Google
 

上島竜兵(ダチョウ倶楽部)

上島 竜兵(うえしま りゅうへい、本名:上島 龍平(読みは同じ)、1961年(昭和36年)1月20日 (一年で一番寒い日、大寒)は、ダチョウ倶楽部に属するタレント。兵庫県丹波市生まれ、神戸市北区育ち。神戸村野工業高等学校卒。血液型はAB型。身長162p。所属事務所は太田プロダクション。 

妻はタレントの広川ひかる。

ダチョウ倶楽部の中で最も体を張っているいじられキャラで有名。怒って帽子をたたきつけるリアクション(その後「取り乱しました」と収めることも多い)を持ちネタの一つとする。

通称「竜ちゃん」(先輩芸人が使用するが、ダウンタウンなど後輩でも自分より“格”が上の芸人が使用している)または「竜さん」(若手芸人などが使う)。


【来歴】
元々は役者志望で、青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍。テアトル・エコー附属養成所の同期だった寺門ジモンに誘われて渡辺正行の元を訪ねたのがきっかけで、お笑いの道に入る。その際渡辺に紹介されたのが南部虎弾と肥後克広で、それがダチョウ倶楽部の原型になる。南部脱退後、テレビで活躍する機会が多くなり、ダチョウ倶楽部はその存在を世に知らしめることとなる。

テレビ朝日で2001年12月30日に放送された『タモリ倶楽部スペシャル 空耳アワード2001名作100連発』の番組内(ガンマ・レイ『アルマゲドン』を用いた作品のコメント)で両刀使いであることを告白している。

2005年8月には自伝&写真集『これが俺の芸風だ!!』を上梓。


【エピソード】
■芸能界での阪神ファンの集まりである「中野猛虎会」の一員で、同会では書記を務めているが、会長であるダンカンや副会長の松村邦洋と比べると、タイガースに関する知識はあまり無い。また某番組で「最も心に残る阪神の試合は?」の質問に「天覧試合」と答えていた(かの有名な「長嶋のサヨナラホームラン」が出た天覧試合は1959年に行われていて、上島が生まれる前の出来事である)。

■プライベートでは志村けんと飲み歩くことが多く、志村を「師匠」と呼んで敬愛する。あまり知られていないが、落語家の三遊亭楽太郎と飲む事も多い。

■ネタと思われるが、後輩芸人を飲みに連れて行った際に先輩として悩み事を聞いてやるはずが、酔いが回るにつれ逆に後輩芸人に対して「俺はこれからどうすればいいんだ!」と泣いて苦悩を吐露することがある。

■寺門ジモンと同様、関西出身にも拘らず全国ネットでの芸能活動においては関西弁を殆ど話さない。なお隠れた特技に「上方落語」がある。

■書籍「リアクションスター」の中でダチョウ倶楽部の3人を模したキャラクターが登場する。

■「踊る!さんま御殿!!」にて、増田明美・石塚英彦・勝俣州和らと出演時の事。増田のあまりにも饒舌ぶりに最初は帽子を床に投げつけ石塚らに止められ「済みません、取り乱しました」とネタを披露していたものの、番組後半では「関係ない!」と逆ギレ。しまいには増田に土下座して「もう(トークの独演会は)勘弁して下さい」と、半ベソで増田に懇願。司会の明石家さんまから「泣くな、プロやろ」と、窘められていた。

■意外にもダチョウ倶楽部の中では一番収入があり、プライベートでは外車に乗っているらしい(しかし上島自身はペーパードライバーのせいなのかほとんど妻が運転している)。また、同じ種類の本を予備として2冊ずつ買ってくるなど無駄使いが激しいらしい。


【芸風】
出川哲朗、山崎邦正らとともに、日本を代表するリアクション芸人の一人である。また、出川哲朗、ふかわりょうと並ぶ3大いじられ芸人の1人である。

《主なギャグ》
■泣き芸 (舌を喉に押し込むことによって涙を溜めるため、若干準備時間を要する)

■人工呼吸 - プール等水が近くにある場合、溺れた挙句に救出され寺門ジモンに胸元を押してもらう。この際、口の中には水がふくまれており2、3回ぴゅーっと水を出す。水以外にも口にふくめる物が手近にあった場合、臨機応変に利用する。

■何らかのイベント(上島ですらやりたがらないであろうリアクション芸など)をやらされるのを上島が嫌がっている中で、上島の周りの人が「俺がやる!」「いや俺がやるよ!」と上島以外(通常のコント等ではダチョウのメンバーのみであるが、場合によっては周りの芸人・タレント十数人)が手を挙げる。少し間をおいて上島が「じゃあ俺も」と手を挙げた途端、周りの人が全員「どうぞどうぞ」と上島にそれを譲る。

■主に出川哲朗や竹山隆範などと怒りながら口論が始まると、徐々に顔を近づけ軽いディープキスをする。

■全裸


《他キャラクター芸》
「〜ちゃん」「〜おじさん」といった具合を即興で編み出すキャラ芸を持っている。ただ、考え込まれてないため、ほとんどがすべる。

■豆絞り - 裸に豆絞りの頭巾とふんどしをしたキャラ。『スーパージョッキー』内企画『熱湯コマーシャル』で登場。又、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』のハイテンション・ザ・グランプリで豆絞り男を熱演し、高い評価を得ている。また、松本人志が罰ゲームとして豆しぼり男を演じるも、恥ずかしさのあまり土下座してしまいスタジオ内の爆笑を誘ったこともある。

■へっぽこおじさん - 裸に豆絞りの頭巾とふんどしをしたキャラは「豆絞り」の男だが、さらに腰を左右に振りながら歩く


《セリフ》
■「殺す気か!」- 酷い扱いを受けた後必死の形相で叫ぶ。『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』で登場

■「くるりんぱっ!」- 被っている帽子を回転させながら持ち上げ、被り直して言う

■「取り乱しました」- ひとしきりキレた後、平静に戻って言う

■「金貸してくれ!」

■「これが俺の芸風だ!」- 周りが自分の芸に失笑しているときに、開き直って言う

■「ねえ!殿!」- 酷い目にあった後、ビートたけしに向かって

■「絶対押すなよ!」- 高い所や熱湯風呂、プールなどの前に立った時に言う。ここでは「準備ができたから背中を押してくれ」と同義

■「チェックメイト!」-

■「上島竜兵○歳。代表作これといってなし。」

■何か口にしたときに、「この○○(料理名)は甘からず、かといって辛からず、美味からず」と言うと「まずいんじゃね〜かよっ!」と肥後・寺門のツッコミが入る。


《ものまねレパートリー》
全て顔真似(かつら・メイクをした状態)のみで、声真似の方は全く似ていない。

■西田敏行 - 顔が似ている事からドラマ「遠山金四郎美容室」で西田の弟役を演じた事がある。

■大仁田厚 - 2007年全日本プロレスで行われた武藤祭にて、大仁田のモノマネをしてF-1タッグ選手権試合を行った。

■山城新伍

■野村沙知代 - このものまねのみ、非常に似ていると評判が高い。清水國明は「本人よりそっくり」とコメントしている。野村沙知代本人もこのものまねを絶賛しており、気に入っている。

■ナオミ・キャンベル

■今くるよ

■細木数子


【竜兵会】
後輩芸人と結成した「竜兵会」の会長として、よく皆で飲みに行っている。同じメンバーで草野球に興じることもある。飲み会は古くは「竜神会」と称していたが、暴力団の名称のように聞こえることから改名した(自身が番組で触れたことや、ホームページも持っていたため広く知られ、その筋から圧力があったとも言われている[要出典])。飲み会参加メンバーの間では、上島は泥酔すると数々の奇行や名言を連発することから「太陽さま」と呼ばれていて(劇団ひとり命名)、この飲み会にまつわるネタだけを紹介するイベントがたびたび開催されている。

《メンバー》
多くが上島と同じ太田プロ所属:

■上島竜兵(リーダー。別名「太陽さま」)
■肥後克広(ダチョウ倶楽部リーダー)
■デンジャラス
■松村邦洋
■インスタントジョンソン
■土田晃之(元U-turn)
■竹山隆範(カンニング、サンミュージック企画所属)
■長井秀和(タイタン所属)
■山崎晋(元ノンキーズ)
■スマイリーキクチ
■有吉弘行(元猿岩石)
■劇団ひとり(元スープレックス川島)
■ブラックパイナーSOS
■飛石連休・藤井(サンミュージック企画所属)
■西尾季隆(丁半コロコロ、ホリプロ所属)
■小山薫堂(放送作家)
■小倉伸一(ディレクター)
■古坂和仁(元底ぬけAIR-LINE、ホリプロ所属)
■杉浦双亮(360°モンキーズ)

(出典:Wikipedia)

[PR]

洋画・邦画・アニメから教養コンテンツまでDVDの種類が豊富、迅速なお届け。DVD専門ネットショップ、企画やキャンペーンも豊富。会員登録で500ポイントプレゼント



この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。