Google
 

アンタッチャブル

アンタッチャブルは日本のお笑いコンビ。通称「チャブル」「アンタ」。プロダクション人力舎所属。

主な持ちネタは漫才である。一時期「エンタの神様」(日本テレビ)では、漫才のネタをベースにしたコントもやっていた。また、フリートークやリアクション芸もこなし、バラエティ番組で活躍している。先輩のアンジャッシュや後輩の北陽、ドランクドラゴンよりも売れるのが遅れたが、2003年のM-1グランプリ敗者復活戦で全国にその存在を知らしめ、翌2004年の同グランプリで見事優勝してブレイクを決定づけた。決まり文句は「あざーっす!(ありがとうございますの意味)」・「いやいやいや」など。
早いテンポでのボケ・ツッコミともに、非常にハイテンションでの漫才を展開して、大人気を博している。特に柴田のツッコミは、キレかかったテンションなのでよく「ぶち切れ漫才」と言われている。


【メンバー】
■山崎 弘也(やまざき ひろなり)−1976年1月14日。B型。埼玉県出身。(ボケ担当)

■柴田 英嗣(しばた ひでつぐ) −1975年7月15日。B型。静岡県出身。(ツッコミ担当)


【略歴】
1994年結成。プロダクション人力舎の運営するタレント養成所、スクールJCAの3期生同士。旧コンビ名はある先輩が勝手に考えた「シカゴマンゴ」だったが、本人たちが気に入らなかったため、現在のコンビ名に改名した。由来は、そのころ山崎が好きだった映画『アンタッチャブル』から。これは山崎が独断で決めたもので、柴田は当初「シカゴマンゴ」に決まったと思い込み、初めてのライブの出演表にコンビ名が入っていなかったことから「このライブには出られない」と思っていると、スタッフから「アンタッチャブルさん」と呼ばれ、初めてコンビ名を変わったことに気づいたという。 (「シカゴマンゴ」は現在出演しているレギュラーラジオ番組の名称として用いている)

1990年代半ば、「ボキャブラ天国」シリーズに出演。

1990年代後半〜2001年には、くりぃむしちゅー、アンジャッシュとの3組で結成したユニット「ゲバルト一族」のオムニバスライブで人気を博した。

1999年、『爆笑オンエアバトル』に第2回から出演。毎回高得点をマークし、注目を集める。チャンピオン大会では、第4回を除くすべての大会でファイナル出場をするも、毎回優勝を逃していたが、2004年3月の第6回チャンピオン大会で念願の優勝を果たした。また、その年に出場した北見収録回では、2004年度1位・歴代2位・自己最高の541KBを獲得している。

2003年の『M-1グランプリ』決勝では、敗者復活戦を勝ち上がって最終決戦にまで残った。結果は3位であったが、そのパワフルな漫才の技量が話題となり、お茶の間の人気者となる。そして、最有力優勝候補と言われた翌2004年の『M-1グランプリ』で見事に東京勢の標準語漫才としては初の優勝を飾り、賞金1000万円を手にした。この時、結成10年目でM-1に出場できる最後のチャンスであった。そこから出たギャグが山崎の言った「謙虚芸人」。人力舎はこの優勝賞金をあてこみ、事務所のリフォームをした。その後の特別番組で事務所に取られた金額を差し引いた600万円を、2人で分けた額300万円が、柴田に渡されたが、山崎には過去の借金などでくりぃむしちゅーの有田哲平が書いた領収書と、300枚の「10,000」と書かれた紙の束を渡された(これはギャグであり、その後控え室で司会の木村祐一から現金で300万円を渡された)。また、賞金は借金返済に充てたと思われていたが山崎は細々と有田に返済しており、賞金獲得後には、葉巻を吸うなど贅沢をするようになったことを『笑いの金メダル』で暴露された。

2004年10月から『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』にレギュラー出演。見事「Qさま!!」判定を5個獲得し、その特典として2005年5月26日からさまぁ〜ずと2週間だけ司会を交代した。また、「ダメQ」判定を5個獲得してしまった際には、その罰ゲームとして偽ヤクザの宴会に参加するというドッキリにかけられた。

2004年にドリームワークスアニメーションの映画『マダガスカル』の日本語吹替版に2人そろって声の出演をした。声優としての評価も高い。

2005年4月から『いきなり!黄金伝説。』にレギュラー出演。番組内では4回伝説を行った(2007年4月現在)。1回目は「旬のマグロを1匹食べ尽くす旬なコンビ」、2回目は「にんにくだけで10日間生活するコンビ」、3回目は「人気芸人節約バトル 1ヶ月1万円生活 最強No.1コンビ決定戦」、4回目は「1週間クリームシチューだけで生活するコンビ」。


【特徴・エピソード】
■芸風については、トーク番組などで褒められると山崎は手を横に振りながら後ろを向き「いやいやいやいや」と乗せられるリアクションを取ることが多い。それに対し、柴田は当初ツッコんでいたが、のちに揃って「いやいやいやいや」と言うようになった。また、ネタを披露する際に客席から拍手が出ると「気を使わなくて良いですよ」などと言うことがある。 

■M-1グランプリ2003の敗者復活で勝ち残れるとは思っておらず、その前日二人は別々のところで徹マンをしていた。なお、敗者復活決定時、おぎやはぎの小木は本人ら以上に喜び、最終決戦進出決定後には入ってはいけないのに出演者控え室に入ってきてしまったらしい。

■M-1グランプリ2003では最終決戦で1票も入らず3位に終わったが、審査委員長の島田紳助から「来年は本命じゃないかと思うくらい凄かった」と賞賛を受けた。なお、島田紳助は優勝者インタビューの際の大会総括でも「人力舎は地味な漫才やるコンビばかりだと思っていたけど、やつらは凄い」とコメントを残している。

■何気ない言葉のイントネーションを少し変えて、面白くする事があり、「M-1グランプリ2004」では「だけど〜?」の一言で観客から拍手が起るほどの笑いを誘った。ビートたけしからは「アンタッチャブルの言っている事は面白くないんだけど、何か面白い。」と言われている。

■略歴にも少し書かれているが、「M-1グランプリ2004」が開催された当初(予選)の頃は、所属事務所の人力舎はあまり期待をしていなかった。しかし、いざ決勝進出が決まると急に優勝を期待し始め、ついにはM-1決勝の2日前に賞金を当てにして事務所の改装工事が行われた。しかしその反面、M-1決勝のネタ合わせに事務所の稽古場を使わせて貰いたい、という二人の要望は受け入れなかったらしい(しかたなく二人は近所の公園でネタ合わせをしたらしい)。

■ロンドンハーツのコーナー「タレコミ奉行」で、合コンで山崎が女の子に無理やり自分の乳首を触らせていた事が分かり、番組内で罰を受けた。

■ネタ作りではまず、柴田がツッコミを先に作り、山崎がそれに合わせてボケを考えるという不思議なネタ作りをする。このことはロンドンハーツのコーナー「カミングアウト温泉」や「アメトーク」でも明らかにされている。実際、TBSラジオのJUNK「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」では、「ツッコミ先行宣言」というコーナーがあり、柴田がツッコミを発表しボケの部分を聴取者から募集しているコーナーが存在する。

■また、「2人とも覚えるのが嫌い」という理由で、ネタ作りでは一字一句台詞を決めるようなことはなく、要所要所のキーワードだけを決めているのみでその他の細かい言い回しなどは全てアドリブで行っている。そのため、同じテーマのネタをやってもまったく同じ漫才になることは無い。その影響か、本番前のネタ合わせは繰り返し綿密に行われている。

■伊集院光との交流が深く、「ゲームwave(テレビ東京)」や「伊集院光 深夜の馬鹿力(TBSラジオ)」など伊集院の深夜番組に準レギュラーとして頻繁に出演し、伊集院と息の合った掛け合いを見せた。その伊集院光とは現在も親交が厚く、伊集院主催の若手芸人野球チームの合宿には、当日の深夜にJUNK「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」の放送があったにも関わらず参加した(2006年08月10日放送より)。その際に、伊集院の「ラジオはあくまで生放送で」(「草野球という私事で、本来は生放送の番組を録音放送で代替させてはならない」)という意向と両立させるために、合宿所の近くにあった茨城放送のスタジオとTBSラジオを繋いで番組を生放送するという「離れ技」も行った(茨城放送は本来NRN系列局であり、そもそも同番組は茨城放送ではオンエアされていない上、TBSラジオの電波が水戸地区まで届いていない。同時間帯、茨城放送ではニッポン放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」がネットされていた)。また、急遽スタートしたJUNK 交流戦スペシャル(クール途中で終了となった金曜JUNK「極楽とんぼの吠え魂」の代替番組)では、第1回放送で伊集院と緊急共演した。

■カンニング竹山隆範との共演や絡みが多い。竹山が出てきたときの山崎のリアクションは大抵、「なぁんだ、竹山さんか!」である。仲の良さから「コーヒー買ってきて」などと竹山に頼むこともあるらしいが、竹山から「俺ら(相方である中島忠幸も含めて)お前らの年上で先輩だからね」とJUNK放送中に釘を刺される。

■同じ番組で共演する若槻千夏とユニットを組み、「チナッチャブル」名義でCDをリリースしている。

■山崎がかなりの大顔なのに対し柴田はかなりの小顔のため、番組内で出演者やゲスト等に2人の顔の大きさについてコメントされることがある。山崎曰く「本当なら身長が2mなきゃいけない」とのこと。

■くりぃむしちゅーと仲が良い。特に有田と山崎は親友で、有田が多忙となった現在、ぐるナイの人気コーナー「かぶっちゃYa〜yo」には有田に代わって山崎が同コーナーに出演するようになった。

(出典:Wikipedia)

[PR]

ライブドアが運営する、真面目な出会いのための結婚紹介サイトです。7年の実績で多くのカップルが成立しています。入会金もなく、一般の結婚紹介所より低価格でご利用できるのが人気です。



この記事へのトラックバック

菊次郎とさき
Excerpt: [7月スタート] ビートたけし原作ドラマ「菊次郎とさき」最新情報
Weblog: 菊次郎とさき
Tracked: 2007-07-22 10:11

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。