Google
 

嘉門達夫

嘉門 達夫(かもん たつお、男性、1959年3月25日 - )は、日本のシンガーソングライター。代官山プロダクションの所属で、現在の所属レコード会社は傘下のDAIPRO-X。大阪府茨木市出身。血液型A型。本名:鳥飼 達夫(とりかい たつお)。


【略歴】
■1975年 - 大阪府立春日丘高等学校在学中(当時16歳)、笑福亭鶴光(当時26歳)に弟子入り。友人が運転するカブで鶴光を追跡し、弟子入りを志願。弟子入りが決まった当初の嘉門は高校在学中だったので、放課後師匠の家に行く所謂「通い弟子」であった。高校卒業後は鶴光邸に住み込み、“笑福亭 笑光”(しょうふくてい しょうこう)の名をもらう。所属は松竹芸能。

■1978年 - 『MBSヤングタウン』(以下「ヤンタン」)にレギュラー出演。

■1980年 - 笑福亭鶴光から破門を宣告され(理由は“エピソード”欄を参照)、担当番組も全て降板。松竹芸能も退社。その後「自らを見つめ直す」と言う理由で、程なくして日本放浪の旅へ。与論島やスキー場でアルバイトをしながら今の「ギャグソング」のスタイルに行き着き、自らの目指す方向性を確立する。

■1981年 - 日本を放浪の後に「次は海外へ放浪しようか」と考えていた頃にアミューズの大里洋吉会長に拾われ、サザンオールスターズの『チャコの海岸物語』をアミューズの契約社員として有線等への営業回りしていた。その縁でサザンのコンサートの打ち上げ等にも参加したりして、バンドフロントマンの桑田佳祐とも面識が出来る。その後桑田とも親しくなり、桑田に自らの芸名を考えて欲しいと依頼(桑田に依頼した理由は、所ジョージの芸名の名付け親が、ミュージシャンの宇崎竜童だったと言う話に起因していると、後に本人が語っている)。最初、桑田は“カメリア・ダイヤモンド”と言う名前を考えたが、その後、桑田が別の活動の時に使用していた“嘉門雄三”の苗字を譲り受ける(しかし当の桑田本人は譲った覚えは無いらしく、知らない内に嘉門が使っていたらしい)。以降、“嘉門 達夫”と名乗る様になった。その後、ヤンタンにも復帰する。

■1983年 - 『ヤンキーの兄ちゃんのうた』をリリース。読売テレビ有線放送大賞(大阪有線主催)とTBS有線大賞(キャンシステム主催)で新人賞受賞。

■1991年 - 『替え唄メドレー』が75万枚のセールスを記録。自身最大のヒット曲となる。

■1992年 - 『第43回NHK紅白歌合戦』に『替え唄メドレー〜紅白バージョン』で出場。

■1994年 - 1月1日に発売した『スモーキンブギレディース』を皮切りに、月に1枚のペースでシングルを出して行くという「マンスリーCDリリース計画」を開始。

■1997年 - ビクターから代官山プロの自社ブランド・DAIPRO-Xへと移籍。移籍第1弾『ソリャニャーゼセニョリータ』をリリース。

■1999年 - アルバム『お前は間違っとる!』をリリース。

■2000年 - トレードマークであった黒髪のオールバックから金髪へとイメージチェンジ。

■2002年 - 後にはなわに盗作疑惑がかかるという『ガッツ石松伝説』リリース。

■2003年 - 4月 デビュー20周年記念アルバム『達人伝説』をリリース。

■2003年 - 6月 初のDVDメディア作品『達人伝説』をリリース。

■2004年 - 11月 『シングルベストコレクション2』をリリース。

■2005年 - 4月 東京都立翔陽高等学校校歌『はばたけ!未来へ』作詞・作曲。

■2005年 - 1月 コロムビア時代の曲を集めたアルバム『嘉門達夫ゴールデンベスト』リリース。

■2006年 - 4月 『働くオジサン宣言 〜関白宣言〜』など収録したアルバム『笑撃王』をリリース。

■2006年 - 7月 USEN のパソコンテレビ・GyaOの番組『嘉門達夫のナリキン投稿天国』から誕生した“嘉門達夫とナリ天ボーイズ”が歌う『恋のチャルメラ ププッピ ドゥー!』をリリース。


【人物】
■テレビのトーク番組などに出演する際、番組の司会者たちと会談する時には普通の眼鏡を、替え唄を披露する時(即興は除く)には小さい丸淵のサングラスを装着する。そのため、歌う前あるいは歌い終わった後に即座に眼鏡を交換するシーンを視ることが出来る。

■CDレンタルに対しては極めて否定的で、露骨に嫌悪感を示している。本人曰く、「借りると呪われる」との主張。しかし、『爆裂スーパーファンタジー』の放送内では「レンタルで借りる人を余り悪く言うのも…」といった言動も見られ、ある程度の理解はある模様。同放送内では冗談を交えて自身のCDがレンタルされる事を語る事が多い為、本人なりのジョークであると考える事もできる。なお、『怒りのグルーヴ』では腹の立つファンの事例として「いつもCD、借りて聞いてます」と話しかけてくるファンを挙げている。

■「替え歌を作るたびに本人の所に出向いて曲の使用許可を得ていた」とテレビ番組に出演した際に語っていた。

■多くの人に「頭髪を後ろで結っていた時期が過去にあった」という誤解をされているらしく、「『あれ、後ろで結んでいた髪、切ったんですか?』とよく言われてしまう」とラジオ番組などで度々述べている。


《少年時代・1970年代のエピソード》
■幼少時代に日本万国博覧会(大阪万博)が近所で行われた際には毎日の様に通い、万博の記念バッジを貰ってコレクションしていた。『開運!なんでも鑑定団』に出演した際にそのバッジを鑑定してもらった所、15万円の鑑定額が付いた。嘉門は「このバッジは1000万円積まれても売らない」と言ったくらいそのバッジは大事に保管している。2005年に行われた愛・地球博にも出向き、ここでも多くのバッジを獲得している。また、大阪万博での思い出を歌った『太陽の塔』という歌もリリースしている。

■元々嘉門曰くの「ケッタイなモン」に対する収集欲は強く、「三ッ扇サイダー」を始めとするバッタモノドリンクや、ホテルや旅館の客室にある使い捨て小型チューブ歯磨き粉に、寿司の折り詰めに付いてくる小さな醤油の入れ物等も収集している。

■少年時代は、大阪万博と小学校当時担任だった先生の国語の授業に多大な影響を受ける(以後国語の成績は、常にトップクラスだったらしい)。また、山口百恵の大ファンで、追っかけをしていた高校生当時には、彼女が在籍する学校まで足を運んだ事もあると言う。

■嘉門自身がラジオの深夜放送にのめり込みだしたのは、中学生になってから。後に嘉門は『ヤンタン』のレギュラー出演者になるのだが、中学生頃の嘉門自身がヤンタンのヘビーリスナーであった。番組宛てにネタを投稿するハガキ職人として活躍し、ネタハガキの採用率も高かった様だ。そしてこの頃から、ラジオのパーソナリティになりたいという夢を抱く様になる。

■高校卒業後には鶴光の内弟子となる事が決まっていたが、春日丘高等学校は地元でも有数の進学校であり、クラスで大学に進学しないのは嘉門だけだったと言う。卒業式では答辞を務めたが、羽織袴でギャグを挟みながら生徒から集めたアンケートを元にディスクジョッキー式の答辞を行うと言う大胆な行動を取った。

■鶴光に弟子入りした理由は、落語には元々興味がなかったが、当時嘉門は桂三枝に憧れていたものの桂と言う屋号には魅力を感じず、同時に笑福亭仁鶴が出演していたラジオ番組『ABCヤングリクエスト』も良く聞いており、笑福亭と言う屋号には強い憧れがあったそうだ(尚、嘉門が現在でも、トークの合間に無駄口を叩いた後で「色んなコト言うたりなんかして」と口癖のように言ったり、投稿のハガキを読む際に「下品なペンネーム」に対していちいちツッコミを入れたりするのは、仁鶴譲りであるといえよう)。しかし、仁鶴には既に多くの弟子が居た為に、同じ笑福亭と言う屋号で当時ラジオで人気急上昇中だった鶴光に弟子入りを申し込んだと言う。ちなみに、もし仁鶴に弟子入りしていたら、名前を“笑福亭 加仁”(しょうふくてい かに)にしたいと妄想していた。鶴光に弟子入りした際に“笑福亭 光茶”(しょうふくてい こうちゃ)と名乗ろうとしたが、こちらは笑福亭松鶴(6代目、仁鶴・鶴光の師匠)に却下された。


《1980年代のエピソード》
■笑福亭鶴光に破門された原因は、「『サルに自慰行為を教えると死ぬまでやり続ける』と言う俗説の真偽を確かめる為、師匠のペットのサルを実験台にした事である」というのはネタである。ヤンタンやテレビ番組内での発言を総合すると、元々落語自体には余り興味が無かった嘉門は、鶴光へ一切報告せず落語以外の新しい仕事を増やし続けていたらしい。その内に嘉門自身が本当にやりたい事と落語家の弟子と言う立場が乖離し始め、仕事観を巡って師匠鶴光と対立し、鶴光に反抗的な態度を取った為に破門されたと言う事である。現在でも鶴光と共演する場合や、偶然同じ放送局で仕事をする事になった際には必ず彼の楽屋を訪ね、挨拶を欠かさないでいるとの事である(『ニッポン全国ラジベガス』出演時のコメントより)。

■笑福亭笑光時代にレギュラーで出演していた『ヤンタン』で、番組にゲストで訪れた男女3人組の某ニューミュージック系グループから放送開始前にアルバイトだと勘違いされ、そのような扱いを受けた。

■『ヤンキーの兄ちゃんのうた』以前の1982年に『寿限無No.1!』という幻のデビュー曲を発表しているが、売れたのはたった200枚だけだった。

■1989年11月21日発売のアルバム『バルセロナ』に『ハンバーガーショップ』という曲が収録されているが、元々は1989年頃にライブやテレビ放映で披露していた『××××××(某ハンバーガー店)キラー』という歌。ハンバーガー店のマニュアル教育上がりの店員に来客が戦いを挑むというシチュエーションを風刺した内容であったが(これに加え美容室バージョンも存在)、思いっきり名指しであったためタイトルと歌詞の一部を変えた『ハンバーガーショップ』としてリリースすることとなった。この曲はアルバム曲であるにも関わらず有線でよく掛かっている人気曲。その人気を経て、『血液型ハンバーガーショップ』や『ハンバーガーショップ(国会編)』などの続編も作られている。なお、1995年12月1日に『激突!ハンバーガーショップ』というタイトルで歌詞を一部変更してシングルとしてリリースされている。


《1990年代前半のエピソード》
■『替え唄メドレー』シリーズは多数の楽曲を扱っているが、中には著作権の問題などでCD化に至らない曲も多い。詳しくは替え唄メドレー#著作権問題などに関してを参照。

■一方、同シリーズ内で歌われた都市や観光名所(津市や下呂温泉など)からは、「地元の宣伝をしてもらえた」ということで感謝の意を表されることもあった。当時嘉門が出演していた中京テレビの深夜番組『ラジごめII金曜日の王様』1992年1月10日放送分では、下呂町役場の観光協会事務局長からの感謝状が番組宛てに届いていた。

■彼の曲の中でも完成度が高かった『サザエさんグラフィティ』は、『サザエさん』の原作者長谷川町子の存命中はCDリリース許可が得られず、ライブでは披露していたがCDリリースによる発表はまず無理だろうと思われていた。しかし、歌詞にあるきつい下ネタ部分などを一部差し替えた上で、後にこの曲が『NIPPONのサザエさん』としてCD化された時はファンを驚かせた。ライブでは今もこの曲を非認可バージョンの歌詞で歌う(こともある模様)。

■出身校・春日丘高等学校の後輩に槇原敬之がいる。嘉門と槇原でどちらが先に年末のNHK『紅白歌合戦』に出場するかを競ったが、槇原は1991年の紅白に出場が決定し、先を越される(嘉門は1992年の紅白に出場)。

■1993年以降は、自身が看板のラジオ番組の仕事とライブイベントなどの地方営業の仕事が中心となっており、テレビ番組への出演は一時期に比べると少なくなってきている。全国ネット番組への出演は特に少なく、あるとしてもゲスト出演で呼ばれることが殆どである。なお、2000年代からはインターネットラジオやインターネットテレビで看板番組を持つことが多くなってきている。


《阪神・淡路大震災でのエピソード》
■1995年1月17日、神戸市内のホテルに宿泊中、阪神・淡路大震災に遭う。当時、ホテルはパニック状態であったが、彼が芸能人であるという事に殆どの宿泊客が気付かぬ状況下で一宿泊客として自制を呼びかけ、その場を鎮めた。

■2日後、被災地から関西国際空港へフェリーで移動中に船内のテレビを見て、それまで断片的にしか分からなかった被害の全容を知り、大きな衝撃を受ける。その際、友人の北野誠に電話で「誠、俺は…。もうこれは世界の終わりや。一体どうなってしまうんや。もう俺自身はお金を持っていても意味はない」と胸の内を吐露し、即断で500万円の義捐金を被災地に送る。

■その後、さらに、新築の自宅を売却して捻出した3000万円の義捐金を被災地に送った。そして、この時の経験を基に書いた『怒りのグルーヴ 〜震災篇〜』をチャリティーシングルとしてリリースした。録音には、同じく被災者救済を訴えていた泉谷しげると大江千里も参加。曲中では、「スイスの犬より現地に来るのが遅かった当時の首相(村山富市)」や「焼け跡をバックに『まるで温泉場のようです』と言った白髪のニュースキャスター(筑紫哲也)」などを批判している。


《1997年以降の活動》
■1997年、所属事務所の代官山プロダクションが別途設立したDAIPRO-X(ダイプロ・エックス)へと移籍する。しかし、この移籍でますますCDの売り上げや話題性が減少しているため、1992年に紅白に出演出来たのは前所属レコード会社のビクターの力が大きかったものだと見られる。

■41歳を迎えた2001年、下顎の贅肉のたぷつき具合を指摘されたのを機にダイエットに挑戦。始めた当初、すでに芸能界を引退していた上岡龍太郎に「たった2キロでもつらいのに上岡さんはすごい。でも、体重を絞るために続けます」というメールを入れたところ、「君はジョギングを冒涜している。動物は楽しければ走りたくなる。何かの為に走るというのは走ること自体を馬鹿にしている」という返信で一喝された。それでもめげずに穀物を控え、蒸しモヤシにおかずを乗せて食べるという食生活を続けたところ、1ヶ月で体重が7kg落ち見事ダイエットに成功。現在もそのスタイルを維持しており、また、これを機に黒髪のオールバックから金髪へと変えた(以前からの定番だった黒服・サングラスのスタイルはそのまま継続)。

■ビクター時代のCDは、シングル・オリジナルアルバム共に現在全て廃盤となっている。2005年、そのビクター時代の音源を集めたベストアルバムが発売された。これは通常のレコード・CD店では扱っておらず、主に高速道路の各サービスエリア内にて販売されている。

■2005年1月5日(現地時間)、アメリカ合衆国ニューヨークのライブハウス・アポロシアターのステージに立つが観客からのブーイングによって強制退場させられた上、半年間出入り禁止のペナルティを受ける(これはブーイングが一定を越えた時の番組で設定されているルールであり、嘉門が特別受けたペナルティという訳ではない)。しかし、本人は再びチャレンジするつもりである。

■音楽以外の活動としては、2005年3月7日から始めたコラム連載(デイリースポーツ『嘉門達夫のオモシロ人間交友録』 - 毎週月曜掲載、
2006年10月からは毎週木曜掲載)、その他執筆活動がある。また、以前に自分の半生を描く演劇の企画が持ち上がった時は自身がその役を演じた。

■2006年には、JR西日本のイメージキャラクターに採用された。


《家族》
■今迄1度も結婚はしておらず、現在も独身。

■30代の頃からずっと独身をネタにしているが、実際は1992年に一般の女性と婚約するに至るまで進展した時期があった。当時、その女性を自身のコンサートに招待したり、自身の担当する番組『ラジごめII金曜日の王様』にも呼んで出演させたりしていた。しかし、お互いの微妙なズレが段々と出てしまったことにより、婚約は解消。このチャンスを逃したせいか、それ以降は結婚に関する話題は今のところ出ていない。

■独身のままでいる理由としては、「家庭に入りたいという女性を好きにならない」、かと言って「向上心が強い女性は自分第一だからダメ」といった自身の矛盾した価値観を挙げている。

■好きな女性のタイプは、「刺激を与えてくれる人」や「お互いに向上しあったりする人」。しかし、その理想像と前項の独身のままでいる理由である価値観とがさらに矛盾しているため、『ズバリ言うわよ!』(TBS系)2006年12月12日放送分に出演した際に、細木数子から「七変化の女性が欲しいのよ」と指摘された。

■その際に、細木から「頭が良すぎて人を小バカにするものが出てくる。自分がもう1つランクの気持ちを下げれば本当にいい人にも遭遇してるはず。だから結婚しなきゃダメ。来年からものすごいいい年になるから」とのアドバイスを受けた。

■また、細木から芸名を「嘉門」から「加門」へと改めるよう進言された。改めると画数が13画となる。が、嘉門本人は改名する気は全く無いらしい。

■自身は大阪府茨木市で生まれ育ったが、父は兵庫県西宮市の出身で、母は島根県大田市の出身である。

■兄弟は、弟と妹がいる。弟妹共に一般人なのだが、妹の方は一時期嘉門のファンクラブの会報に寄稿したり、当時嘉門が担当していたラジオ番組にゲストで出演したりした事がある。

■かつて「銭湯に行く」と言って外出したまま行方不明になった祖父をいつか捜しに行きたい、と嘉門は語っている。

(出典:Wikipedia)

[PR]

視力回復手術「レーシック」を検討するなら「視力回復レーシックコム」 話題の視力回復手術レーシックに関する情報が満載!参加医療機関の特色を知るため、まずはラクラク資料請求!



この記事へのトラックバック

レイバン サングラス 天国!
Excerpt: レイバンのサングラスはドラマ「24」でジャックバウアー捜査官が着用していることでも今話題です...
Weblog: レイバン サングラス 天国!
Tracked: 2007-07-17 01:54

オークリー サングラス 天国
Excerpt: オークリーのサングラスの新作が発表されましたがオークリー独自の新素材の軽さは異常なほど...
Weblog: オークリー サングラス 天国
Tracked: 2007-07-17 15:07

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-18 08:45

与論 旅館
Excerpt: 与論☆旅館で見つけた、いい旅館! !いつも、このブログを読んでいただきありがとうございます。大変ご好評のこの旅館日記ブログ。今まで、あんな旅館、こんな旅館を紹介してきました。今日紹介する旅館お奨めは、..
Weblog: 鹿児島宮崎☆旅館で見つけた旅館日記
Tracked: 2007-08-10 00:27

夏だ!南国気分だ!!サルだ!!!3種のサ
Excerpt: 商品サイズ 幅 46cm(両手を広げたサイズです) 奥行 10.5cm 高さ 50.5cm    商品説明 夏だ!南国気分だ!!サルだ!!!・・・という訳でおサルさんファミリーです。..
Weblog: 動物一般を極める
Tracked: 2007-08-13 15:06

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。