「お好み焼きのヘラでピンポン玉を弾き続ける」等のゲームで、ほとんどその場を動かないという余裕をもって成功している。

■『ぐっさん家〜THE GOODSUN HOUSE〜』(東海テレビ)の番組企画として名古屋の平針運転免許試験場にて大型自動二輪免許を取得。

■テレビ番組で度を越えた下品なものまねを披露し、一時干されそうになったことがある。

■「四角い物フェチ」である。角張った感触と、物がスッポリ収まる感覚(「スフォ感」と形容)がたまらないとのこと。『アメトーク』に出演した際には、四角いものに囲まれ終始興奮していた。中でも最も気に入っている四角いものは「天突き(ところてん切り器)」で、四角いところてんを四角い天突きに入れ、四角い棒で押すと四角がたくさん並んだ網から四角いところてんがたくさん出てくるからのこと。

■習字や絵画なども趣味で行っており、バラエティー番組やCMなどでその腕を披露している。

■芸人には珍しく、大の愛妻家で子煩悩。松本人志からは「ぐっさんだけはホンマに真面目や」と感心されている。

■野外のロケに出ると雨天となることが多く、自他共に認める雨男である。リンカーンの特番の沖縄ロケではロケをした時期としては珍しく大雨となってしまった様子で、浜田雅功に「テンション上げたら雨が酷くなるからテンション上げんな!」と言われていた。


【ものまねレパートリー】
小学生の頃からの特技である物真似のレパートリーは、形態模写や声帯模写など100を超える。特にマニアックな暑苦しい系統のキャラクターのネタを武器にしている。

哀川翔
渥美清
大友康平
デーモン小暮閣下
木之元亮
佐野元春
桂銀淑
吉川晃司
桑田佳祐
西城秀樹
吉幾三
滝口順平
松方弘樹
納谷悟朗(アニメ『ルパン三世』の銭形警部)
東野幸治
藤本義一
美空ひばり
南方英二
矢沢永吉
やしきたかじん
矢部浩之(ナインティナイン)
柳沢慎吾
力也
トンビ
ヒグラシ
セキセイインコ
打ち上げ花火
野毛山動物園のライオン
音飛びするCD
遠くから聞こえる祭の音
ハリウッド映画でよく見かけるワンシーン
『トムとジェリー』に出てくる悪者(犬)の顔
ワイドショーの行列リポート (早回し)
放課後に聴こえるブラスバンド部の音
昭和のラジオ
ハリウッドスターのインタビュー
バラエティー番組のCM前のカメラワーク
グッチ裕三のコーラスの雰囲気
Mr.ビーンのクンニ
チョコボール向井
など


【エピソード】
■ギャグ路線からシリアスまで様々なものまね芸を持っているが、かつてテレビ番組の本番中に大失敗をしたことがある。『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦』(フジテレビ系列)においてデーモン小暮閣下のものまねをした際、歌い出しのタイミングを間違えフライングをしてしまった。その時はものまねをされた本人として登場した閣下に軽く突っ込まれていたが、後にこの出来事は『ものまね紅白』のエポックメイキング的出来事になった。

■『新選組!』(NHK)の劇中、芹沢鴨がオウムに馬鹿にされるというシーンにおいて、オウムに台詞を覚えさせる調教が撮影に間に合わず、スタッフは急遽山口にオウムの吹き替えを依頼。山口は見事にオウムを演じ切り、このシーンは無事放送された。

■2006年7月16日に放送された『FNS26時間テレビ』内の『笑っていいとも!』増刊号生放送スペシャルで、小学生女子300人に聞く好きな男性レギュラーランキングで1位になった。その理由として「歌う姿にキュンときます」などがあった。

■大阪府四條畷市の小学校の校歌の作詞・作曲は、母校が統合したために新校歌を作らなければならず、友人が山口本人に頼んだことで実現した。小学校には直筆の歌詞表が飾られた。しかし、書き間違えたのか、紙で貼って上書きされたような形跡があったことをちちんぷいぷい(毎日放送)でハイヒール・リンゴに指摘された。

(出典:Wikipedia)

[PR]
大学生SNS.com

"大学生専用コミュニティーサイト「大学生SNS.com」配信スタート!
大学生を中心に各情報を配信。
また、口コミ情報や大学生専門のアルバイト情報を提供しております。"



この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 02:37

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。