Google
 

ハイキングウォーキング

ハイキングウォーキングは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。2001年6月に結成。


【メンバー】
■松田 洋昌(まつだ ひろあき、1976年10月21日 - ) - ツッコミ担当が多い
・富山県富山市出身 / AB型 / 173cm / 60kg / B92cm / W77cm / H95cm
・趣味:料理、高校野球観戦、買物、公園を散歩、読書(雑誌)、服集め / 特技:スポーツ全般
・芸人になる前はパティシエとして洋菓子店で働いていた。
・前に組んでいたコンビのコンビ名は「ハックルベリー」。
・「マンスリーよしもと」が実施している吉本男前ランキングで、2006年度17位、2007年度16位。
・実家の犬は、少し肥満気味で、毛がカールしている。
・実家は美容院。
・初めてもらったラブレターを、母親に夕食時家族の前で読み上げられた。
・ほとんどのネタを書いている。
・愛称は「松兄」。
・コンバースはオールスターのハイカット黒を愛用。
・鈴木と比較してしっかり者だと思われているが、意外と天然なところがある。
・真面目な性格は自他共に認めている。

■鈴木 Q太郎(すずききゅーたろう 本名:鈴木 正志、1974年8月14日 - ) - ボケ担当が多い
・新潟県南魚沼市出身 / A型 / 173cm / 64kg / B95cm / W81cm / H98cm / F27cm
・趣味:読書、ビデオ鑑賞/特技:肉の味見、肉を切る(牛、豚、鶏)
・学生の頃、下校途中に屁をずっと鳴らしながら帰ったという伝説がある。今は全身のどこででもオナラの音を出すことができる。
・保育所の頃に馬の顎で頭を割られ、出血した過去を持つ。
・長髪で、自分自身のことをキモイと言っている。長い髪を耳の所で上に折り返した髪型(角髪)は邪馬台国の人にそっくりらしい。ディズニーのファン。
・「マンスリーよしもと」が実施している吉本ブサイクランキングで、2007年度13位。
・前に組んでいたコンビのコンビ名は「サーロイン」。
・33歳の誕生日に彼女に振られた。
・声が(非ダビ声時の)中尾隆聖に似ている。
・愛称は「Qちゃん」。


【ネタ】
■ネタは主にコント。鈴木のキモキャラを売りにしている。元々、何となく髪を伸ばしていたらキモいと言われ始めたことからキャラが定着した。ちなみに、ネタ中によく着ているディズニーキャラクターのマリーの服はプライベートでも着ている。

■ネタ中では鈴木が主体だが、スーパーイリュージョンをはじめとするほとんどのネタを松田が作っている。


《ブス田キモ子》
■『エンタの神様』で披露しているネタ。鈴木が扮するブサイクでキモい女・ブス田キモ子の自意識過剰な発言に対し、松田扮するバーの店員がメニューでキモ子を殴りツッコミを入れるというもの。ちなみに最初の出演時は金属のトレーで殴っていた。

■キモ子が自意識過剰な発言をする前に、「エマニエル夫人」の主題歌の一部が流れる。

■苦情が多かったらしく徐々に放送されなくなり、約1年ぶりの出演となった2008年1月19日の出演では普段と同じコントを行った。


《Mr.スズキックスのスーパーイリュージョン》
■短時間でできるネタとして主にTVで披露しているネタ。鈴木扮するキャラクターMr.スズキックスが様々なスーパーイリュージョン(実際には飲み会の出し物レベル)を行うが、ほぼ失敗し松田にツッコまれる。

■コーラ(番組のスポンサーによってはサイダー・ジンジャーエールの場合もあり)を飲み(だが一気飲みできずに途中で止めて松田に突っ込まれる)「徳川15代将軍の名前」や「山手線・新幹線の駅名」、「ラジオ体操第一」をゲップをせずに言い切る(やり切る)。

■しかし『ウチくる!?』で披露した際、ゲスト出演していた伊達公子夫妻から「(ゲップ芸は)国際的に失礼」と言われ、判定では×をつけられた。

■ヘリウムガスを吸い声を変えずに歌う

■風船を息継ぎなしで膨らませる

■飴の味を変える

■ハンドクリームを塗りたくった手でビンの蓋を開ける

■接着されていないダンボールを潰さずに10秒乗る

■飛ばした風船を瞬時に片手で掴み取る

■ブーブークッションの音を鳴らさずに座る

■手を全く使わずにズボンを履く(唯一、成功するが「くだらない」とツッコまれる)


《髪芸百選》
■鈴木の髪を使ったモノマネシリーズ。
■テンションの上がった海女さん
■邪馬台国が滅び行く時
■オイルショックの女
■女学生
■ブーケを奪い合う女
■パチンコで食う女
■ラーメン
■昭和20年代の女


【逸話】
■松田は富山県立富山商業高等学校在学時、野球部に所属しており甲子園出場を果たすも、レギュラーではなくスタンドでの応援だった。

■鈴木の方が年上だが松田の方が芸歴が1年長いため(松田は東京NSC2期と同期、鈴木は東京NSC3期と同期)、普段はお互い敬語で話しているらしい。しかし、鈴木は小道具を面倒くさいと持ってこなかったり居酒屋に自分から後輩を誘って閉店時間まで寝ていたりとだらしないため、松田が主導権を握っている。

■プライベートでは仲が良くバイクで二人乗りなどもしているが、鈴木が長髪のため後姿でたまにカップルに間違えられる。

■2005年(収録は2004年12月)、松田の地元で行われた『爆笑オンエアバトル』の富山大会で初挑戦にして509KBを獲得しトップでオンエア。
2005年度には平均KB6位通過でチャンピオン大会セミファイナルに進出するが惜しくも6位敗退であった。また、2006年度は5戦3勝とチャンピオン大会の出場条件である年間4勝が達成できず出場していない。

■2006年ごろから、松田の出身地である富山県の富山テレビの番組にも出演しており、富山県のローカルお笑いタレントとは一線を画す仕事ぶりを見せている。

■ラ・ゴリスターズに所属であり、1番先輩のコンビである。その事からかメンバーから慕われている(特に松田)。

■『爆笑レッドカーペット』には毎回出演しており、2007年9月11日に放送された第4弾では、くまだまさしとともに「ビックリイリュージョンショー」と評したコラボネタを披露し(いつも成功するくまだのネタ時と異なり失敗している)、レッドカーペット賞にも選ばれている。同年12月17日放送でもくまだと組み、2人の格好から「ブルマパーティー」というユニット名で参加した。

■鈴木の髪は、乳首から指3本と決まっており、毎回松田が切っている。

■鈴木は、イベントに出演した際のギャラとして、芸で使ったホルモンを現物支給された経験がある。ちなみに、そのホルモンを入れて作った味噌煮込みうどんの味は絶品だったらしい。


ハイキングウォーキングのぶろぐ


(出典:Wikipedia)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87292290

この記事へのトラックバック

おお!これが究極のウォーキング
Excerpt: spalding(スポルディング) カジュアルシューズ(ビジネスウォーキングタイ...
Weblog: ウォーキングって気になりませんか?
Tracked: 2008-04-11 04:14

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。