Google
 

博多華丸

博多 華丸(はかた はなまる、1970年4月8日 - )は、日本のお笑い芸人で博多華丸・大吉のボケ担当。福岡市早良区出身。本名は岡崎 光輝(おかざき みつてる)。


【人物】
■福岡市立高宮中学校・福岡大学附属大濠高等学校卒業、推薦入学で福岡大学工学部へ(後に中退)。尚、在籍していた落語研究会での高座名は「福々亭さろん」である。旧名・鶴屋 華丸(つるや はなまる)、妻子持ちである。

■福岡ソフトバンクホークスの大ファンであり、長渕剛信者。長渕に関しては熱狂的なファンであり、どんぴしゃの赤峯康一と二人でかつて路上ライブをしたこともある。

■大きな目がトレードマーク。水戸黄門の印籠を出すしぐさをして「よかろうもん!」というギャグをやる(今井雄太郎の「全員三振」を参考にしたものと思われる)。ちなみに元ソフトバンクホークス(2007年より千葉ロッテマリーンズ)のフリオ・ズレータのホームラン後のパフォーマンス「パナマウンガー」の後によかろうもんと付ける様になったのは、彼がこの言葉を教えてパフォーマンスの時にやってくれと頼んだのがきっかけである。

■1997年頃には、CROSS FMで『SHAKE HIP GROOVIN'』というレギュラー番組(平日午後のワイド番組、博多駅のサテライトスタジオからの生放送であった)のメインナビゲーターを務めていた。この番組で後にターニングポイントとなる児玉清のものまねを始める。

■2001年頃から一時期、単独で吉本新喜劇に在籍していたことがある。

■一生のライバルは、同期で兄貴分のコンバット満だと語っている。コンバット本人は「もう東京に進出してしまっているし、彼のほうが全然上なのに、ずっとこう言い続けてくれるのが嬉しい」と話している。

■ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜で親権を争う父親役を好演した。


【ものまね】
■ばってん荒川
・特にばってんは十八番の物真似であり、一時は「ばってん室見川」というキャラクターを演じていた。その為、福岡ではどちらかというと児玉よりばってんの物真似のほうが浸透している。
・地元福岡ではスベリ知らずの鉄板ネタであるが、リンカーンで雨上がり決死隊に披露した時は福岡での鉄板ぶりを知らない雨上がりの二人は微妙な顔になった。「カメラ止めてもらっていいですか」「初めてスベリました」と二人はうろたえていた。

■川平慈英
・サッカー日本代表のスターティングメンバーを発表していくうちに「高原!中田!松中!ズレータ!」といつの間にかホークスの選手になってしまう。
・スポーツニュースサッカーコーナーで感情が入りすぎて結果がわかってしまうVTRフリ。
・顔も似ているため、ニュースステーションで川平慈英が出演しているのを見て父親が華丸が出てると勘違いしたエピソードもある。

■手嶋準一(気象予報士)
・手嶋自体は出演しているテレビ西日本の放送エリア外ではほとんど知名度がなく、これもまたばってん同様「地方限定ネタ」の一つとなっている。

■福岡ソフトバンクホークス監督の王貞治
・フジテレビ系列『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権8」ほか(これもまた福岡ではよく知られたネタのひとつ)。

■トーカ堂社長の北義則(同上)

■横峯良郎(同上)

■みのもんた
・テレビ東京『ぶちぬき』木曜・極楽とんぼの「鬼のツボ合戦」で2005年に披露。

■『アタック25』司会者・児玉清
・2005年11月には、『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権6」に出場。児玉清のモノマネで見事優勝した。12月29日に放送された「全国大会」でも児玉清のモノマネで再度優勝。賞金100万円を手にした。
・2006年はR-1ぐらんぷりに出場し児玉清のモノマネ(あいうえお作文「あ行」から「た行」)で優勝、トロフィーと賞金500万円を獲得した。
・2006年7月31日の『豪華77組新ネタライブ笑う夏休み最強スペシャル』(テレビ朝日)のモノマネコーナー「六本木ゼミナール夏期講習」で、児玉清(あいうえお作文の「あ行」・「は行」・「ま行」)や川平慈英のモノマネを披露した。
・2006年9月3日放送の「アタック25芸能人大会」で児玉と初共演。博多華丸・大吉ペアとして青の解答者となり、出場した。優勝こそ出来なかったが、本家とのWアタックチャンスが実現し、他の出場者・観客から拍手と爆笑が溢れた。また解答者の紹介の時、今の気持ちをあいうえお作文の「あ行」で表現するため、児玉清から合いの手を入れてもらい、ネタを披露した。最後の問題ではペアで答えた後、華丸自身で「ラストコール」をした。
・児玉の物まねとして、2007年8月25日に行われた日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)1部・川崎フロンターレ対ガンバ大阪戦で川崎が行った集客PRキャンペーン「アタック!25日」に登場した。福岡市にもJリーグクラブ・アビスパ福岡があり、その応援もしている華丸は川崎からの依頼にためらったものの、この年は福岡が2部にいて、川崎とは直接対戦しないので出演を決めたと自らのブログで説明した。
・児玉にはかなりの敬意を抱いているようで、福岡放送のナイトシャッフルの2007年5月27日放送分(スペシャル)においての大吉の発言によると、「ホリくんがやる『えなりかずきが絶対に言わない事』見たいな事を(児玉清で)やればいいのにという話が出ても、本人は『児玉さんに失礼だから』と断固やらない」という。


(出典:Wikipedia)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83575381

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。