Google
 

ギャル曽根

ギャル曽根(ギャルそね、1985年12月4日 - )は、日本のタレント、フードファイター、グルメコメンテーター。本名、曽根 菜津子(そね なつこ)。京都府舞鶴市出身。

ギャルソネと表記されることもある。ワタナベエンターテインメント所属。キャッチコピーは「大食いクイーン」。

【来歴】
■京都府立西舞鶴高等学校卒業。調理師免許所持。

■身長162cm、体重43kg。

■地元でアパレル関連の仕事をしていたが、2005年から大食いのテレビ番組に出演するようになり、2006年の『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦』、2007年の『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王限界死闘編』(テレビ東京)などで優勝。『ラジかるッ』、『大笑点』(日本テレビ)では、同じく大食いのジャイアント白田(白田信幸)と大食い対決している。

■当初は素人としての番組出演だったが、2006年に大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントと契約してタレント活動を始めた。2007年4月に、辻希美(妊娠脱退により安倍麻美が参加)、時東ぁみと共に藤田志穂のプロデュースによるパラパラギャルユニット・ギャルル結成を発表。曽根は「そねね」として登場した。初代リーダー辻の脱退により、二代目リーダーとなる。

■2007年度『日本新語・流行語大賞』にて「大食い」がトップテンに入賞し、その受賞者となる。


【人物・エピソード】
■家族は母と姉と弟。大食いは家族や母から受け継がれたものであり、母の料理は普段から量が多く家族も皆沢山食べていたこともあって、幼い頃から大食いであった。父は地元企業の社長で豪邸に住む等裕福な生活だったが、小学校3年の時にギャンブルで借金を作った事が原因で失踪され、豪邸を手放す等裕福から一転し質素な生活を余儀なくされた。しかし、母はそれでもめげずに大食い料理を作っており、高校生時代3年間付き合っていた彼氏を度々自宅に招き、家族と食事を共にした際、母は「男の子は沢山食べるでしょう!」と、ハンバーグ合計7枚などの大量の食事でもてなした事もあった。

■中学校時代、姉と共に陸上部に所属し、複数の市民マラソンに出場しては姉妹揃って1位・2位を取っており、地元の市民マラソン常連者の間では、市民マラソン荒らしの異名を取っていた。

■憧れの芸能人は浜崎あゆみで、中村有志が命名した芸名の通り、ギャル系メイクが特徴。大食い対決の途中でメイクを直したことがある。

■他の大食い選手が必死の形相で手当たり次第に食物を口に詰め込むことが多いのに対し、好きなものばかりをよく噛みながらマイペースで美味しそうに口に運ぶ、大食いとしては異色な(食事としては健全な)行動が目を引き、人気を博す(なお、大食い対決・大会以外の食事も同様のスタイルである)。

■マヨネーズを常に携帯しているという「マヨラー」でもあることからギャルマヨとも呼ばれている。3日で1本消費するといい、いつも箱買いしている。

■大食いタレントとしては珍しく食べ物の好き嫌いが多いのが特徴。好物は、大トロ・特上カルビ・ウニ・卵料理・ピンクレモネード・爽健美茶・アクエリアスなど。不得手は、蕎麦・魚介類(カニ・魚を除く)・数の子・レバー ・豆腐・こんにゃく・メロン・ココナッツなど。

【姫路在住時代・東京生活関係】
■2007年夏までは兵庫県姫路市に住んでいたが、 東京が主な仕事場であり、仕事が忙しいため姫路にはあまり帰らず、実家や東京に住む友人宅(着替えの衣類も置いてもらっていた)やインターネットカフェにいたりそこで寝泊りすることが多かった。そこで同年夏に東京に引っ越してきた。

■姫路在住時代は、普段の食費を節約しつつも大食いしたいため、もやしを大量に買い込んで消費していた。

■東京に引っ越し後、普段の日等は財布を持ち歩く事はなく、チャレンジメニュー実施店で夕食を取って賞金を稼いでいたり、また別のお店では食事永久無料のカードを持っており利用している。また、以前より質の良いものを食べるようになった。

【身体関係】
■2007年7月17日放送のラジかるッにて内臓(胃)のレントゲン写真が本人不在ながら公開されていた。通常時は普通の人とさほど変わらない胃の大きさであるが(同年7月22日行列のできる法律相談所でも同様の本人談有)、大食い時はほぼ全面胃しか写っていない状態に見えるほどかなり大きく膨れ上がっていた(なお、他の内臓は背中方面に押し寄せられてしまうと西川史子が説明していた)。その時の外見は同番組の大食い対決コーナーで何度か映っている様にまるで妊婦の様になっている。2007年9月29日放送オールスター感謝祭では、食前のウエストが約63cm(服を着た上から計測)だったのに対し、食後に計測した際には83cmと20cmも膨れ上がっていた。

■テレビ番組では彼女の内臓について医学的検証を複数の医療機関の協力の元にて行っている。それによると、ビフィズス菌がきわめて多いこと(腸内細菌の検査をしたところ、一般女性の平均は10%〜15%に対し、50%以上をビフィズス菌が占めることが判明、「生まれたての赤ちゃんのよう」と評された)。食べても血糖値がほとんど上がらず脳内の満腹中枢が刺激されないこと、普通の人は寝るときは体の代謝が少なくなるが、サーモグラフィーによる調査では寝ているにも関わらず体の活動が起きているのと同じ状態に近いこと、などの特徴が挙げられている。実際に糖の検査に当たった医師は「50年近く医療に携わってきた医師として、極めてまれなケース」と証言している。

■2007年8月28日、右臀部骨折が発覚。軽症のため自然治癒にまかせた。仕事のスケジュールに影響無し。

【大食い対決・大会関係】
■勝ち負けよりも「自分の食べたいように食べる」ことにこだわるようである。

■2005年10月23日放送の『元祖!大食い王決定戦』における食パン大食い対決では、ジャムを大量に使い、食パン7斤=2.33kgを食べるのにジャム1kg以上を用いた(バター、ジャムなどは好きに付けて良いルールとなっていたが、その重量はカウントしないルールである)。この勝負では最後の一枠で勝ち残ったが、負けとなる最下位との差はわずか6gであった。

■同番組での蕎麦対決では、競技の終盤で蕎麦に飽きてしまい、おかずの天ぷらのみを食べ、勝負に負けてしまった(食パンと同様、蕎麦のザルの枚数のみがカウントされ、天ぷらは競技の対象外だった)。競技終了後も、蕎麦のみを食べた隣の選手が残した天ぷらを食べており、余力を残して負けると言う大食いでは珍しい負け方をしたことにより、勝ち負けにこだわらない姿勢が注目を集めた。

【地元での知名度関係】
彼女の出身地は京都府舞鶴市であるが、彼女を幼少の頃から知る人たちが彼女を大食いクィーン「ギャル曽根」と知る過程には時間差が生じていた。彼女が一躍有名になったのは2006年の『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦』であるが、関西でこの番組が放送されているのはテレビ東京系列のテレビ大阪で、京都府でも大阪から直線距離にして約100km離れている舞鶴市では受信不可地域となっている(テレビ東京系列の番組を舞鶴市で視聴することは、一部ならBSジャパンで可能となる)。

このような放送環境のため暫くの間、地元では彼女の活躍を目にする機会が少なく、大食いクイーン「ギャル曽根」としての認知度は低かった。その後、彼女が他局の番組にたびたび出演するようになり、テレビで目にする機会が増えたことから、地元の人間にも大食いクイーン「ギャル曽根」=曽根菜津子という一致事項が出来上がるようになった。


ワタナベエンターテインメントの公式プロフィール
ギャル曽根BLOG ごはんは残さず食べましょう


(出典:Wikipedia)

この記事へのトラックバック

「ギャルル」についてのブログリンク集
Excerpt: ギャルル に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…
Weblog: 最新ブログをまとめて検索
Tracked: 2008-01-24 13:45

[5人目]ああ、ギャル曽根様
Excerpt: 素敵です。 ア~ンパックンが好きです。 お皿タワー展望台、天まで積もうよ。 ちょっと、あの店、食べちゃって。
Weblog: 本日の女性 ~人の好みは十人十色~
Tracked: 2008-02-11 00:43

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。