Google
 

タカアンドトシ

タカアンドトシは日本のお笑いコンビ。通称「タカトシ」。

1994年5月に結成し、吉本興業札幌事務所(札幌吉本)からデビュー。北海道で活動した後、2001年に上京し、吉本興業東京本社の所属となる。正統派しゃべくり漫才を繰り広げる。
札幌時代のコンビ名の表記は「タカ&トシ」で、2001年の東京進出の際に「&」を「アンド」に変更した。


【メンバー】
■タカ(本名:鈴木 崇大 - すずき たかひろ。1976年4月3日 - ) ボケ担当。北海道札幌市出身。

■トシ(本名:三浦 敏和 - みうら としかず、1976年7月17日 - ) ツッコミ担当。北海道旭川市出身。


【経歴】
■中学2年生の時にコンビ結成。高校3年生の時に吉本興業札幌事務所主催のオーディションを受け、プロとして活動を始める(次長課長などのNSC13期がほぼ同期にあたる)。

■当初は「北海道のお笑いを盛り上げよう!」を目標に、後輩のBコース、アップダウンらが次々と東京に進出する中、ローカルに根ざした堅実なお笑いで、今の札幌吉本の礎を築いた。

■「欧米か!」のフレーズで有名だが、「欧米か!」の由来は漫才のツッコミのセリフからであり、「高校の旧友と再会」という漫才の中でトシが「欧米か!」と頻繁にツッコむパターンがフィーチャーされたことから。

■平成18年4月〜9月に放送された東海テレビの「音楽魂!」において、初のMCを務めた。

■東京進出後の初冠番組は、2006年10月から放送開始のラジオ番組「火曜JUNK2 タカアンドトシのケチャケチャラジオ 」(TBSラジオより全国ネット放送)。

■サッカーアース(日本テレビ)でキー局での初メインMC。2007年4月から放送の「 タカアンドトシの音楽魂か!」(東海テレビ放送)、「タカアンドトシのどぉーだ!」(北海道文化放送)はテレビにおける初の冠番組となる。

■2007年8月18日〜19日放送予定の日本テレビ24時間テレビでは番組パーソナリティを務める。


【受賞歴】
■テレビ静岡主催 全国吉本若手漫才 優勝(1997年)

■笑いの金メダル(ネタバトル時)第10回金メダリスト(2004年6月)

■M-1グランプリ2004 決勝進出(4位)(2004年12月)

■爆笑オンエアバトル第7回・第8回チャンピオン大会優勝(2005年3月、2006年3月)


【芸風】
■当初は普通の掛け合い漫才だったが、「面白いけど、何かが足りない。」と言われ続けたため、タカのボケに対し、トシが連続で「○○か!」(欧米か!・女子か!・子供か!など)と突っ込みながらタカの頭を叩くパターンを生み出した。ちなみにタカの「チェリーパイ」の発言は「欧米か!」のフリ。

■漫才の中盤から、タカがトシに対してネアンデルタールや正岡子規、ガンジー、タピオカ、クリリンなどと茶化したり、ゴロの似たパターンやツッコミボケを披露する(「欧米」→「南米」、「女子」→「上司」など)

■また、中盤から終盤まで韻を踏んだツッコミボケをする(「子供か!」のツッコミに対して「衣か!」や「児玉か!」「コモドか!」など)。オチでは2人で同時にツッコミを入れて終わる場合もある。

■この形式でのネタを作る際はツッコミのフレーズ(「○○か!」の○○の部分)を先に作ってから、それに合ったボケを付けるという形をとっている。

■最近では「○○か!」のネタを量産しているため「芸が荒くなった」、「普通の掛け合い漫才の方が好き」などの批判や意見もある。

■この「欧米か!」は、明石家さんま、とんねるず、ナインティナインの岡村隆史、ウッチャンナンチャン、落語界では、三遊亭楽太郎、お笑い以外ではSMAPの中居正広や香取慎吾、丸山和也、吉幾三など色々な芸能人に使われている。


【逸話】
■遠足のネタのオチは2種類ある。1つは「迷子になった後藤君が陰からひょこっと水死体で発見され、先生が『OH MY 後藤』と言う」。もう1つは「迷子になった後藤君が陰からひょこっと出てきて『恥ずかしながら帰って参りました』と言って敬礼する」。前者は爆笑オンエアバトルで9回目の挑戦の時(結果:453KBで2位通過)などで披露。後者は爆笑オンエアバトルで16回目の挑戦の時(結果:509KBで1位通過)など。今では殆ど後者を使用。

■テレビで披露する漫才の他にも単独ライブ等ではコントも披露する(ちなみにエンタの神様でのコントでは漫才と同じように「○○か!」ツッコミをやっているが、単独ライブ等で行うコントでは「○○か!」はほとんど出てこない)。他にも2006年6月の漫才ツアーでは「ナルシスト漫才」「噛んだら終わり漫才」なども披露(このツアーで披露した「英語漫才」は2006年10月1日放送の笑いの金メダル2時間スペシャル内のコーナー「ボケモン」で披露)。

■1998年3月、まだ北海道でしか知名度が無かった当時、HBCラジオの24時間に及ぶ長時間特番のゲストパーソナリティとして共演した伊集院光に、打ち上げで2人が「どうやったら毎週面白いトークができるのか」と質問した。しかし答えに窮した伊集院は「非日常を日常にしろ。例えば一日ステッキを振り回しながら生活しろ」と適当に答えたところ2人は真剣に納得してしまって大変困ったと、「伊集院光 深夜の馬鹿力」で伊集院は告白している。

■2006年10月19日放送のうたばんでとんねるずの石橋貴明に「パプリカか!」、「赤ピーマンか!」と茶化された(パプリカは2人とも、赤ピーマンはトシのみ)。

■「○○か!」だけでなく、「そーなんだ」という新ネタもある。

■タカがよく着ている服のライオンの絵柄は、タカ本人がデザインしたもの。

■2006年10月に発売したDVDの「タカアンドトシ新作単独ライブ タカトシ寄席 欧米ツアー2006」が6万枚以上のセールスを記録。番組をまとめたもの(ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!など)以外では2005年2月に発売したアンガールズの「アンガールズ 単独LIVE 〜88〜」4万超え以来の快挙。

■最近はタカのつく嘘もネタになってきている(島田紳助にロシア人っぽいと言われ、お父さんがロシア人、と返すなど。直後にトシが「欧米か!」と突っ込む)。その嘘は特徴があり、実際にあったかのような嘘である。

■「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」でタカは歌がうまいがトシは下手だということが分かった。

■同番組の2回目の出場時にはトシがハモリを失敗して、3回目の出場の時には「トシに歌わせたから負けた」というようなことをMCたちに言われた。

■「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)でのカラオケで100点を目指すというコーナーにタカアンドトシが挑戦したところ、周囲の予想に反して最終的に100点をとったのはタカではなく森山直太朗の「さくら」を歌ったトシで、同曲を14回も歌ってやっとのことだった。

■2007年1月5日放送の志村けんのバカ殿様でゲストとして登場し、志村けんからちょんまげのカチューシャを渡された後のコントでトシは1回の「欧米か」でタカのちょんまげカチューシャを壊してしまった。

■先輩として次長課長河本を慕っているが、実はほぼ同期である。(年齢は下)

■札幌吉本出身であるためか、福岡吉本出身の博多華丸・大吉と何かにつけ比較される。

■両者共、吉本興業の地方事務所の1期生であり、看板タレントであった。タカアンドトシは吉本興業札幌事務所開設時のオーディションを経て、1994年に1期生としてデビューし、やがて札幌吉本を担う主力芸人となった。華丸・大吉も、吉本興業福岡事務所開設時のオーディションにより、1990年に1期生としてデビューし、瞬く間に福岡吉本を代表する売れっ子芸人となった。因みに両者共、吉本入りする際に1回目のオーディションで落選している。

■両者共、同期や後輩が先に東京進出を果たす中、近年満を期して上京し、2006年前後から全国区でブレークした。タカアンドトシは、後輩のBコース、アップダウンらが次々と東京に進出する中、2001年にようやく活躍の場を東京に移し、2006年前後から「欧米か!」のツッコミで、全国区でブレークした。華丸・大吉も東京進出では同期の竹山隆範(カンニング)や後輩のヒロシに先を越されたが、2005年にようやく上京し、とりわけ華丸が児玉清のモノマネを武器に、2005年にとんねるずのみなさんのおかげでした内のコーナー、博士と助手 〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜で優勝したことや、2006年の『R-1ぐらんぷり』で優勝したことにより、コンビ揃ってテレビに出る機会も爆発的に増え、一躍全国区の人気者となった。

■両者共、ツッコミ役に交際歴の長い彼女が存在する。タカアンドトシのトシには2007年2月現在で交際歴13年の彼女がおり、写真誌でも熱愛ぶりが報じられた。華丸・大吉の大吉も、交際歴11年になる彼女がいることを2007年1月のテレビ番組出演時に明らかにした。両者共、結婚間近とも言われている。

■2007年3月1日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」では、タカがタイでの海外ロケの集合時間に約2分遅れてしまったため出川哲朗が「ドッキリしましょうか」と提案。タカが前夜石橋貴明のドンペリを部屋に持って帰ってしまった事を根に持つという伏線もあり、石橋貴明がタカに激怒するドッキリを敢行。怒られたタカは一生懸命謝ったが聞いてもらえず、石橋が出川を殴ったりテーブルを蹴飛ばすなど怒りが収まらないまま時間が過ぎた(もちろん石橋の演技である)。しばらくしてから謝りに行った後、石橋がトシに突っ込まれネタばらしをし本人はようやくドッキリと知るが、緊張の糸が切れたタカは号泣してしまった。なおこのドッキリは突発的なものであったため、2人のマネージャーもドッキリと知らずに本気で謝っていた。

■2007年4月5日放送の「いきなり!黄金伝説。」で、一週間でせんべい1000枚を食べきるという伝説にチャレンジし見事達成した。最後の1枚は芸人生活を振り返りながら食べていたが、それまでの苦労や、その挑戦に対する辛さもあったためか、タカは食べながら号泣していた。

■同級生と言うこともありコンビ愛も深く、「Qさま!」の解散ドッキリでトシが「休業したい」と言った時も、タカは涙ながらに「俺はお前とじゃないと出来ないから」と言った。トシは同番組の最後で「(タカが自分とじゃないと漫才出来ないと言った事に)感動した」と言う発言をしている。

■同時期にブレイクし、M-1グランプリで共に優勝を狙った南海キャンディーズとは、よきライバルでもあり、公私に渡り仲が良い。


《爆笑オンエアバトル》
■2001年に爆笑オンエアバトルの札幌収録で初出場するまで、全国ネットの番組での仕事は殆ど無かった。後に、東京に上京するきっかけになった番組と話している。

■2001年の初出場時は4位、その後は4回連続5位と綱渡りの状態だったが、第6戦以降からキロバトルが上昇。第11戦以降は1位が定位置と言えるほどまでになり(第17戦のみ2位で、1位はキャン×キャン)、第13戦から現在まで6連続オーバー500の記録も保持している。さらに、番組最多連勝の18連勝の記録も打ち立てている。チャンピオン大会ではルート33に続く史上2組目の大会連覇を達成。これらの戦績により、番組内では「史上最強のチャンピオン」と紹介されていた。

■第9回チャンピオン大会では、「○○か!」を強調しない正統派漫才を披露したが、番組史上初の3連覇の偉業達成は成らず、後輩のNON STYLEにその座を譲り渡した。結果発表後は大きな拍手で新チャンピオンを祝福していたタカだが、チャンピオンベルトとトロフィーの授与が終わる頃にはうつむき涙を流していた。収録後の楽屋にてタカは「思い残すことは無いし、やるべき事はやりきった!」と力強く語り、トシも「オンエアバトルには非常にお世話になりました。今後も活きのいい若手を輩出してください。僕らも負けませんよ!」と番組への感謝を述べた。

(出典:Wikipedia)

[PR]

足元からライフスタイルを提案する靴の総合通販:ABC netマート。トップブランドの定番モデルから通信販売でしか買えない限定モノまで常時400アイテム以上を多数ラインナップ!



この記事へのトラックバック

タカアンドトシ 『ライオンマスコットチャームストラップ』
Excerpt: コンバンワ[:月:] 今回はあの人気大爆発中の『タカアンドトシ』のライオンマスコットストラップの紹介デス[:グッド:] 『タカアンドトシ ライオンマスコットチャームストラップ 全7種セット..
Weblog: ガシャポン(ガチャガチャ).blog
Tracked: 2007-07-19 09:39

石橋貴明
Excerpt: 石橋貴明石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年10月22日 - )は、東京都葛飾区出身のお笑いタレント、俳優、歌手。帝京高等学校卒業。とんねるずの大きいほうでリ..
Weblog: あやかの日記
Tracked: 2007-07-26 06:41

とんねるず みなさん おかげでした 博士 助手のご紹介です!
Excerpt: mixiがYouTubeと組む理由博士と助手 〜細かすぎて伝わらないモ... とんねるずの「とんねるずのみなさんのおかげでした」の名物コーナ「博士と助手 〜細かすぎて伝わら..
Weblog: とんねるずのみなさんのおかげでした 最新情報!!
Tracked: 2007-09-09 12:28

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。