Google
 

大島美幸(森三中)

大島美幸(おおしま みゆき、本名:鈴木美幸(旧姓:大島)、1980年1月13日 - )は栃木県大田原市出身で吉本興業所属のお笑いタレント。森三中のボケ担当。


【プロフィール】
■よくケツを出す。

■栃木県立黒羽高等学校卒業。

■1998年、森三中としてデビュー。

■平山あやは遠縁ながら親戚にあたる。

■夫は放送作家の鈴木おさむ。

■「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)にて共演経験のあるだいたひかるが放送作家と結婚したため(その後離婚)、同番組内の企画で「ファックスは別々にしたほうがいい」などのアドバイスをした。

■視力が悪いため、コンタクトレンズを使用していたが、現在は視力矯正手術を受けてコンタクトレンズは使用していない。ちなみに学生時代はメガネをかけていた。

■初体験の相手は夫ではなく黒人男性である(イノマーと峯田和伸の対談本より)。

■歌唱力が高く、歌合戦等のテレビ番組でもその歌の巧さを見せ付けている。2006年にはMIYU名義で歌手活動も開始。楽曲「ビューティフル マインド」はフジテレビ系ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の挿入歌として使われ、話題を呼んだ。もともとCD化の予定はなかったが、ドラマ放送終了後も視聴者からCD化の声が殺到し、2006年10月18日にCD発売した(オリコン最高34位)。

■笑いのためなら髪をスキンヘッドにしたり素っ裸になることも厭わない稀有の「女ヨゴレ芸人」である。

■実際、鈴木の実家に挨拶に行くときも「キン肉マン」のラーメンマンのような辮髪に似た髪型にしていて鈴木の家族の度肝を抜かせた。

■しかし、そんな彼女であるが、家に帰ると「一日に二回泣くと言う」かなり女性らしい一面を持つ。

■1回目は旦那が帰ってこないと言う淋しさでの涙、もう一回は帰ってきてからの嬉し泣きである。(笑いの金メダルで村上が告白)

■めちゃイケのテスト企画で、ヤゴの成長した姿(トンボ)を書く問題に対し、まるでRPGのボスキャラクターのような怪物を書いてみせた。

■「子どもは欲しいが、体が張れるうちは作らない」考えの持ち主。

■学生時代、壮絶ないじめにあっていた。体育館の床に這い蹲らされ、「埃を食べ切れば家に帰してやる」と言われたり、裸にされて生き埋めにされたりといった人間として扱われない日々が続いたという。現在、「芸能界で辛い事があっても、その頃に比べれば天国。楽しいよ」と大島は語っている。

■ガキの使いでは浜田の無茶な要望にこたえるべく、サウナでタオルだけつけて全裸になったり、女体盛りをしたりなど、女性を捨てている行動もいとわない芸風をもっている。

■顔や容姿が大島にそっくりの女子高生グラビアアイドルの藤子まいがデビューしてインターネット、とりわけ2ちゃんねる上で話題になった。

■そのことについては夫である鈴木おさむも「うちのかみさんだ!」と評した。

■のちにこのグラビアアイドルは改名し再デビューしたものの、改名後は顔や容姿が村上知子そっくりとなった。

■2007年6月2日に日本テレビで放送された「ぽじてぃブス」で藤子と共演を果たした。

(出典:Wikipedia)

[PR]

「edita」に登録すると
1ブログが一つ増える
2ブログコミュニティが持てる
3ブログ読者が増える
4ブログ読者の顔が見える
5ブログの写真を全てアルバム化するブログパーツが持てる



この記事へのトラックバック

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-18 08:16

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。