Google
 

クワバタオハラ

クワバタオハラは、ホリプロ所属の女性お笑いコンビであり、お笑いジェンヌの一員。略称はクワオハ。


【個別プロフィール】
《くわばたりえ》
本名: 桑波田 理恵(1976年3月24日 - )

■大阪府大阪市淀川区出身。

■大阪市立淀商業高校卒。

■吉本総合芸能学院(NSC)13期生。

■血液型はO型。

■身長は 162 cm。

■スリーサイズはバスト85cm・ウエスト65cm・ヒップ95cm。

■特技は、耳掻き、早食い。

■趣味は人間観察。

■ボケ担当。主にネタの作成も行っている。

■おばちゃんキャラ。

■ピン芸人時代、別の人物とコンビを組んでいた時代がある。(大阪吉本時代はテディーベアというコンビ)

■眼鏡を掛けている。公式ホームページでは『メガネ』と呼んでいる。また、2005年10月末の時点で別記理由により丸坊主頭にしている。

■2000年に 10 kgのダイエットに成功している。

■好みのタイプの男性はタモリ。

■カラオケでは、主にアニメソング(パーマン、あさりちゃん、一休さんなど)を歌う。

■伊集院光による見た目の形容は「マッチ棒」「ピーナッツ」「チョコボール」。

■ある番組でクワガタと呼ばれ他の出演者が引くほどに怒りをあらわにする。

■上京したての頃まで、彼氏がいた。その彼氏が他の女を作り別れる。その彼氏の話やロードなどを聞くと泣き出す。

■はじめての彼氏が飛石連休の藤井だったらしい。

■めちゃイケの企画で次長課長の河本準一が「運命が少し変わっていれば俺はくわばたと付き合っていたかもしれない」と発言、岡村隆史の提案でくわばたと河本はマジでキスをした。

■ミラクル☆シェイプで、ウエストが公称より22cm太いことが判明したが、30日間のダイエットの結果、公称通りのウエストまで落とすことに成功した(これは放送時点での番組新記録となった)。


《小原正子》
本名: 同じ(おはらまさこ、1975年10月23日 - )

■兵庫県神戸市東灘区出身。

■日本大学芸術学部演劇学科卒。大食い(ラーメン8杯、お好み焼き8人分、シューマイ200個など)。

■趣味は、食べ歩き、料理、旅行、ロジックパズル

■ツッコミ担当。

■身長:162cm、B:80、W:57、H:84。

■ねえさんキャラ。

■小学四年から演劇を始める。

■高校時代は演劇部に所属。女子校だったため主に男役を務め、バレンタインデーには後輩から多くのチョコレートをもらう人気だった。

■数々のドラマ、Vシネマなどで死体役を演じるアルバイトをしていた。

■愛煙家である。

■芸能人大食い界のプリンセス(クイーン)と言われている。

■「いきなり!黄金伝説。」の「大食いで日本縦断する女」で、プロレスラーのモハメド・ヨネと共に大食いの賞金だけで日本横断を果たした。

■「伊集院光 日曜日の秘密基地」2001年5月6日の罰ゲームで、東京ディズニーランドから TBSラジオのある東京都港区赤坂まで無一文で六時間歩いた。

■2001年12月4日、母親の紹介で東京都港区御成門のイタリアンレストランにてお見合いをする。

■ハスキーボイス。

■かなりの運動音痴。スキップ、ブランコに乗ることさえ苦手で、自転車に乗れるようになったのは大人になってからとのこと。運動音痴であるにもかかわらず、相方のとび蹴りだけは上手い。

■母親からは、小さい頃から現在まで「モナリザ」と呼ばれている。

■1989年に行われた兵庫県のカーリングチームに勝利し、インターハイへの切符を手に入れる。

■伊集院光による見た目の形容は「般若」「ハンニャバル」「失敗したベニヤ板」。

■元キャバ嬢(源氏名: ミドリ)、2005年12月17日の「エンタの神様」において、相方くわばたより『膿を出し切ります』と言われ、キャバ嬢時代のお客の手紙を読まれ、赤っ恥をかいた。

■2006年5月6日の「エンタの神様」において、プライベート写真を無断公開されていると発言(写真の内容など、詳細は後述)。

■相方・本人曰くすっぴんが「子泣きじじい」に似ているためメイクには労力を惜しまない。厚化粧に見えないように数々のテクニックを駆使して、2時間程度かけて顔を作り上げる。お泊りの際はすっぴんに見えるメイクをし、相手に本当のすっぴんを披露するにはかなりの勇気がいると言う。

■ギャル曽根は「いきなり!黄金伝説。」での小原の大食いを見て、大食いタレントになったという。小原の食べっぷりは見事であり、これまで完食達成者ゼロのジャンボカツなどをぺろりと平らげている。その一方で嫌いな食べ物の一つに米がある辺り日本人には珍しいタイプである。

■髪の毛がはげてきている。


【コンビとしての概略と略歴】
持ちネタは主に漫才で、テレビ上はくわばたりえが何かの拍子に有名俳優との妄想に浸り、それを小原正子が突っ込む(時として飛び蹴りなどがかまされることもある)というタイプのネタが中心。一方、ライブ活動においては「客がドン引き」して静まりかえる程のエグイ下ネタを連発するという。また、2003年と2004年のM-1グランプリに出場しているものの、準決勝止まりである。 「エンタの神様」での騒動で、普通のネタが余り知られていない状況だったが、2007年の「爆笑ヒットパレード」(フジテレビ)で珍しく普通の漫才を披露。司会の笑福亭鶴瓶と爆笑問題から「漫才面白いよ、上手い。」と、なかなかの高評価を得た。この様に様々な問題を起しながらも、同業者や業界内の人々からはそれなりの評価を得ているが、「エンタの神様」でマイナスイメージが付いており、視聴者にはそれが伝わっていない模様。

■2000年1月、コンビ結成。

■2000年3月、ホリプロお笑いライブにてデビュー。

■2000年3月から2002年3月の2年間、2人は同居していた。

■2000年10月、小原正子がオーディションに合格し「伊集院光 日曜日の秘密基地」のアシスタントとなり、収録に付いて来たくわばたりえも初回から毎週出演することになる。

■2001年正月に帰省した際、小原正子の実家はいつの間にか引っ越しをしていて、くわばたりえは酒に酔って大量のおねしょをした。

■2001年4月29日、「伊集院光 日曜日の秘密基地」の「女の戦いスペシャル アシスタント争奪七番勝負」で勝利したくわばたりえがアシスタントを初経験。

■2002年に「世界痛快伝説!!運命のダダダダーン!」(朝日放送)、「ウィーケストリンク☆一人勝ちの法則」(フジテレビ)で前説をやっていた。 

■2003年5月、小原正子のポリープ疑惑(病気療養として番組を休んだが、同時期にニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」の中継先で営業をしていたことが聴取者により発覚)をきっかけに「伊集院光 日曜日の秘密基地」のアシスタントを降板。以降は番組内のコーナーを担当する準レギュラーとなる。

■2005年7月、ラジオ番組をきっかけに有名ミュージシャンと飲み友達になる。

■2005年9月10日、「エンタの神様」に初出演。かつてカンニングが同番組でやっていたパフォーマンスに近いことをやる。くわばたが竹山隆範よろしく「おっぱいを出す」などと暴れ回り、それを小原が回し蹴りなどで止めるという、テレビ向けの通常持ちネタとは異なるもの。そして、この放送を見た視聴者から電話による抗議が日テレに殺到したほか、クワバタオハラの公式ホームページの掲示板が荒らされ、パンクする事態に陥った。なお、この掲示板荒らしは数日間も続き、インターネット掲示板の2ちゃんねるにおいても大きな話題となった。

■上記を受け、2005年10月29日の同番組にて、上記の行為に対する多数の苦情があったと明言し謝罪。その苦情の中に、「カンニングの真似をするな」といったものが多数あったらしく、「カンニングとだけは一緒にされたくない、むしろ私たちのほうが先だ」と言っていた。
さらにその際、当初は「本当に謝っているのか?」的な前フリをしたうえでいきなりウィッグを取り坊主頭を披露、これが自分の謝罪の気持ちであるとし、客席からも拍手を受ける。また、この時の小原の驚愕の表情から、坊主にしたことを相方に一切話していなかったことがうかがい知れる。その後、その謝罪が良かったのか、「良くやった」と言う激励の言葉をもらうことになる。余談であるがくわばたが服を脱ごうとした時の画像がネット上で出回り「くわばたは意外に巨乳」と話題となった。

■2005年11月26日の放送で、カンニング竹山が、褒め称えた。

■2006年5月6日、「エンタの神様」にて、ネタ・コントをやらず、カンニング竹山のような「発表スタイル」で、小原のプライベート写真を無断公開されるという嫌がらせを受けていると発言。本人たちの弁によれば、写真はベッドでシーツにくるまった小原の姿が写ったもので、過去にベッドと共にした相手が撮影したものと思われるが、誰かは特定できないとのこと。

■最後には、写真に対抗すべく、くわばたが小原のセクシーショットを撮影して公開すると発言。ネタともマジとも取れない非常に中途半端なトークであったため、放送直後から本人たちが運営するBBSには、番組内で取り上げる必要性を疑問視した視聴者を中心に、非難・批判・中傷を中心とした書き込みが殺到している。その為、掲示板は現在休止している。

(出典:Wikipedia)

[PR]

ついに復活!【川村ゆきえ】、豊乳と究極のクビレ【佐藤寛子】、エロかしこく挑発的【優木まおみ】、バスタブに揺れるIカップ【佐藤和沙】、濃密フェロモンの癒し系【山口敦子】、深夜バラエティで人気【向坂美々】



この記事へのトラックバック


Excerpt: ・[Live][お笑い][演劇]「THE MOMO−TARO」@神保町花月(2007/07/27)・お笑いファンは見逃せない!! オリラジの爆笑ライブショーも・お笑い バラエティ DVD・カラス/太田..
Weblog: 演劇の極意
Tracked: 2007-08-16 18:00

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。