Google
 

イジリー岡田

イジリー岡田(-おかだ、1964年9月23日 - )は、東京都出身のお笑いタレント、ものまねタレント。本名は岡田 昇(おかだ のぼる)。ホリプロ所属。浦和実業学園高等学校卒業。


【来歴・人物・芸風】
東放学園専門学校在籍時代から番組制作に携わり、小堺一機、関根勤の下積み時代のライブにも裏方のバイトとして参加するなどの経験。相方を半ば強引に誘いキッドカットというコントコンビを結成し、1986年デビュー。ホリプロお笑い部門の第1号タレントとして、数多くのバラエティ番組のオーディションで優勝、レギュラー番組も決まりだして順風満帆に思えたが、遅刻癖が原因で相方が事務所に解雇され、1990年に解散となり、ピン芸人としての活動を始める。

コンビ時代からホリプロのアイドルイベントで前説や司会を担当していたことから、学研の雑誌「MOMOCO」でデビューしたてのアイドルと対談するコーナーの連載が決まる。そこで何かペンネームを付けようとなり、客いじりが上手いからペンネームは『イジリー岡田』、コーナーのタイトルは『イジリー岡田のアイドルいじり』に決まる。最初はあくまでペンネームだったがコーナーの人気が上がるにつれ事務所もその気になり、マネージャーに「お前明日からイジリー岡田だぞ!問題ないな!」と一方的に通告され正式芸名が決まってしまう。イジリー曰く「そんな最低な名前、嫌に決まっているじゃないですか!」


《ギルガメッシュないと》
ゴールデンを狙うための足掛かりに、あくまで3ヶ月の予定で伝説の深夜番組、『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)のレギュラーに抜擢される。萩本欽一を尊敬し、下ネタ嫌いを公言していた本人の気持ちとは裏腹に、番組は、午前2時台で5%以上という深夜枠では脅威的な高視聴率を叩き出して、結果的に放送は91年10月から、98年3月終了までの6年半も続きイジリーは自他共に認める日本一のエロタレントのジャンルを確立した。

■最初はあくまで都内のデートスポットや流行の映画・芝居を紹介するお洒落な情報番組だったが、イジリーの出番だけ「AV女優のお宅訪問」であった。

■番組企画の一環として、1993年12月にはAV女優の憂木瞳とデュエットしたシングル、『マンゴ・ナタデ・ココ』(ポニーキャニオン)をリリースしている。ちなみにノーギャラであった。


《ギルガメッシュないと終了》
『ギルガメ』終了後は、事務所の命令で下ネタ封印や子供向け特撮番組出演などのイメージ改革に取り組むが、2001年「27時間テレビ」深夜枠「裏めちゃイケ」で冒頭から陰核を連想させるギャグを連発する型破りな司会ぶりが業界内で伝説化され、本格的なエロ芸解禁となり現在の活躍に至っている。ただしギルガメ終了直後の1998年の27時間テレビのの深夜コーナーで司会をした際にはエロならおまかせと言いながら登場するなどノリノリで司会をしていた。

■『ギルガメ』終了後もその影響は未だに根強い。NTV系「まねキン」ではお台場のパレットタウン、ヴィ−ナスフォ−トにロケの立ち入りを禁止されていた。

■AV男優と誤解される事も多く、たまにアダルトビデオへの出演オファーがある。

基本的にはしゃべりやものまねを得意とするタレントである。『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)に出演していたこともあり、イジリーという芸名は卑猥な印象を与えるが、「イジリー」は「素人いじり」「客いじり」(=観客などをネタにして笑いをとる事)が上手いことから名付けられた芸名である。ちなみに、NHKではこの芸名は使えずに、本名の岡田昇で出演することが多い。 『ギルガメ』出演時は、フジテレビの『ものまね王座決定戦』に出たがっていたと言われるが、現在、日本テレビの『ものまねバトル』に出演中。ギルガメ時代に鍛えたのか、舌を異常に高速でレロレロさせる「高速ベロ」が得意。「天才エロ芸人」の異名を持つ。

三沢光晴のものまねからも分かるようにプロレスファンとして知られ、2005年7月18日の『プロレスリング・ノア 東京ドーム大会』には後輩・ダウソタウソ(ダウンタウンのそっくりさんコンビ)の松本等しいを引きつれ、プライベート(自費)で来場した。また、 2006年3月21日に行われた全日本プロレスのファン感謝デー興行で、三沢光晴に扮して小島聡とタッグを結成。武藤敬司・神奈月(神奈月は武藤敬司に扮して登場)と、本当のプロレスの試合を行い、好評を得た。

1994年から1996年にかけ、日本テレビの早朝の子供向け英会話番組『Hayami English Network (HEN)』に、めんどりの着ぐるみで登場していたことがあったが、エロ芸人ぶりは子供相手の番組のせいか封印されていた。

イジリーのエロな芸風は前述の通りであるが、本人はそもそも下ネタが嫌いで、芸人にありがちな乱れた女性関係を嫌悪していたと発言しており、芸風とは裏腹に極めて道徳的な人物である。よってその様な芸風は本意ではなく、『ギルガメッシュないと』というエロ中心の番組の中で、本人の嗜好とは関係なくやらざるをえない状況の中で生まれた芸であり、当時はつらい思いもしたようだ。 「アメトーーク」では女性ゲスト(安めぐみ、MEGUMI、熊田曜子、安田美沙子、ほしのあき、時東ぁみ、夏川純、山本モナ、矢口真里)の楽屋にスペアキーで入り、ゲストの私物を物色し、歯ブラシを舐める、食べかけのお弁当を食べる等のお決まりの役割を果たしている。結局は、苦情が殺到された。


【主なものまねのレパートリー】
宮崎駿
綾小路きみまろ
石立鉄男
三沢光晴
渡辺篤史
柳生博
星野仙一
坂上二郎
岸田今日子
安斎肇
小出義雄
杉村太蔵
江川卓
下條アトム
森本レオ

なお、歌唱力もプロ並である。

さとう宗幸 (中学2年生の頃から)
森山直太朗
河口恭吾
松山千春
はしだのりひこ
北島三郎
稲垣潤一


イジリー岡田オフィシャルブログ・イジリーライダー

(出典:Wikipedia)

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!



この記事へのトラックバック

熊田曜子 youtube関連 最新トピック
Excerpt: 韓国ドラマ 春の日熊田曜子がソファに座ってパンチラ ... ハリウッドとほとんど...
Weblog: 熊田曜子 画像動画情報ブログ
Tracked: 2007-10-23 08:01

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。