Google
 

いつもここから

いつもここからは、日本人のお笑いコンビである。略称「いつここ」。ワタナベエンターテインメント所属。


【メンバー】
■山田 一成(やまだ かずなり)
・1972年1月31日生まれ。東京都多摩市の出身。
・多摩市立豊ヶ丘中学校卒。国士舘大学卒。
・特技はギター。趣味は昆虫採集。
・高校時代、空手で東京都大会ベスト8になった。また、「キックだけなら世界に通用する」と、空手の師匠から言われたこともある。
・コンビ結成当初はまだUSENの社員で、営業をしていた。そのため、営業回りのスーツ姿のままお笑いライブの舞台に出ていた。
・ヒロシ、今泉稔、世界のうめざわと「ハートせつなく」というバンドを組んでいる。コンビ名が「いつもここから」に決まる前に、候補に上がっていた名前が由来。原由子の楽曲に同名のものがある。
・IZAMは高校の同級生(山田自身が発言)。
・ラジオの企画でビリーズブートキャンプを使ったダイエットに挑戦していた。

■菊地 秀規(きくち ひでのり)
・1976年5月5日生まれ。岩手県盛岡市の出身。
・生まれた病院があった場所には、現在すき家が建っている。
・盛岡中央高等学校卒。
・趣味は絵を描くことで、元々漫画家を目指して上京したという。雑誌に漫画を連載していたこともあり、立派な特技とも言える。「悲しいとき」に使われる絵は菊地が担当した。また、ネタ本『悲しいとき』の巻末には彼が描いた短編漫画が掲載された。
・絵と並ぶ、もう1つの特技はギター。NHKの『爆笑オンエアバトル』の特別番組ではギターを担当し、『カントリーロード』の演奏に参加した経験を持つ。


【来歴】
1995年春にバンドのメンバー募集で出会った山田一成と菊地秀規の2人が、突如お笑いに目覚めて1996年7月に結成。地道なライブ活動を重ねた後、ネタ見せTV番組に起用されるようになってから、従来の笑いの文脈からもコメディーの文法からも著しく逸脱したオリジナリティに溢れるネタの数々が話題を呼び、その知名度を一気に上げる。ネタ本『悲しいとき』なども出版されている。

テレビ番組『ピタゴラスイッチ』にもレギュラー出演。同番組でリリースした「アルゴリズムたいそう&こうしん」のCDは特に人気を呼び、結果、子供からお年寄りまで幅広い層に支持されるようになった。「いつここといえばアルゴリズムだ」という人も多い。

コンビ名には「初心忘れるべからず」の思いが込められている。

CMでU.N.O.BANDに参加。


【ネタ】
交代で叫んだりツッコんだりする、独特なスタイルのネタが中心。

■悲しいとき
山田がネタを叫び、菊地がネタを叫びながらスケッチブックめくってイラストを見せる、という流れを繰り返す。「誰かが死んだとき」(当初は「友達が死んだとき」だった)で始まり、「夕日が沈むとき」で締めくくる。スケッチブックを効果的に使用するというネタの独創性は、以降、スケッチブックを使用するお笑い芸人が続々と現れるほどの強い影響力をもたらした。「がぶ飲みミルクコーヒー」CMの際は「がぶ飲みしたいとき〜」に言い替えられている。

■ツッコミ暴走族
「どけどけどけ〜どけどけどけ〜邪魔だ邪魔だ、どけどけどけ〜」と特攻服姿で登場。2人が縦に並び前のほうが「〜だバカヤロ、コノヤロオメェ(聞こえ方は“コンニャロオメェ”)」と言って、後ろのほうがそのネタに「コノヤロオメェ、〜バカヤロコノヤロオメェ」とツッコみ、前後を入れ替えこの流れを繰り返す。入れ替えと退場時も登場時と同じ口上を繰り返す。2人ともバイクのハンドル部分だけを切り取ったものを持って行う。(なお、エンタの神様ではバイクのハンドルがネタ用に用意されている。)

■かわいいね
親子に扮した二人が、ある人間の行動を指しながら「(『か』を強調して)かわいいね」と言った後、もう一人がツッコミを入れ「かわいいね」と言う。この流れを交代で繰り返す。2006年現在はエンタの神様でこのネタが中心。

■偉そうなのに
偉そうな男(山田)が見せる、ちょっと気になる行動を菊地が紹介。
この他に、爆笑オンエアバトルや単独ライブなどで行った「ズボン脱ぎ」「バックオーライ」などがある。
これ以外に「ぬいぐるみ」などのコントもあるが、あるあるネタと同じくボケ・ツッコミのないシュールなスタイルの構成になっている。
あるあるネタの大半は日の目を見ずに封印されるらしい(単独ライブDVDより)。また、ツッコミ暴走族の「結婚したくない男出川哲朗だよねって言ってる女がいたんだ」など、時事的な理由で使われていないものもある。


【逸話】
■菊地はかなりの天然で「相方山田の番号を自分の番号と思い込んで人に教えていた」、「同じ事務所のアンガールズ田中に自分の唾の匂いをかいでくれと頼んだ」などの様々なエピソードを持つ。

■ある学校の文化祭に呼ばれたとき、くじ引きに使われた箱を見て「これダイソーじゃない?」「下にダイソーって書いてある」と二人で盛り上がった。このように、山田が菊地の天然に乗ることもある。

■「悲しいとき」のイラストは基本的に菊地が書いているが、山田が絵を書いた「悲しいとき2」を単独ライブでやったことがある。

■「ピタゴラスイッチ」出演時にはコンビ名は表記されず、本名のみテロップで表記される。これは、『「いつもここから」というコンビ名が子供に伝わりづらい』との理由から。

■「悲しいとき」のネタ(紙芝居)が、熊本市現代美術館の常設展示になっている。

■同事務所のアンガールズとは仲がよく、一緒に大阪に営業に行った際帰りの新幹線を一本遅らせてたこ焼きを食べに行ったりもした。田中卓志の持ちネタ『野球拳の演奏をするドラマー』のネタは菊地との掛け合い(じゃれ合い)の中から生まれた。

■菊地はスピリチュアルな力を信じていて、ポッドキャスト番組内の当てモノコーナーでは自称超能力を使っていたが、的中することは滅多にない。

■菊地は「ひでのり」という名前が恥ずかしく(子供のころ白子のり等と馬鹿にされたため)自分の名前は「ひでき」だと相方である山田をコンビ結成前3年間騙していた。


いつもここから公式ホームページ

(出典:Wikipedia)

[PR]
カントリーマン

カントリーマン
洋画・邦画・アニメから教養コンテンツまでDVDの種類が豊富、迅速なお届け。DVD専門ネットショップ、企画やキャンペーンも豊富。会員登録で500ポイントプレゼント



この記事へのトラックバック

●悲しいとき&それを通り越してむかつくときー電車編
Excerpt: 「いつもここから」風に読んでください。 悲しいときー、悲しいときー 太陽の光がすごい斜めに入ってきていて前のカーテンを閉めないと意味がないのに 前の人がカーテンを閉めてくれないときー 太..
Weblog: 一家庭教師のブログ
Tracked: 2008-10-13 23:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。