Google
 

山崎静代(南海キャンディーズ)

山崎 静代(やまざき しずよ、1979年2月4日 - )は、日本のお笑い芸人・女優。お笑いコンビ南海キャンディーズのボケ担当。愛称は「しずちゃん」。相方は、山ちゃん(山里亮太)。京都府福知山市出身。聖和大学短期大学部卒業。身長180cm(公称182cm)、体重92kg、バスト105cm。血液型 A型。


【略歴】
■高校は事務所の先輩ナインティナインの出身校(岡村隆史、矢部浩之ともに同じ)大阪府立茨木西高等学校で、女子サッカー部に所属していた(3年生時に全国3位)。

■かつて「西中サーキット」(にしちゅう-)という女性コンビのボケを担当、2002年 ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を獲得し、関東の深夜番組にも出演していたが、相方の引退により解散。その後、「山崎二宮」という男女コンビを結成中に、山ちゃんから突然ケーキバイキングに誘われ、コンビ結成の話を持ちかけられて解散を即決した。解散の理由は「(山崎二宮の)相方が男前なので、2人きりでネタ合わせする時などに集中できなかった(異性を意識し、エロ心も芽生えてたらしい)が、こいつ(山ちゃん)ならその心配は無いなと思った」。ちなみに「南海キャンディーズ」結成以降は黒髪で通しているが、「西中サーキット」時代は金髪だった。

■趣味はギター、イラスト。


【人物】
■低くぼそっとつぶやくシュールで自意識過剰なボケ、上下関係を無視したぶっきらぼうな喋り、予測不可能なアクションが特徴的。周囲から怒りを買うような芸風である。

■山ちゃんを嫌っていることをネタにすることが多い。漫才の立ち位置で「山ちゃんがいる方の肌荒れの進行が酷い」との発言や、『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京系)に出演した際ビートたけしに「小沢に口説いてもらったら?」と言われ、共演していたスピードワゴン小沢一敬が甘い言葉を言ってくれたが「嬉しいんですけど、声が山ちゃんに似てる・・・・・・」と感想を述べる等、事ある毎に彼の悪口を放つ。しかし、『Qさま!!』の収録で山ちゃんに本気で激怒した青木さやかの楽屋を訪ね、「山ちゃん、そんなに悪い人やないですよ」とフォローする等、(嫌悪感や煩わしさを感じてはいるものの)見捨てるほど本気で嫌っている訳ではないようだ。山ちゃんによると母親も悪口を言っているらしく、彼に「家族ぐるみで悪口を言うのはやめてくれ」と言われた事がある。

■かなりの面食いで妻夫木聡(CMで共演)やオダギリジョー、漫画家の荒木飛呂彦のファンと公言している。また、番組でかっこいい男性(いわゆる「イケメン」)と共演した時には、必ずと言っていいほどアプローチを試みる。反対に女性アイドル、女子アナに対しては攻撃姿勢を取る。

■高所への恐怖感がほとんど無い。『Qさま!!』のレギュラーに新加入する為に銭湯の煙突(の頂上に渡した板)の上でのラジオ体操(命綱無し。だが、もしもの時に掴まる手摺りは有り)に挑戦した際、山ちゃんが足がすくみっ放しの情けない姿だったのに対し、見ている方が恐ろしくなるような大胆な動きで完璧に体操を行った。しかも手摺りを「邪魔。」と言い放った。この為、無事レギュラーを獲得した同番組にはコンビで出演しているものの、彼女のみ正式レギュラーということになっており、相方の山ちゃんは未だに準レギュラー扱いである。このほか、10m 高飛び込みでも助走を付けて飛ぶなど、並外れた度胸を持っている。

■運動神経に優れている。学生時代に部活動で陸上競技(砲丸投げ等)やサッカーを経験しており、特に砲丸投げは現在でもかなりの実力を誇り、全国50傑に入るのではないかとも言われている。また足は速く、持久力もあり、『Qさま!!』の企画「全員で鬼ごっこ」では、男性がほとんどのメンバーにおいてなかなかの粘り強さを見せている。さらに映画『フラガール』の終盤ではほぼ完璧といえるフラダンスをこなしている。

■一方、バランス感覚には鈍く、『Qさま!!』のコーナー「グラグラ島」では度々、失敗を引き起こす。

■最近ではボクシングを始め、その体格とセンスの為にトレーナーからは「世界を狙える」と太鼓判を押される。彼女ほどの体格でボクシングをやっている女性が国内で他にいないことから、「デビューすれば即、日本チャンピオンになれるのではないか」と関根勤は分析している。

■一般的な女性に比べて非常に背が高く骨太のがっちりした体格で、普段の話し声は低い。しかし、ジェットコースターに乗った時等には高い音域の悲鳴もちゃんと出る。

■その背の高さゆえに、近所の子供たちからは「壁」と呼ばれている。

■父、弟も体格ががっちりしており、家族そろって巨体である。

■高校時代のサッカーで膝を故障したため、激しい長時間の運動には耐えられない。『堂本剛の正直しんどい』のバスケットボールの企画では「ガラスのヒザ」と言われた。

■保育園時代、『ウイングマン』に熱中する。後の嗜好形成に影響を及ぼす。

■大阪の自宅の部屋には女性としては珍しく、『AKIRA』や『ドラゴンボール』のグッズが所狭しと並べられている。番組の企画で訪問した今田耕司は非常にうらやましがっていた(ちなみに今田も『AKIRA』フリークとして有名)。絵も得意で、番組ではしずちゃんによる秀逸な大友克洋タッチのイラストも披露していた。

■甘いものが相当好きで「いきなり!黄金伝説」(テレビ朝日系)の企画では次々と出てくるケーキをどんどん食べて山ちゃんを驚かせた。その様は彼に「スイートサイボーグ」と言わしめた程である。途中でトマトが苦手と言う事が判明したが、自力で何とか食べた。この伝説が終わった後、最初に食べたのは、本人曰く食パンらしい。

■しかし、2006年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「食わず嫌い王決定戦」に出演した際、対戦相手の田丸麻紀が持参したお土産「甘熟とまと 和みゼリー」を、苦手な素振りも見せず食べている。

■ラバーソールを愛用している。

■クイズが苦手で山ちゃんの足をしばしば引っ張っている。

■2006年に松雪泰子主演映画『フラガール』で本格的女優デビューを果たす。記者会見や公開イベントなどでは豪華出演者の中でもひときわクローズアップされて報道された。2007年2月16日、第30回日本アカデミー賞で同映画において新人俳優賞を受賞、女優としても地位を確立した。

■鈴木京香、フットボールアワーの岩尾望、安田大サーカスのクロちゃんなどと親交がある。

■1人暮らしを始めてから住んでいる自宅の家賃は10万円である。


【エピソード】
■出生時に5000gという体重だったため、市役所の視察が入ったらしい。

■全日本国民的美少女コンテストや ASAYAN のモーニング娘。の3期メンバーオーディション(合格者は後藤真希)を受けたことがある。

■美少女コンテストでは髪型を『タッチ』の浅倉南を意識した写真で応募した。この時の写真が後にテレビ番組で公開され、山ちゃんに「これじゃカッちゃん(上杉和也)もタッちゃん(上杉達也)も野球始めないよ」と酷評された。

■モーニング娘。オーディションでは長渕剛の「巡恋歌」を歌い、審査員全員をドン引きにさせた経験がある。あるテレビに出演した際につんく♂に向かって「つんく、アンタ大チャンス逃してるよ」と発言した事がある。その後、『ハロー!モーニング。』にゲストで出演した時、「今頃ここに立っていたかも」とつぶやいていた。モーニング娘。のオーディションに落ちた理由を、本人は飯田圭織と背の高いキャラで被っていたからと述べている。

■西中サーキット時代、キングコングらと共に深夜番組『イケチキ!!』にレギュラー出演し、独特のキャラが関東でも話題を呼びかけていたが番組終了後、相方がbaseファンから嫌がらせを受けノイローゼになったため引退し、解散した。

■高校時代は地元の「餃子の王将」でアルバイトしていた。

■海外への留学経験があるが、なぜか現地在住の日本人宅にホームステイした。

■さまぁ〜ずの大竹一樹に抱かれてもいいと言ったことがある。

■2006年にスキューバダイビングの免許をとった。

(出典:Wikipedia)

[PR]

パートナーエージェントは、ハウスウェディング最大手のT&Gグループが提供する結婚情報サービス。
業界初のリーズナブルで後払いの料金システムと、専任コンシェルジュ制度など、今までにないサービスが特徴



この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。