Google
 

ムーディ勝山

ムーディ勝山(ムーディかつやま、1980年6月11日 - )は、日本のお笑いタレント。本名、勝山慎司(かつやま しんじ)。福岡県で生まれ、幼い頃に滋賀県大津市へ転居。さらにその後大阪府高槻市へ引っ越して現在に至る。血液型O型。私立金光第一高等学校 (現・金光大阪高等学校)中退。「ムーディ勝山」はムード歌謡ネタを披露する際の歌手名、キャラクターであり、普段は漫才コンビ「勝山梶」としてbaseよしもとで活動しているサライブメンバーである。「ムーディー」と伸ばされることがあるが正式には「ムーディ」である。大阪NSC23期生で、吉本興業所属である。


【芸風】
■顔は真面目顔で、横に伸ばしたちょび髭で、服装は白いタキシードと黒の蝶ネクタイ、髪型はポマードを付けたような横分けで、右手に金色(若しくは銀等の派手な色。しかし、必ずしも色つきのマイクを持つと言う訳では無い)のマイクを持ち、左手は腰のあたりで肘を曲げて拳を握ったような格好で、一点をずっと見たまま、アカペラで持ち歌(ネタ)を披露する。

なお、彼が歌う歌の最後には必ず「♪あ〜あ〜(この)○○○〜」と歌詞が入る。※この○○○には演歌・歌謡曲のタイトルや歌に関連する地名が入る。

具体例)東京砂漠、鳥取砂丘、神戸ポートピアランド(現在は閉館・廃業。なお、跡地には外資系高級家具メーカーの大型アウトレットモールが出店する予定)、知床半島(加藤登紀子が旧ポリドール(現・ユニバーサルJ)時代にシングル盤としてリリースした代表曲・『知床旅情』の舞台となった北海道の半島名から)他。


【これまでの経歴】
■ムーディ勝山はいつも突然現れ、持ち歌のムード歌謡をアカペラで歌う。その独特の芸風で主にお笑いライブ、お笑い番組に出演している。

■ダイアン津田の結婚披露宴パーティー会場にて「右から来たものを左へ受け流すの歌」を披露し、会場にいた芸人にバカうけする(この模様は、ヨシモトファンダンゴTVにて「ダイアン津田の結婚披露宴パーティー」という特番として放映された)。

■そのため番組関係者からオファーが殺到し、今や売れっ子芸人となった。

■ヨシモトファンダンゴTVにて放送中のヨシモト∞大阪2部若手芸人ネタコーナーにて、司会のブラックマヨネーズらの前で「右から左へ受け流すの歌」を歌いきり、それまで2部に『DJ KATUYAMA』名義で出演していた記憶が消されてしまうくらいに、ムーディ勝山の名前が一瞬にして浸透した。

■2006年11月3、4日にヨシモトファンダンゴTVにて放送された「ヨシモトファンダンゴTV6周年特番 29時間生TV」の中の「baseよしもと男芸人祭り」にて「上から下に落ちてくるものをただただ見ている男の歌」を披露している。

■2006年から2007年にかけての年末年始特番は「オールザッツ漫才」(毎日放送)「さんまのまんま2007年新春スペシャル」(関西テレビ)に出演した。

■オールザッツ漫才2006で「右から来たものを左へ受け流すの歌」を披露。審査員であった陣内智則、若槻千夏、ケンドーコバヤシは勝山の存在を知らなかったが、歌い終わった後、全員が爆笑し、見事陣内の結婚式2次会へ呼ばれることになった。しかし司会のサバンナ高橋は1次会へ勝山を呼び、「右から左へ入場しましょうよ」と言ったものの、陣内に「何で勝山きっかけで入場しなあかんねん」と断られた。そのとき陣内が「右から左だけなん?上から下はないん?」と聞くと、高橋と勝山は言葉を濁した。その数時間後、また勝山が登場し「上から下に落ちてくるものをただただ見ている男の歌」を披露すると、陣内は「悪い、知らんかった。後で歌うんやったら言うてくれたらええのに。ごめん。」と言い、ケンドーコバヤシは「さっきの陣内のフリにおどおどしてるなと思ってたらこういうことやったんか」と発言し、高橋は「録画してる皆さん。さっきふられたときの勝山君の慌ててる顔を見てください」と言われた。

■さんまのまんま2007年新春スペシャルでは、番組ゲストである今田耕司が毎年紹介している「2007年注目の若手芸人」3組のうちの1人として紹介され、明石家さんまの前で「右から来たものを左へ受け流すの歌」を(時間の関係上ショートバージョンだったが)歌いきる。

■2007年1月28日に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ)にて毎年行われているガキの使い大新年会にて山崎邦正プレゼンツで行われた「山-1グランプリ」のコーナーに出場。会場一の笑いをさらい、ダウンタウンの両者にも大ウケし、ネタの放送時間も一番長く取っていた。好評につき優勝かと思われたが、審査委員長である山崎の「浜田さんの突っ込みドカーン、君の歌ドカーン、出来上がってるんです。そんな怖い若手はいらない!」という理由により獲得点数は11点と無惨な結果に終わった(満点は20点、優勝はにしおかすみこ)。ちなみにこの番組放送終了後に彼はよくお笑い番組やバラエティ番組に出るようになったが、この番組がキッカケで他番組によく出るようになった可能性が高い(ただ、本人はオールザッツ漫才がきっかけだと言っているが)と言える。ちなみに、この番組でも「ムーディー」と伸ばされて紹介されてしまっている。

■「爆笑レッドカーペット」(FNS)では、案の定「右から左へ受け流すの歌」を披露し、その後、番組セット内のベルトコンベアを利用してポーズを決め、「右から左へ受け流される〜♪」とベルトコンベアの動きに合わせ見事に締め、大笑い(本番組独自の評価システム)を獲得しアンコールを要求され高評価を得た。ちなみにアンコールでは「上から落ちてくるものをただただ見ている男の歌」を披露した。

■毎日放送の生情報番組「ちちんぷいぷい」で20分間取り上げられ、歌を披露した後、角淳一からインタビューを受けた。勝山が「右から来たものを左へ受け流すの歌」を歌っている間、若手に厳しい角が珍しくにこやかだった。この前週、勝山のコンサートを開くことを番組内で知らせ、当日の客を公募した。このとき行われた街角アンケートでムーディを知っていた観客は100人中17人であった。

■2007年3月10日、エンタの神様に初出演し「右から左へ受け流すの歌」を披露。普段相方がやっている「何が?」「だから何がだよ」などのツッコミを司会の福澤朗がつとめた。しかし、この演出に対して視聴者の評判はあまり良くなく、翌週の3月17日放送分で「数字の6に5を足した歌」を披露したときには福澤の声は入らなかった。

■2007年3月18日の「爆笑レッドカーペット」(FNS)では、新ネタ「2日前から後頭部に違和感がある男の歌」を披露し、審査員から「満点大笑い」の高評価を得る。アンコール版では、同じく「後頭部に違和感がある男の歌」を熱唱、レッドカーペット賞には選ばれなかったものの見事に満点を獲得する。ちなみにこの放送分では歌を披露する際に必ず言う『それでは、ミュージックスタート!』と言うセリフ(フリ)を言わず、そのままネタを開始した。

■2007年3月23日金曜の「笑っていいとも!」ではピーコに「最近人気が上がっている歌謡曲のスタイルで意味の分からない歌を披露する人」と評された、ちなみにその日のコーナー、「クイズ!まちがったっていいじゃないか だって芸能人だもの」でムーディを知っていた観客は100人中27人であった。そして同年5月24日の木曜コーナー「人間プロファイリングQ ハメ込みナンバーズ」に出演し、2006年の年収が24万円であることや、交際している彼女の話などを明かした。その際、やたらと彼女がいるという事を強調しており、出演者の顰蹙を買った。

■「ドッカ〜ン!」(TBS)では「歌う工場見学先生」として製品のできる過程をムード歌謡に乗せて紹介している。現在までに「コアラのマーチ」や、「ひよ子」、「タイヤ」ができる過程を歌った。

■2007年5月30日、陣内智則・藤原紀香の結婚披露宴にて「右から来たものを左へ受け流すの歌」と「19(しち)時に始まり21(く)時半に終わる披露宴の歌」の2曲を披露した。

■2007年6月、「右から来たものを左へ受け流すの歌」がiTunes Storeのダウンロード初登場で2位にランキングされる。

■2007年6月21日、ナインティナインのオールナイトニッポンにゲストとして登場し、タカシィー岡村こと岡村隆史とすべらない歌対決をして勝利した。


【その他】
■テレビなどで、「ムーディー勝山」と誤って呼ばれることが多々あり、正確には「ムーディ勝山」であるが、本人はあまり気にかけていない。なお「ムーディ」表記で強調するようになったのは「ちちんぷいぷい」出演以後である。

■よく友達などから「阿部寛に似ている」等とも言われるらしく、そのため、「ちちんぷいぷい」にて『そうですねぇ、僕は良く友達から阿部寛に似ていると言われます』と発言、その後観客の多くはは「ええ…!?」や「確かに似ているかも」、「ああ…」等と漏らしていた。

■前述の通り、本当は「勝山梶」と言うコンビで「梶剛」と言う相方が居るが、その事は世間からはあまり知られていない。彼自身は「ピンでも2人でも売れたい」という。

■歌は携帯に吹き込んで作ったものである。

■「ちちんぷいぷい」に出演した際に語った事によると、最初彼は掃除機で掃除をしている時に掃除機に合わせ「右から来る〜♪」と鼻歌で歌っていたところ、彼自身が「これは面白いぞ!」と思い、後日携帯に歌を吹き込み、その後色々唄が発展し、今の唄の形態になったという。その為、レギュラー出演者等からは「自分でこの歌はイケるぞ、って思う事が凄い」と絶賛された。

■学生時代は野球部に所属。


【持ち歌】
レパートリーは10近くあるが、基本的に皆同じメロディである。

《右から来たものを左へ受け流すの歌》
■フルコーラスバージョンでは6分程の長さがある。タイトルを『右から左へ』と略されることにはとても不満を感じているというが、自分自身も直前にイントロを忘れてしまい、近くにいた芸人に確認するなど案外いい加減な扱いをしている。突然やってくると続く。なお、2007年5月16日以降iTunes Storeでも販売されており、一部のファンだけでなく同ストアの利用者の間での間で話題を呼んでいる。

■後付だと思われるが歌には「みなさんも悲しみや不安を受け流して欲しい」という解釈がある(2007年5月4日放送、「ザ・ワイド!」より)。

■いつも右から来たものは「ご想像におまかせします」と答えていたが、「自分では何が来たと思って歌っているのか」と言う質問で自分では「ポップコーン」だと思って歌っていると、「ジャイケルマクソン」2007年6月13日放送分で本人により明かされた。


《上から落ちてくるものをただ単に(ただただ)見ている男の歌》
■2006年のオールザッツ漫才にて司会の陣内智則から無茶振りをされた際に歌詞ができた。


《数字の6に数字の5を足したの歌》


《2日前から後頭部に違和感がある男の歌》
■「後頭部に違和感を感じた歌」や「後頭部に違和感がある男の歌」もある。

■ムーディ自身のことを歌った歌で、現在も後頭部には少し違和感があるらしい(2007年5月4日放送、「ザ・ワイド!」より)。


《37歳の唄》
■メッセンジャー黒田の37歳の誕生日を祝って相方のあいはら、ビッキーズ須知を前に歌ったもの(2007年2月「メッセ弾」にて)。


《嫁はんがチョイスしたシャツを着てるの歌》
■犬井ヒロシとのコラボ。バッファロー吾郎木村について歌ったもの。


《窓から虫が入ってくるのを気にしない女の歌》


《19時に始まり21時半に終わる披露宴の歌》
■陣内智則・藤原紀香の披露宴で披露した歌(2007年5月30日)。


《窓から虫が入ってくるのを気にしない歌》


《死相の歌》
■「ロンドンハーツ」の名物企画「格付し合う○○たち」でこの芸人の子供は産みたくないランキングの一般女性ランクワースト2に入った理由に「死相が見えそう」というのがありこれをネタにしたもの。その結果、次長課長の河本準一、宮川大輔などに不評を買わされることになった。(2007年7月3日放送分より)。


【ボツ作品】
■ただ単にキノコのことを歌った歌

■無意識のうちにフランス人にプレッシャーをあたえる歌

■タイトルのみ決まっていてただいま製作中との事だったがその後ボツになったとの事。内容は「顔が濃い」と言われる自らのことを歌ったもの。

■とろサーモンの久保田が「おさわりパブのマイクパフォーマンス」とのコラボレーション(番組で無理やり先輩の久保田からコラボさせられたがまったく受けず)

(出典:Wikipedia)

[PR]

「edita」に登録すると
1ブログが一つ増える
2ブログコミュニティが持てる
3ブログ読者が増える
4ブログ読者の顔が見える
5ブログの写真を全てアルバム化するブログパーツが持てる



この記事へのトラックバック

チェリー脱出!!!
Excerpt: とうとう俺もチェリーコンプレックス脱出!
Weblog: はやしだ
Tracked: 2007-07-10 16:29

にしおかすみこ wiki
Excerpt: にしおかすみこ さんついに心のパンツたった3秒で脱いじゃったらしいですね♪にしおかすみこ グラビアって?なんと今でも居酒屋で バイトしてるってがんばってるなあ♪そんな セクシーなにしおかすみこ グラビ..
Weblog: にしおかすみこ グラビア 口コミ噂情報
Tracked: 2007-07-24 12:21

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。