Google
 

博多華丸・大吉

博多華丸・大吉(はかたはなまる・だいきち)は吉本興業東京本社(東京吉本)に所属する日本の漫才コンビ。1990年5月にコンビ結成し、吉本興業福岡事務所(福岡吉本)からデビュー。福岡で活動した後、2005年に上京し、吉本興業東京本社の所属となる。博多弁漫才を全国展開し活躍している。略称は華大(はなだい)。


【メンバー】
■博多華丸(はかた はなまる、本名 岡崎 光輝(おかざき みつてる))
1970年4月8日生まれ。福岡市早良区出身。ボケ担当。

■博多大吉(はかた だいきち、本名 吉岡 廣憲(よしおか ひろのり))
1971年3月10日生まれ。福岡県糟屋郡古賀町(現・古賀市)出身。ツッコミ、ネタ作り担当。


【来歴】
福岡大学在学中には2人とも落語研究会に所属し、そこで知り合いコンビを結成する。吉本興業福岡事務所の1期生のオーディションに合格し「鶴屋華丸・亀屋大吉」(つるやはなまる・かめやだいきち)としてデビューする(後に2人とも大学を中退)。福岡県をはじめとする九州・山口地方ではトップクラスの人気があり、全国デビューする前の1995年にフジテレビ『めちゃ²モテたいッ!」』(『めちゃ²イケてるッ!』の前身番組)で「福岡の人気芸人」として紹介され、福岡に来たナインティナインらとの共演も果たしている。また、本格的な全国デビュー前も『爆笑オンエアバトル』に出演しており、他地域でもお笑いファンには一定の知名度があった。

福岡吉本1期生であることから芸歴は長く、NSC9期生の面々 ナインティナイン、 ほっしゃん。、宮川大輔、矢野・兵動ら)が同期生にあたる。

2001年の第1回「M-1グランプリ」では惜しくも11位となり決勝進出とはならなかった。ちなみに、当時は敗者復活枠が無くこの時点で結成10年を超えていた為、次年度以降は出場出来ず、これが最初で最後の出場となった。

2002年頃から東京進出が噂になり始め、当時吉本興業社長だった林裕章から直々に「ぼちぼち福岡からも目玉を出さなあかんな。もちろん君らからや」と言葉を投げかけられるものの、直後に林社長が病に倒れ会長職に退いたことや、福岡吉本も一枚看板「華大」がいなければ巡業などの仕事も減る為、この話は一度立ち消えとなった(テレビ西日本「ふとっぱら」より)。

2004年4月、「名前を変えればM-1に出られる」という単純な理由(実際は改名後1回もM-1グランプリに出場していない。)と、元祖爆笑王に「福岡吉本らしい屋号にしたら?」と勧められ屋号を博多に変更した現在の芸名となり、2005年4月に3年越しの念願であった東京本社へ移籍。移籍後はルミネtheよしもとでの舞台などが主な活動の場となっている。また、月に数回は福岡での仕事も出張として行っている。しかし、テレビ局や制作会社には新人とみなされたため、東京進出直後はテレビ出演一本あたりのギャランティは福岡時代より断然減っていて、出演数をこなしているのでそれなりの生活が出来ている状態であった。また、上京直後に初めて笑いの金メダルのオーディションを受験した際、担当ディレクターが福岡出身で尚且つ学生時代から華丸・大吉のファンであったことから「お願いですから(たった1分の出演のために)こんなオーディション受けないで下さい」と言われたことがあり、エンタの神様のオーディションにも落選している。芸歴が長く場慣れしているため、この手のお笑い番組が求める新鮮さとは合わず、当時はなかなか仕事がもらえなかった(2007年・ナイトシャッフルでの発言より)。

2005年10月、とんねるずのみなさんのおかげでした内のコーナー、博士と助手 〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜の第6回大会に華丸が出場、児玉清のモノマネで優勝し、注目を浴びる。(その後、第7回大会も優勝し、連覇する。)

2006年2月、『R-1ぐらんぷり』の決勝に進出。児玉清のモノマネのネタで、華丸が優勝。なお、この大会で披露したネタを作ったのは相方の大吉であり、裏方に回って華丸を支えていた。ちなみに2005年時の優勝者のほっしゃん。とは吉本の同期にあたる。

2006年5月19日にはなかやまきんに君からの紹介で『笑っていいとも!』のテレフォンショッキング出演を果たす(1週間前の同コーナーには偶然にも児玉清が出演していた)。

2006年に、親交があるつんくが福岡で活躍していたタレントの出光加奈子と結婚したが、紹介したのが華丸・大吉であった。華丸は「いつワイドショーが取材に来るか分からないから」と髪を整えてずっと待っていたが、一切取材が無く終わってしまった。

長らく福岡で活躍していたため、東京進出まであまり視聴者には知名度が無かったものの、福岡に仕事でやってくる芸能人・業界人とは親交が深い。華丸は藤井フミヤと飲み友達であり、前述のつんくを始め、三沢光晴や下柳剛など各界に友人知人がいる。

2006年9月3日にはついに『パネルクイズ アタック25・芸能人大会』に出演。ジャガー横田・木下博勝夫妻、山口もえ・魚住りえ、三遊亭好楽・林家木久蔵(現・木久扇)らと共演し、二人の勢いが芳しくないのにもかかわらず特別に児玉清と「アタックチャンス」を披露。さらに最後の問題に華丸が正解したため、児玉の粋なはからいにより、華丸が児玉の物まねで自ら「ラストコール」を行うなど、かねてから憧れていた舞台で憧れのネタを披露出来た。


【エピソード】
■地元福岡では未だに彼らのことを改名前の「鶴屋華丸・亀屋大吉」と言う人が多く、現在の芸名がなかなか浸透していないのが現実であり、「博多華丸・大吉」と名乗る彼らを「博多大丸」(福岡の有名デパート)と勘違いする人も多い。

■R-1優勝者の発表の直後、華丸は「博多のみんな、やったばい!!」とガッツポーズ。続けて「児玉さんに何てお礼を言ったらいいか…」と児玉清に感謝の意を述べた。

■優勝後の会見で、「児玉さんがこんなに浸透しているなんて。皆さんのおかげです」と再び児玉に感謝の弁。司会の宮迫博之に「優勝賞金500万円のうち450万円くらいは児玉さんにあげなあかん」と言われると、うなずきながらも「賞金はネタを一緒に考えてくれた相方と分けます。残りは中洲でボンバーします!!」と発言。相方の大吉は「嬉しい。けれど、賞金はもらえない」、2人で「次はコンビで上方お笑い大賞を狙います」と大きな夢を語る。後日別の番組で華丸が「2人で半額に分ける事を提案したが大吉から却下され、『(華丸の)嫁にあげればいい』と言われた」と語った。尚、同番組で大吉は、華丸が賞金をもらえないのはかわいそうなのでこの250万円は相方のために使うと語っていた。

■「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で優勝し感想を聞かれた時は、児玉のモノマネで「大変結構でございます」と答えた。

■2006年2月、東京MXテレビ『談志・陳平の言いたい放だい』で漫才を披露し、立川談志にその芸を誉められる。

■2006年4月、コンビでTBS系『アッコにおまかせ』に出演した際、オープニングで和田アキ子に「何かネタやって」と言われた時、華丸はすかさず児玉のものまねをしたが、和田アキ子には理解されず「これ本当に似とんの?」と言われ、疑われてしまった。

■2006年4月16日放送の『あっぱれ!!さんま大教授(第59話)』(フジテレビ)にブラックマヨネーズと共にコンビで出演した際、華丸の「児玉清さん御本人が自分のネタの事をどう思っているか気になる」という話から番組スタッフが児玉の元へ取材に行き、華丸が演じる自身のモノマネ芸のVTRを見せて感想を求めるという企画を放映した。この時の取材が、児玉自身が華丸の芸を初めて目にする機会でもあった。VTRで華丸のネタを視聴した児玉は少し戸惑いながらも「モノマネをしてくれてありがとう」と礼を言い、「でも僕は絶対左手では“アタックチャンス”はやりません、必ず右手です」と華丸の芸の間違いを指摘した(尚、これは間違いではなく、「本物である児玉さんが右手でやっているのに、真似をしている自分が右手でやるのは恐れ多い」という気持ちから行っていることである)。

■2006年5月7日放送の『R-1・2006リターンズ』(関西テレビ、全国ネット)で児玉から華丸あてのビデオメッセージが披露された。児玉曰く「僕は正直似ているとは思っていないんだけれども、まわりは似ていると言ってくれている。これは僕が素晴らしいのではなく華丸さんの芸が素晴らしいのであって、感嘆しております」と最大級の賛辞を贈り、最後に「博多華丸さんに、アタックチャンス!」と特別なアタックチャンスを披露した。

■2006年7月5日TBS「はなまるマーケット」に出演した時点で、それまで華丸は児玉と直接会っていなかったが、9月3日放送の朝日放送パネルクイズアタック25「芸能人大会」で華丸・大吉のペアでクイズに挑戦した。

■東京に渡り、知名度・人気共急上昇した現在もなお福岡ローカル番組への出演を続けており、毎週必ず生放送や収録のため福岡に戻っているが、現在は3ヶ月分貯め撮りする事もあるとか。しかしさすがに時間が取れないのか、大吉が自身が司会であるTNCのDRAGON GATE龍の扉に出演する程度で、福岡ローカル番組への出演が減って来ており、TNCのピィース!の人気コーナーである『華大東京化計画』や『サラリーマン華太郎の中洲ぶらぶらでよかろうもん』は2006年9月以降放送されていなかった(『サラリーマン華太郎の〜』は2006年12月から不定期ながら放送されている)。

■前述の通り、華丸は福岡ソフトバンクホークスの大ファンなのであるが、2006年は何故か彼が球場で試合を観戦すると負けてしまうというありがたくないジンクスが出来てしまった。「惨敗の王子」と称号までついている。これはあくまでも2006年に限ったことであり、以前TVQスーパースタジアムの副音声に出演していた頃は勝率が良かった。

■レギュラー番組であるTNCのピィース!のコーナー『華大東京化計画』において、コンビ結成秘話を語りつつ当時よく通った店などを巡るという企画を行い、当時大吉が住んでいたアパートの近くにケン坊田中が住んでおり、よく大吉のところに遊びに来ていたらしく(当時ケン坊は実家で暮らしており、大吉の部屋にちょっとした家出的な形で遊びに来ていたという)福岡吉本のオーディションを知ったのも、ケン坊に聞いて知ったと告白している。実際現在も福岡吉本の1期生の面々はかなり仲がいいと言われている。

■(『華大東京化計画』でのエピソード)「東京で活躍している福岡出身の芸能人が出迎えてくれる」と聞いた華丸・大吉。それも「トップ中のトップ」が待っているらしい。二人は「サングラスが来たらどうする?」などと、タモリに迎えられることを期待してしまった。が、実際に待っていたのは福岡吉本の同期でもある竹山隆範(カンニング)であった。華丸・大吉は最初、「竹山は認めんぞ」と逃げようとしたが結局、3人で東京都内を回ることになった。「TNCの番組にタモリさんが出るわけないだろ!TNCの局にタモリさんが来たとき、スタッフの目つきが変わったこと、お前らも知ってるだろ!」と、竹山。

■華丸は爆笑問題の検索ちゃんで「検索ちゃんぴおん」になったゲストの1人。

■ビートたけしに対する憧れが強く、本当は吉本興業よりむしろオフィス北野に入りたかった。しかし福岡吉本ができたために、吉本入りすることにした。ちなみにビートたけしとは、「たけしの誰でもピカソ(テレビ東京系)」で初共演した。

■爆笑オンエアバトルでゴールドバトラーを獲得した芸人で唯一、チャンピオン大会に出場したことがない。

■福岡吉本出身の華丸・大吉は、札幌吉本出身のタカアンドトシと何かにつけ比較される。
1.両者共、吉本興業の地方事務所の1期生であり、看板タレントであった。タカアンドトシは吉本興業札幌事務所開設時のオーディションを経て、94年に1期生としてデビューし、やがて札幌吉本を担う主力芸人となった。華丸・大吉も、吉本興業福岡事務所開設時のオーディションにより、90年に1期生としてデビューし、瞬く間に福岡吉本を代表する売れっ子芸人となった。因みに両者共、吉本入りする際には、1回目のオーディションでは落とされている。

2.両者共、同期や後輩が先に東京進出を果たす中、近年満を期して上京し、2006年前後から全国区でブレークした。タカアンドトシは、後輩のBコース、アップダウンらが次々と東京に進出する中、2001年にようやく活躍の場を東京に移し、2006年前後から「欧米か!」のツッコミで、全国区でブレークした。華丸・大吉も東京進出では同期のカンニング竹山や後輩のヒロシに先を越されたが、2005年にようやく上京し、とりわけ華丸が児玉清のモノマネを武器に、2005年にとんねるずのみなさんのおかげでした内のコーナー、博士と助手 〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜で優勝したことや、2006年の『R-1ぐらんぷり』で優勝したことにより、コンビ揃ってテレビに出る機会も爆発的に増え、一躍全国区の人気者となった。

3.両者共、ツッコミ役に交際歴の長い彼女が存在する。タカアンドトシのトシには2007年2月現在で交際歴13年の彼女がおり、写真誌でも熱愛ぶりが報じられた。華丸・大吉の大吉も、交際して11年の彼女がいることを2007年1月のテレビ番組出演時に明らかにした。両者共、結婚間近とも言われている。

■2人ともかなりの男前で吉本男前ランキングの上位を常にキープしている。

■2007年の東京吉本の学園祭キング。タカアンドトシやチュートリアル、麒麟が多忙で学園祭に出られなかった分の仕事が回ってきた「棚ぼたのようなもの」らしい。(11月18日の「ナイトシャッフル」での発言より)

■華丸は大濠高校時代に軟式野球部所属であったが、初の全国大会出場を決めた2年生の夏、控えの1塁手だった華丸は練習中に先輩2塁手へ体当たりし、全治1ヶ月の骨折を負わせてしまった。その先輩は残念ながら全国大会に出場出来ずに、華丸も退部することとなってしまった。ちなみに高校時代のあだ名は「ニクボウ」である。


吉本興業 公式プロフィール

博多華丸・大吉私心電信(本人らによるブログ)


(出典:Wikipedia)

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。