Google
 

渡辺正行(コント赤信号)

渡辺 正行(わたなべ まさゆき、1956年1月24日 - )は、お笑いタレントである。千葉県夷隅郡夷隅町(現いすみ市)出身。愛称は「ナベ(ちゃんあるいは、さん)」「リーダー」。個人事務所「なべや」所属(と言っても石井光三オフィスの系列であり暖簾分けの状態)。


【略歴】
千葉県立大多喜高等学校を経て、1978年明治大学経営学部卒業。大学在学中は落語研究会に所属。同会に受け継がれた「名跡」である「紫紺亭志い朝」(六代目)を、当時五代目の立川志の輔から襲名。四代目は三宅裕司。

大学在学中の1977年劇団テアトル・エコー養成所に入所。ここで一級上のラサール石井、同期の小宮孝泰とコントグループ「コント赤信号」を結成。1980年フジテレビ系『花王名人劇場』でデビュー。「MANZAIブーム」を初めとしたお笑いブームの最中、人気コントグループとしてテレビを中心に活躍、「赤信号」のリーダーとしてお茶の間で人気を博す。

1988年から1996年まで日本テレビ系で放送されていたクイズ番組『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』で逸見政孝(逸見の死後は、当時日本テレビアナウンサーであった福澤朗とのコンビ)を補佐するサブ司会者を務め、逸見を立てつつ場を盛り上げる司会振りが高く評価されて90年代には多くの人気番組でサブ司会者として活躍。「芸能界のスーパーサブ」の異名をとった。
この手腕?は、中京テレビ制作『あんたにグラッツェ!・あんグラ☆NOW!』ロケにおいて、共演の高田純次、大竹まことの脱線・暴走を上手くコントロールする場面でいかんなく力を発揮。それでも高田の手にかかると、「ナベちゃんたら、ダテに『おはようクジラ』の司会やってたんじゃないのねッ!」「さすが、まとめ役!」と評されてしまう。

現在レギュラー出演中の『さんまのSUPERからくりTV』(TBS系)では関根勤と並ぶ「笑い上手」として番組を盛り上げている。

また若手お笑い芸人の育成に積極的で、1986年から「ラ・ママ新人コント大会」を主宰。所属事務所の枠を取り払った門戸の広いお笑いライブで、過去にはウッチャンナンチャン・ダチョウ倶楽部・爆笑問題・海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)ら、現在活躍するお笑い芸人たちも多数出演している。また2006年6月には芸人を志す一般人を対象とした「お笑いワークショップ」も開講。テレビ朝日系の『M-1グランプリ』では2005年・2006年の決勝で審査員を務めるなど、現在も後進の育成に力を入れている。


【特技】
特技はコーラの一気飲み。かつてレギュラー出演していた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)では、一般出場者が渡辺とコーラの一気飲み対決をするコーナーがあり、そこで渡辺はほぼ無敵を誇った。この特技にまつわるものでは、地方の営業でコーラの一気飲みを披露し、ギャラの100万円を貰うとすぐにその場から消えた、という逸話がある。ちなみに、本人による一気飲みのコツは、「我慢」をすることと、コーラは冷えたものではなく常温のものでないと飲みにくい、とのことだそうである。


【プライベート・その他】
お笑い芸人の中でも屈指のプレイボーイとして知られ、数多くの女性との浮名を流し、「お笑い界の火野正平」という称号を頂戴していたが、1999年9月に18歳年下の女性と結婚し、家庭を持った現在ではよき家庭人となっているようである。2000年に愛娘が誕生してからは特に涙もろくなり、『からくりTV』などで「子供が頑張っている映像」などが流れると、必ずと言っていいほど涙を流している。その一方、明石家さんま主催の合コンには欠かさず参加しているようである。

かつての渡辺の付き人をしていた人物に、現バナナマンの設楽統(したら おさむ)がいる。

テアトル・エコーで劇団仲間だった、声優としての活躍で有名な田中真弓と交際している事を明石家さんまにテレビで暴露された事がある。後にバラエティー番組で、渡辺に加え田中も登場して当時を振り返るという企画もあった。

番組内で自身の愛犬が高田純次にいじめられ、直後に亡くなるという、ショッキングな事件もあった。

極度の高所恐怖症。あんたにグラッツェ!・あんグラ☆NOW!では、本来くじ引きで「当たり」を引いてご褒美として乗れるヘリコプター遊覧等で、不覚にも当たりくじをひいいてしまい、飛行中はずっと眼をつぶり、滝のような汗をかいていた。

(出典:Wikipedia)

[PR]

製薬メーカーが原料からこだわった、生活習慣の改善、ダイエットに期待の成分【DNJ】を含む桑の葉青汁を中心としたサプリメントショップ。【身体の中から美しく】をコンセプトに美しさと健康をお届けします。

若井おさむ

若井 おさむ(わかい おさむ、1973年1月14日 - )は、吉本興業所属のお笑い芸人である。京都府出身(本人談。他に愛知県や大阪府出身と表記されることもある)。大阪府立阿武野高等学校卒業。吉本総合芸能学院(大阪校)24期生。元漫才コンビはちみつメロンのボケ役。2002年3月、ピン芸人としてデビュー。


【プロフィール】
機動戦士ガンダムの主人公、アムロ・レイのモノマネコントをする芸人。ガンダムの有名なセリフを使いコントを進めていく。アムロ・レイの声優古谷徹が演じる星飛雄馬やペガサス星矢のモノマネもする。ただし古谷本人は「僕の声に似ているとは思いません。」と公式サイトの掲示板でコメントしているが、話し方は似ていると認めている。一方、ララァ役の潘恵子には「若井くんの方がアムロを誇張してやってるからアムロっぽい。古谷くんに何かあったらその時はお願いね。」と太鼓判を押されている。

2006年10月1日にテレビ朝日系で放映された「笑いの金メダル」内のコーナー「勝ち抜きワンミニッツショー!」で初の5週勝ち抜き芸人となり、サプライズプレゼンターとして登場した古谷徹と初対面した。また、ガンダムエースのVol.51(2006年10月発売号)では特別企画として古谷徹との対談企画が実現している。

2006年末には、機動戦士ガンダムシリーズを制作したサンライズの忘年会の余興に出演、その際にガンダムの原作者たる富野由悠季との対面も果たしている。

第2回R-1ぐらんぷりから、現在(R-1ぐらんぷり2007)まで、準決勝に進んでいる。

ヨシモトファンダンゴTVで放送していた番組「ワイ!ワイ!ワイ!」のコーナー「今日は誰? 有名人携帯電話の旅」にチュートリアルがMCの月曜日に出演し、経営していた居酒屋が徳井の実家の近所だった(京都の千本今出川)ことや、芸人になるきっかけについて話していた。

コンビ時代の若井を知るブラックマヨネーズは当時の印象を「華がなくて礼儀正しい子だった」と語っている。

2007年3月、オーディションライブでの合格がならなかったbaseよしもとへの挑戦を断念し、東京進出を果たした。


【ギャグ・ネタの特徴】
基本的にはアムロ・レイが日常に現れたという設定で話が進むが、オチは素の関西弁の兄ちゃんに戻って落とすことが多い。 初期の頃は、手作りのアムロ風衣装でショートコント(ガンダムとは関係のない内容)をやっていた。それがモノマネ漫談のような形式に変化し、R-1ぐらんぷりに出場した頃から現在のガンダムを題材にした一人コント形式に落ち着いた。 ネタ衣装は市販の地球連邦軍の男子制服。なお、自室のクローゼットには「お出かけ用」「運動用」「大事な仕事用」「家着用」の男子制服各1着、セイラさんの部屋から盗んできた女子制服1着、その他各種ガンダム衣装が揃っている。

主なセリフ

■自己紹介→「みなさんこんにちは、ガンダムのパイロットのアムロ・レイでおなじみの、アムロ・レイです。」

■ゴキブリが出現→「奴だ、奴が来たんだ!」

■赤信号→「赤い彗星のシャア」

■青信号→「グフ」

■ザク、ザク、ザク(葱を刻む擬音)→「ザク」

■目上の人→「ブライトさん」

■絡んだタレントをガンダムキャラの名で呼ぶこともある。

■なだぎ武のディラン→「ブライトさん」

■友近のキャサリン→「セイラさん」

■おぎやはぎ→「ブライトさん、リュウさん」など。

■その場でやるアムロ以外のモノマネ→「星飛雄馬」、「ペガサス星矢」、「普段のキティちゃん」、「電子レンジ」など

■教習所の教習車を見て一言 ※番組(スポンサー)の都合によりセリフが変わる場合がある。

■R-1→「ジオンのザクか!?、え?、日産のサニー?」

■笑金→「ジオンのザクか!?、え?、ベンツ?」

■笑いの金メダル内のコーナー「ワンミニッツショー」では2週目から、オチが「最初はグー、じゃんけんグー、あいこでグー、僕はパー」というギャグ(これは、元々自動車教習所ネタのオチである「じゃんけんパー、あいこでパー、アタマパー」の変形である)に統一されていた。

主なギャグ

■「ミノフスキー粒子散布」(主に自分に都合の悪い流れになったとき)

■ぶりっ子がしそうなポーズ(両頬に人差し指をあてて体をくねらせる)

■ペコちゃんのようなかわいい顔(右上に舌をだす)


【TV番組等での扱い】
■イロモノ芸人としてアクセント的に呼ばれることが多い。

■「ガンダム芸人」として番組に呼ばれた場合には、終始アムロ・レイの声真似とガンダムギャグに徹する。しかし(地上波では滅多にないが)「芸人・若井おさむ」として出演した際のフリートーク能力も意外に高い。

■ガンダム好きの芸人達からは絶大な支持を受けている(ガンダムオタクである次長課長の井上が好きな芸人のトップに名を挙げる等)。

■ガンダムグッズに埋もれて生活しているため(自称「モビルスーツ屋敷」)相当なガンダムマニアと思われがちだが、しばしば普通の初代ガンダムファンの域を出ないことをうかがわせることもある。

■『ヨシモト∞』(若井おさむ&ネゴシックスの20分)出演時、ネゴシックスから「ガンダムなら何でも答えられるのか」と聞かれ、「答えられる」と言い切ったものの、「第27話のタイトルは」という問いを「それはまた追々…」と言ってかわした。

■『TVチャンピオン2』の「外国人アキバ王選手権」にゲスト出演した際「ガンダム関連ならどんな難問でも答えられる」と意気込んだが、「F90の換装バリエーションを全て挙げよ」と問われると「一年戦争(初代ガンダム)しか分かりません」と答えた。

■『えらすべりネタグランプリ』の楽屋で、ドラえもんを読んでいた。中山功太とネゴシックスに「キャラを考えろ」と注意された。

(出典:Wikipedia)

[PR]
機動戦士ガンダム 1

機動戦士ガンダム 1
宅配DVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』 は、 ネットで借りてポストで返す、日本最大のレンタルショップです。今なら無料でサービスをお試しできる“フリートライアルキャンペーン実施中!

渡部建(アンジャッシュ)

渡部 建(わたべ けん、1972年9月23日 - )は、日本のお笑い芸人。アンジャッシュのツッコミ担当。

東京都八王子市出身。人力舎所属。血液型O型。神奈川大学経済学部卒。


【プロフィール】
■1993年、児嶋一哉とお笑いコンビ「アンジャッシュ」結成。

■相方の児嶋に誘われて、JCAに入った。その為、1期生ではなく2期生になる(児嶋曰く、5人目に誘ったとなっているが真偽は不明)。しかしプロフィールではJCA1期生になっている。

■名の正しい表記は「建」だが,しばしば「健」と間違われる。所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!の公式HPにも、「渡部健」と表記されていた(現在は直されている)。

■英検2級を持っている。


【エピソード・特徴】
■児嶋とは対照的に渡部は高校時代いわゆる人気者タイプであった。

■痩せている。ヘルニア持ちである。

■よくおごったりしているので後輩から人気がある。「普通に本当にいい先輩」らしい。

■イケメンと言われることがあり、『JUNON』で抱かれたい芸人No.1になった。同雑誌にてシャワーヘッドグラビアを披露したが周りからは大不評。本人も突然の撮影に戸惑った(「雑誌の写真撮影」とだけ聞かされてスタジオに行ったところ、突然水着に着替えろと言われ、訳も分からないまま着替えた途端水をかけられたらしい)と『世界まる見え!テレビ特捜部』等で語っていた。横に居た児嶋は「お前がぜひやらせて下さいって言ったんだよな!」などと半笑いで言っていたが、当然渡部は完全否定していた。

■上記の通り、本人はイケメンでないのを自覚している。辺見えみりとの雑誌の対談で本人自ら発言している。

■悪戯好きで同じ事務所であるアンタッチャブルの山崎弘也と組んでいろんな人にちょっかいをかけ、同じくアンタッチャブルの柴田をはじめその場に居合わせた他の芸人もその悪戯に乗ったりする。この為、おぎやはぎの小木博明は事務所の芸人で相方の矢作と児島以外とはあまり接しないようにしており、ユリオカ超特Qなどからは渡部と山崎の組み合わせを「悪魔コンビ」と称されている。また、ドランクドラゴンの塚地武雅なども悪戯の餌食になることがあると言う。

■俳優の伊原剛志に似ているというのが自慢らしい。

■『ネプリーグ』(フジテレビ系)で「日本の歴代女性大臣は?」はという問題で「誰でもいいんでしょ?」と余裕を見せ自信満々に「土井たか子」と答え不正解。原田泰造に「エロかっこいい」ならぬ「アホ格好付け」と言われ「顔がいいのに」と笑いものにされた。

■2005年2月、女優の伊藤裕子と熱愛報道がスクープされた。『エンタの神様』で波田陽区がこのことをネタにしていた。またレギュラー出演していたコント番組『メンB』の『さっくんお兄さんの気にしない体操』というコーナーで佐久間一行に「合コンコントで本当のカップルが出来ちゃった〜♪」といじられた。その後熊田曜子との合コン写真もスクープされている。

■渡部家では大事に育てて大学にまで行かせた息子をお笑いの世界に連れ込んだとして児嶋は嫌われており、「児嶋」と呼び捨てにされているらしい。

■禁煙に成功した。

■姓の「渡部」も「ワタナベ」と間違えて読まれることが多く、行きつけの居酒屋の店主にも「ワタナベ」と呼ばれていて、しばらくすると「ナベちゃん」とあだ名まで付いてしまった。さらに、「ナベちゃん」から「ナベシマ」になり、今では「シマやん」と呼ばれているらしい。原型を留めていないため、今更訂正できない、そのうち「コジマ」にならないかと困っているという。

■渡部がワタナベと間違われることは彼らの中のネタ(ザッツ「アンジャッシュ」メントにある)「心の声」にも出てくる。

■母校の大学祭に凱旋出演した際、「おかえりなさい渡部先輩」の横断幕が欲しかったとコメントしている。

■阪神タイガースのファン。

■小学1年から中学3年までの9年間、八王子リトルリーグに所属。東京ヤクルトスワローズの 遠藤政隆とチームメイトであった。1つ下に元西武の高木大成がいた。


【交友関係】
■交流のある有名人は、くりぃむしちゅー、長井秀和、カンニング竹山隆範、陣内智則など。意外にもライブドアの前社長堀江貴文と交流がある。売れない頃、よく土田晃之と遊んでいた。 

■スピードワゴンの小沢一敬と仲が良く、偶然にも2人は学生時代BOØWYのコピーバンドをやっていた。大抵は渡部が、小沢の家に遊びに行き、酒に酔い、最終的にはBOØWYの解散DVDを見て大合唱し「いつかバンドやりたいね」と語り帰るのだとか。プライベートでは井戸田潤のかわりに「甘ーい」を言い、また対抗して「苦ーい」シリーズを作っている。


【特技】
■歌が上手く、『笑いの金メダル』の企画でスピードワゴンの井戸田潤とペアを組んで高得点を出した。 

■『ウタワラ』(日本テレビ系)のコントではボケ役・女装をやることが多い。逆に相方の児嶋はツッコミ役が多い。くりぃむしちゅーの上田晋也を見て自分もピンで仕事をしたくなってマネージャーにピンで仕事をいれろと言ったことがある。

(出典:Wikipedia)

[PR]

高機能アクセス解析(モバイル対応)や流行のブログパーツ(アクセスランキング、カウンター、Flashティッカー)を無料レンタル!メールアドレスのみの簡単登録で即利用出来ます!SEO対策ツールとして是非!

渡辺鐘

渡辺鐘(わたなべ あつむ、1969年8月27日 - )は放送作家で、お笑いコンビ・ジャリズムのボケ担当。滋賀県高島郡安曇川町(現在の高島市)出身。吉本興業所属、NSC10期生。身長174cm。

ジャリズム結成前ハマっていた『スクール☆ウォーズ』や『東京湾ブルース』テレビ朝日)などのテレビドラマ等をコントのネタにして書いている。コントがあるバラエティ番組に必ずといっていいほど携わっているので、「コント作家」と呼ばれている。なお、番組に出演する際には「渡辺あつむ」、構成作家としては本名の「渡辺鐘」名義に統一している。

ますだおかだの増田英彦とは同級生。中川家とも同じ学校で渡辺の弟は中川家礼二と同級生。

ジャリズム時代は「声がデカい」ということで有名だったが、放送作家時代はボソボソとしかしゃべらなかった。

以前、番組で下ネタを連発した際に、同じく滋賀県出身の声優・雪野五月を怒らせたことがある。


【経歴】
■1991年11月、山下しげのりとコンビ結成。

■1999年、ジャリズムを一度解散し、放送作家に。

■2003年10月、千原兄弟のコントライブ『プロペラを止めた、僕の声を聞くために。』に出演。

■2004年2月、ルミネtheよしもとにて「元ジャリズム祭り」を開催し再結成を宣言。『登龍門F』(フジテレビジョンで2004年5月4日放送)を皮切りに様々なテレビ番組に出演している。

(出典:Wikipedia)

[PR]
ライブドアの運営する結婚支援サイト youbride

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。