Google
 

黒沢宗子(森三中)

黒沢 宗子(くろさわ かずこ、1978年10月17日 - )は、茨城県ひたちなか市(旧・勝田市)出身の吉本興業所属のお笑いタレント。女性お笑いトリオ・森三中のリーダーでボケ担当。身長157cm、体重59kg、血液型O型。ひたちなか市立勝田第三中学校、水戸短期大学附属高等学校卒業、吉本総合芸能学院4期生。

最近は、本名が読みにくいためか「黒沢かずこ」名義で活動することが多い。趣味はラップ。


【人物】
■実家は地元で食堂を経営(馬渡食堂)。

■1998年「森三中」結成。リーダーのほかにネタ作りも担当している。放送作家としての活動も目指している。

■ダウンタウンの大ファンであり、東野幸治の追っかけをしていた。2001年、HAMADA COMPANY 弾丸!ヒーローズで浜田雅功・東野と念願の共演を果たした。

■日テレ系「進ぬ!電波少年」の企画「電波少年的 15少女漂流記」に参加。番組内では目立たない存在ながらも、茨城名産の「乾燥イモ」の作り方を仲間に伝授し、保存食担当として活躍し、無人島脱出に成功。脱出に成功した8人のユニット「8/15(eight per fifteen)」として、久保田利伸プロデュースの「vibe,Survive」に参加している。

■体型はデビュー当時こそ中肉中背だったが、暴飲暴食がたたり急激に太った。

■最近では破天荒なキャラを確立し、新境地を開拓した。

■今まで一度も男性と付き合ったことがないらしい。初体験もまだで結婚するまで清純でいたいそう。

■とにかく片付けるのが苦手。自室は大変散らかっており、常に物で溢れている。

■同メンバーの大島同様、歌が上手い。作詞・作曲もできるらしく、自作曲の「バイバイしないで」を「踊る!さんま御殿!!」や「元祖!でぶや」で披露していた。即興で怪しい歌(「カリーフラッシュ」など)も歌う。またおしゃれイズムでも同番組のセットのイメージで歌を披露。

■自分付けのアイドル芸名「相澤かすみ」。

■レギュラーの西川晃啓は遠い親戚である。関係は、黒沢の姉の旦那の兄の嫁の弟の息子が西川。

■マシュー南がホストの番組「Matthew's Best Hit TV+」(テレビ朝日系列)内では「クレア黒沢」を名乗り偽外人っぷりと見事な腹を披露。

■NSC同期のPOISON GIRL BANDが無名の頃から「4期にはすごいセンスのあるコンビがいる」とPGBの宣伝をしまくり、PGBが2004年、M-1グランプリのファイナリストになった時には喜びのあまり、応援歌まで自作してしまった。しかしその事実はつい最近まで、PGBには伝わっていなかったらしい。

■2007年3月放送の「ミッション24」(日本テレビ)で「24時間中にもう一人の森三中を探せ!」という企画の中で、村上と大島は同姓同名の女性を連れ出したが、黒沢は静岡市清水区を拠点に活動しているインディーズバンド黒沢宗子(メンバーは全員男性)を連れ出した。

■ラジオ好きで『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!!』や『カンニング竹山 生はダメラジオ』に自らメールを投稿している(2007年5月10日にはリスナーとして「べしゃり」に出場)。また女性リスナーが著しく少ないことで知られる『伊集院光 深夜の馬鹿力』のリスナーであるらしく、伊集院光と共演した際にリスナーであることを伊集院に恥ずかしそうに伝えた(伊集院本人がラジオにて発言)。

(出典:Wikipedia)

[PR]

宮本懸作(みやもと・けんさく)は、爆笑ゲームにチャレンジできて、プレゼントが当たっちゃう楽しい懸賞サイトだよ!ちょっと過激な宮本懸作一家を上手にコントロールして、プレゼントをGETしてね!



この記事へのトラックバック

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-18 03:29

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。