Google
 

Mr.オクレ

Mr.オクレ(みすたーオクレ、本名:岡田 信行)は、 吉本興業に所属するお笑い芸人であり、ベーシスト。


【来歴・人物】
兵庫県明石市出身。兵庫県立明石南高等学校卒業。父親は明石市内で中学校の教師をしていた。容姿が老けているため、小学校の頃先生と間違えられた話もある。メガネを外した顔が、小野田寛郎に似ているため、明石家さんまに「おかえりなさい。小野田さん」と突っ込まれる事もある。

生年月日は1953年4月30日と1957年4月30日の二説あるが、もし後者が正しければ馴染みである明石家さんまや村上ショージより年下になり、2005年の時点で芸能生活が33年になるので14〜15歳で芸能界入りしたことになる。しかし、さんまが「オクレ兄さん」とテレビで言っており、前者の方が正しいとの見方が大勢であるものの、吉本興業の公式ホームページには後者の生年月日が記載されている。さんま氏が「兄さん」と呼ぶのは芸歴がさんま氏より長いから(彼は高校卒業後に活動開始なので2005年時点で芸歴31年である。)と思われる。

2007年4月30日放送の「なるトモ!」での誕生日と年齢紹介でも50歳と紹介され、司会のなるみたちに「ほんまに50歳!?さんまさんは『兄さん』って呼んではんのに」「違うとしたらどこにサバ読む必要があるんでしょうね」などと突っ込まれていた。

所属の吉本興業でさえ、普段何をしているかわからないというほど私生活は謎である。自宅にいても居留守ばかりで、電話が鳴っても取らない。だが、留守電に切り替わってメッセージ録音になったときに電話機から「おらへんのかぁ…鍋でも誘おうと思たのに」という声が聞こえれば、すぐ受話器を上げるという。


【名前の由来と芸風】
「オクレ」という名前は、物乞いの「おくれ」ではなく「トロい(遅れる)」から来ている。コミックバンド(ザ・パンチャーズ)時代、他のメンバーからワンテンポ遅れてズッこけ「遅い遅い!」と突っ込まれるのが唯一の芸であった。それは、あくまでも芸で成立する物で、本来のベースの腕前は大した物である。1980年代後半、テレビ番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)に、村上ショージや前田政二と共にお笑いトリオ『何人トリオ(当初は「難民トリオ」)』の一員としてレギュラー出演して人気が出る。


《主なギャグ》
■「こんにちは〜」(無気力な言い方なので共演者はコケる)

■(去り際、主に吉田ヒロに対し)「あほ〜。」

■「ひょうきん族の時の蓄え(ギャラ)で楽してるねん。」(若手芸人から「最近ビンボー?」と突っ込まれる時にかます)


【出演】
《レギュラー》
■なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!(朝日放送、スカイ・Aほか)
山田花子が水晶で呼び出す「水晶の精霊」の役。
花子がイスの上の水晶に手をかざし、「水晶の精よ〜、○○を我に教えたまえ〜…。えい!!」と叫ぶと照明が暗くなり、アラビアンな音楽(オフスプリングのCome out and Play?)と共に釣り下げられて舞台左袖から出てくる。定着して意外と人気があるようで、声援がよく聞こえてくる。出てくると季節やニュースなどを題材とした漫談的な話から始まることが多い。主役の一人の陣内智則が水晶の精に頼んだ内容の返事を言うようにいうと、よくつっかかるような感じで言う。「これが出来たら占う。」などと言いミニゲーム的なことなどをさせ、面白い結果や、ミニゲームの成功を阻止し芸人らが怒っているのを笑いながら、またアラビアンな音楽と共に左にはけていく。たまに物を持ってくることがあり、陣内智則に投げつけることもある。コントロールがいい。
なお、最近は、陣内智則らに「もう一度呼べよ」と迫られた山田花子により、再び呼び出されるが、この時も、まともな回答はせずに宙吊り状態で去っていく。もしくは、本人が不在で、ひもだけ登場する。この後、大抵は、「もうええやろガール」役のののかちゃん(子役)による「もう、ええやろ」に繋がることが多い。概ね2007年頃からは、占い結果も後のストーリーを案ずるような回答をするようになってきている。


《不定期》
■吉本新喜劇(よしもと新喜劇)
主に警官(交番の巡査ではなく署長や警部といった比較的偉い役)、ヤクザの組長、飛行機の操縦士などキャラクターと正反対の役で客演(初回はキャラクターそのままに貧乏神の役であった)。ストーリーラインに絡む役を演じることもある。前述のように「横丁へよ〜こちょ」で人気を博しているためか、登場時は拍手をもって迎えられる。新喜劇での演技面の特徴としては声が通らない、無気力、無表情な演技であるが、それでいて笑いの取れる不思議な人物である。

■探偵ナイトスクープ
依頼のVTR放映の際に、チョイ役(リングの貞子役・幽霊役・ヘタレの空手家役)出演する事がある。


【エピソード】
■子供の頃の生活は貧しく、過度の空腹により金魚に手を出したり、真冬に隙間風だらけの家で遭難しかけたりしたなどという逸話も残っている。更に近年の生活もやはり貧しく、3〜4週間何も食べていなくて死に掛けていた時、ベランダの窓を開けると、自分がエサを与えていた鳩が巣を作って卵を産んでいたので、たまらずその卵を食べて餓死から逃れた(「横丁」での本人の発言や、「ナンバ壱番館」の貧乏芸人特集より)。

■先輩が後輩におごってもらうことは、本来であれば恥ずべき行為である。しかしオクレは、村上ショージなど後輩に対しても容赦なくたかる。

■深さ約30cmしかない川で、溺れかけたことがある。

■一時期、南海電鉄高野線の車掌をしていると言う噂があった。

■私服でのテレビ出演は本人の中ではNGで「ごきげん!ブランニュ」出演時もロケの出演時間が数分しかないのに衣装をスタッフに用意させた。

(出典:Wikipedia)

[PR]

コンビニでのおにぎりやジュースなどちょっとした買い物から海外旅行まで、いつでも、どこでも、かしこく使える計画的なあなたにぴったりのKARUWAZAカード!サークルK、サンクスでもお得に使えます。



この記事へのトラックバック


Excerpt: 兵庫県明石市出身。兵庫県立明石南高等学校卒業。父親は明石市内で中学校の教師をしていた。容姿が老けているため、小学校の頃先生と間違えられた話もある。メガネを外した顔が、小野田寛郎に似ているため、明石家さ..
Weblog: 芸人が面白いかも
Tracked: 2007-07-20 20:06

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。