Google
 

松嶋尚美(オセロ)

松嶋 尚美(まつしま なほみ、1971年12月2日 - )は、日本のお笑い芸人で、ある。

大阪府東大阪市出身。血液型A型。身長158cm、体重46.3kg。所属事務所は松竹芸能。漫才コンビ「オセロ」のメンバーで、「オセロの白い方」。またロックバンドKILLERSのボーカル担当。


【略歴】
樟蔭中学校・高等学校を経て樟蔭女子短期大学(現在の大阪樟蔭女子大学短期大学部)卒業。 松竹芸能タレント養成所に入り、テレビリポーターを目指す。 1993年4月29日に中島知子と「オセロ」を結成してお笑いに転向。1995年にオセロとして『第16回・ABCお笑い新人グランプリ』新人賞を受賞。 2006年8月16日、ロックバンド「KILLERS」のボーカルとして大阪城ホールでイベントデビュー。バンド内での名前はNAHOMI☆KILLERでそのバンドのプロフィール内では芸能活動を「裏家業」と言っている。


【人物】
■「オセロの白い方」でボケ担当。

■かなりの天然ボケで有名。(#松嶋の発言を参照)

■しかし本人はそこそこ賢いと思い込んでいるふしがある。

■漢字に案外詳しく、ジャポニカロゴスでの活躍はタモリも感心するものである。

■芸能人の中でも特に霊感が強い事で知られている。心霊スポットなどに連れて行かれると「いる、気持ち悪い、もうこれ以上近付けない」と本当に体調も精神状態も弱ってしまう。

■30歳を超えても若く見せるために、夏季を中心にミニスカート姿の場合が多い。何でも着こなしてしまう点、女性からの支持が高い。

■永久脱毛をしたり、Iライン脱毛にもチャレンジするなど、美容分野への関心も高い。

■身長については2006年7月28日放送の『きらきらアフロ』では158cmと言っていた。

■若い頃の今いくよに似ていると言われる。(今いくよ自身が認めている)

■風呂に入ると必ずストレッチをやる。そのため相方の中島は見たくない物を見せられた経験がある。(中島曰く『熱帯雨林』とのこと)

■記念館が実家の近くにあるというきっかけで司馬遼太郎を愛読。時代小説マニアの兆しが最近窺える。特に幕末の作品に強く、時に歴史や漢字の知識において博学ぶりを発揮しはじめている。(ただし歴史知識はすべて司馬遼太郎の作品からだといっているため、必ずしもその知識が正確であるとはいえない)

■実家ではドッグブリーダーとして何匹もの犬を育てている。

■愛車はトヨタ・タコマ。

■近年、エレキギターを1年間習ったが、現在ではCコードしか覚えていない。

■かなりの愛煙家で、喫煙によるビタミン不足で手が震える。ちなみに相方の中島はタバコを吸わない。そのため、タバコの件ではしょっちゅう中島に突っ込まれている。(以前知っとこ!の中で「JR東日本の新幹線と特急列車が全部禁煙化」という話題が出た時、中島は「分かりましたか、尚美ちゃん。」と冷ややかに突っ込んでいた。これに対し松嶋は「いやや〜、そんなの!」と絶叫していた。)

■名前は“なおみ”ではなく、“なほみ”であるが、相方の中島はそれを知っていながら未だに「なおみちゃん」と呼んでいる(NTTドコモのCMではなほみちゃんと呼称)。

■女優・タレントの原千晶およびジョン・ムウェテ・ムルアカと大の親友関係である。

■従兄の松嶋晃は東大阪市の市議会議員。

■芸能界に入った理由は、ジャニーズ事務所のアイドルであった忍者の正木慎也に会いたかったため。

■映画の取材でジョニー・デップに会って以来、好きなタイプの男性を聞かれるとジョニー・デップだといつも答える。

■松嶋が好きになるタレントやスポーツ選手は、松嶋が「好き」と公言した後、突然の死去や大怪我、活動休止を迎えることが多く(尾崎豊、X JAPANのhide、サッカー選手のベッカム、ORANGE RANGE、阪神の濱中治等)、業界人からは「オセロのホワイトデビル」と恐れられている。この「ホワイトデビル」という名称は、大阪のラジオ番組『サイキック青年団』で北野誠、竹内義和によって広められた。

■九品仏駅の二重の踏み切りにおいて、踏み切りと、踏み切りの間に挟まれた「安全地帯」で電車通過を待っているつもりが、横に並んでいた通行人のおじいちゃんと共に、踏み切りの内側で待っていたため、危うく電車に轢かれかけた。その後警察に事情聴取された。その一部始終を中井貴一に目撃されていた(2003年12月18日OA『ナインティナインのオールナイトニッポン』にて、ゲストで出演した笑福亭鶴瓶による)。


【松嶋の発言】
■西暦は地球が誕生してからの年数だと思っていた。

■ザラメを知らない。

■ハリウッドスターのニコラス・ケイジを本物の刑事さんだと思っていた。(島田紳助も同じ勘違いをしていた)

■ニコール・キッドマンを男だと思っていた。

■同様にハリウッド女優のメグ・ライアンを競馬の競走馬の名前だと思っていた(メジロライアンと混同していた模様)。

■チンパンジーは猿の英語版だと思っていた(チンパンジーとサルとは約3000万年前に進化過程が分化している)。

■マサチューセッツ工科大学は大阪府摂津市にあると思っていた。

■「阪大」とは、大阪大学ではなく「阪急大学」であると思っていた。

■トリノオリンピック開会式をテレビで見たにも関わらず、聖火を聖歌と勘違いし「聖火を見ていない」と力説(2006年2月10日OA『きらきらアフロ』にて)

■フィギュアスケートには有名な「スグリ」と言う名前の外国人選手がいると思っていたが、最近になって村主選手と同一人物と知った(2006年3月11日OA『きらきらアフロ』にて)。

■スイカが地中に実ると発言し、小学5年生に同情された(33才の時)。

■『花嫁は厄年ッ!』にて志村彰プロデューサーを「清水さん」と呼び、ナインティナインの矢部浩之(安土一郎役)に「プロデューサーの名前くらい覚えろや!」と突っ込まれた。

■目黒で自転車に乗っていたところ、頭の上にカラスが止まった。しばらくカラスだと気づかず、そのまま自転車を走らせていた(2006年5月27日OA『きらきらアフロ』にて)

■北朝鮮の金正日の肩書きは「総書記」または「国防委員長」であるが、それは言わずもがな、北朝鮮の政治体制によるものである。にもかかわらず、その肩書きを、学校における学級委員会で言うところの、「書記委員」と勘違いしていた。笑福亭鶴瓶からは、「書記じゃなく、風紀委員の方いませんか」などと突っ込まれる結果となった。(『きらきらアフロ』にて)

■パスポートに有効期限があることを知らず、期限切れを理由に空港で出国を拒否された。この時の目的はドラマのロケ撮影だったため、脚本家が大急ぎで書き直さなければならなかった。(『踊る!さんま御殿!!』にて)

■NAHOMI☆KILLERでライブした時あまりの盛り上がりと一体感に、500mlのペットボトル半分ほど失禁をした(『食わず嫌い王』、『ナインティナインのオールナイトニッポン』、『新堂本兄弟』にて本人談)。

■『ナインティナインのオールナイトニッポン』に出演している(2006年11月30日OA)のに、ナインティナインをいきなり、「コントでもしとったの?ダウンタウンは!」と平然と言ってしまった。岡村は「誰がダウンタウンや!」とつっこみ、矢部は「お前、ホンマにすごいな」と呆れていた。

■鶴瓶が自らが「腸閉塞」にかかった話をしてるにもかかわらず、「偏平足」の話と思い込んで聞いていた(『きらきらアフロ』にて)。

■2007年3月3日OAの『めちゃ×2イケてるッ!』では加藤浩次の名前を加藤トキヤと呼んだ。更に山本の不祥事後のスッキリ!!の真似をした。

■ぴったんこカン・カンで、「このひき肉、ミンチにしてください」と言って、肉屋さんを凍りつかせた。

■肉屋で豚肉を買おうとしたとき分量を訊かれて「このくらい」と手で大きさを示して注文した。(『きらきらアフロ』にて)。

■ジョニー・デップにインタビューするはずなのに、スイッチを入れ忘れた海賊ゲームをして、「壊れた」と言いながら、はしゃいでいた。

■きらきらアフロで、体重計に片足だけ乗せて、もう片方の足を浮かせて体重計の外に出せば、体重計の表示が軽くなると言い張っていた。(笑福亭鶴瓶と口論になり、結局コーナーの最後に実際に体重計が持ち出される事態に)

■メトロノームをメトロノーズと発言。(2007年5月30日OA『きになるオセロ』にて)

■「千代大海が優勝した」と聞いて、「千代大会誰が優勝したん」と周りのスタッフに聞きまくった。

■「西遊記」の猪八戒をイノシシだと思っていた。今田耕司は「こんな知らん人珍しいわ。」と言っていた。

■関西の有名大学「関関同立 産近甲龍」を「関関同立 参勤交代」だと思っていた。

■女優の室井滋を「室井滋子」と発言。

■焼香を「しょうのう」だと勘違いし発言。

■四階をヨンガイと言う。

■太陽と月は同じだと思っていた。

■母親の誕生日に自動販売機をプレゼントしたことがある(『きらきらアフロ』にて)。

■東大阪に住んでいたころ、ベランダでハトが一生を終えた。

(出典:Wikipedia)

[PR]
きらきらアフロ 2005

きらきらアフロ 2005
【お笑い・演芸】 笑福亭鶴瓶とオセロの松嶋尚美がトークを繰り広げる人気TV番組「きらきらアフロ」の2005年放送分をダイジェストで収録した作品。取材風景、また番組では放送されていないプレミアム特典映像収録の2枚組。



この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。