Google
 

イジリー岡田

イジリー岡田(-おかだ、1964年9月23日 - )は、東京都出身のお笑いタレント、ものまねタレント。本名は岡田 昇(おかだ のぼる)。ホリプロ所属。浦和実業学園高等学校卒業。


【来歴・人物・芸風】
東放学園専門学校在籍時代から番組制作に携わり、小堺一機、関根勤の下積み時代のライブにも裏方のバイトとして参加するなどの経験。相方を半ば強引に誘いキッドカットというコントコンビを結成し、1986年デビュー。ホリプロお笑い部門の第1号タレントとして、数多くのバラエティ番組のオーディションで優勝、レギュラー番組も決まりだして順風満帆に思えたが、遅刻癖が原因で相方が事務所に解雇され、1990年に解散となり、ピン芸人としての活動を始める。

コンビ時代からホリプロのアイドルイベントで前説や司会を担当していたことから、学研の雑誌「MOMOCO」でデビューしたてのアイドルと対談するコーナーの連載が決まる。そこで何かペンネームを付けようとなり、客いじりが上手いからペンネームは『イジリー岡田』、コーナーのタイトルは『イジリー岡田のアイドルいじり』に決まる。最初はあくまでペンネームだったがコーナーの人気が上がるにつれ事務所もその気になり、マネージャーに「お前明日からイジリー岡田だぞ!問題ないな!」と一方的に通告され正式芸名が決まってしまう。イジリー曰く「そんな最低な名前、嫌に決まっているじゃないですか!」


《ギルガメッシュないと》
ゴールデンを狙うための足掛かりに、あくまで3ヶ月の予定で伝説の深夜番組、『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)のレギュラーに抜擢される。萩本欽一を尊敬し、下ネタ嫌いを公言していた本人の気持ちとは裏腹に、番組は、午前2時台で5%以上という深夜枠では脅威的な高視聴率を叩き出して、結果的に放送は91年10月から、98年3月終了までの6年半も続きイジリーは自他共に認める日本一のエロタレントのジャンルを確立した。

■最初はあくまで都内のデートスポットや流行の映画・芝居を紹介するお洒落な情報番組だったが、イジリーの出番だけ「AV女優のお宅訪問」であった。

■番組企画の一環として、1993年12月にはAV女優の憂木瞳とデュエットしたシングル、『マンゴ・ナタデ・ココ』(ポニーキャニオン)をリリースしている。ちなみにノーギャラであった。


《ギルガメッシュないと終了》
『ギルガメ』終了後は、事務所の命令で下ネタ封印や子供向け特撮番組出演などのイメージ改革に取り組むが、2001年「27時間テレビ」深夜枠「裏めちゃイケ」で冒頭から陰核を連想させるギャグを連発する型破りな司会ぶりが業界内で伝説化され、本格的なエロ芸解禁となり現在の活躍に至っている。ただしギルガメ終了直後の1998年の27時間テレビのの深夜コーナーで司会をした際にはエロならおまかせと言いながら登場するなどノリノリで司会をしていた。

■『ギルガメ』終了後もその影響は未だに根強い。NTV系「まねキン」ではお台場のパレットタウン、ヴィ−ナスフォ−トにロケの立ち入りを禁止されていた。

■AV男優と誤解される事も多く、たまにアダルトビデオへの出演オファーがある。

基本的にはしゃべりやものまねを得意とするタレントである。『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)に出演していたこともあり、イジリーという芸名は卑猥な印象を与えるが、「イジリー」は「素人いじり」「客いじり」(=観客などをネタにして笑いをとる事)が上手いことから名付けられた芸名である。ちなみに、NHKではこの芸名は使えずに、本名の岡田昇で出演することが多い。 『ギルガメ』出演時は、フジテレビの『ものまね王座決定戦』に出たがっていたと言われるが、現在、日本テレビの『ものまねバトル』に出演中。ギルガメ時代に鍛えたのか、舌を異常に高速でレロレロさせる「高速ベロ」が得意。「天才エロ芸人」の異名を持つ。

三沢光晴のものまねからも分かるようにプロレスファンとして知られ、2005年7月18日の『プロレスリング・ノア 東京ドーム大会』には後輩・ダウソタウソ(ダウンタウンのそっくりさんコンビ)の松本等しいを引きつれ、プライベート(自費)で来場した。また、 2006年3月21日に行われた全日本プロレスのファン感謝デー興行で、三沢光晴に扮して小島聡とタッグを結成。武藤敬司・神奈月(神奈月は武藤敬司に扮して登場)と、本当のプロレスの試合を行い、好評を得た。

1994年から1996年にかけ、日本テレビの早朝の子供向け英会話番組『Hayami English Network (HEN)』に、めんどりの着ぐるみで登場していたことがあったが、エロ芸人ぶりは子供相手の番組のせいか封印されていた。

イジリーのエロな芸風は前述の通りであるが、本人はそもそも下ネタが嫌いで、芸人にありがちな乱れた女性関係を嫌悪していたと発言しており、芸風とは裏腹に極めて道徳的な人物である。よってその様な芸風は本意ではなく、『ギルガメッシュないと』というエロ中心の番組の中で、本人の嗜好とは関係なくやらざるをえない状況の中で生まれた芸であり、当時はつらい思いもしたようだ。 「アメトーーク」では女性ゲスト(安めぐみ、MEGUMI、熊田曜子、安田美沙子、ほしのあき、時東ぁみ、夏川純、山本モナ、矢口真里)の楽屋にスペアキーで入り、ゲストの私物を物色し、歯ブラシを舐める、食べかけのお弁当を食べる等のお決まりの役割を果たしている。結局は、苦情が殺到された。


【主なものまねのレパートリー】
宮崎駿
綾小路きみまろ
石立鉄男
三沢光晴
渡辺篤史
柳生博
星野仙一
坂上二郎
岸田今日子
安斎肇
小出義雄
杉村太蔵
江川卓
下條アトム
森本レオ

なお、歌唱力もプロ並である。

さとう宗幸 (中学2年生の頃から)
森山直太朗
河口恭吾
松山千春
はしだのりひこ
北島三郎
稲垣潤一


イジリー岡田オフィシャルブログ・イジリーライダー

(出典:Wikipedia)

[PR]

「豆乳クッキーダイエット」祝1500万食突破!2006年、楽天年間ランキング総合第1位受賞商品です!!12秒に1箱売れてます☆
たったの146キロカロリーなのに、栄養も満足感も◎!!

いつもここから

いつもここからは、日本人のお笑いコンビである。略称「いつここ」。ワタナベエンターテインメント所属。


【メンバー】
■山田 一成(やまだ かずなり)
・1972年1月31日生まれ。東京都多摩市の出身。
・多摩市立豊ヶ丘中学校卒。国士舘大学卒。
・特技はギター。趣味は昆虫採集。
・高校時代、空手で東京都大会ベスト8になった。また、「キックだけなら世界に通用する」と、空手の師匠から言われたこともある。
・コンビ結成当初はまだUSENの社員で、営業をしていた。そのため、営業回りのスーツ姿のままお笑いライブの舞台に出ていた。
・ヒロシ、今泉稔、世界のうめざわと「ハートせつなく」というバンドを組んでいる。コンビ名が「いつもここから」に決まる前に、候補に上がっていた名前が由来。原由子の楽曲に同名のものがある。
・IZAMは高校の同級生(山田自身が発言)。
・ラジオの企画でビリーズブートキャンプを使ったダイエットに挑戦していた。

■菊地 秀規(きくち ひでのり)
・1976年5月5日生まれ。岩手県盛岡市の出身。
・生まれた病院があった場所には、現在すき家が建っている。
・盛岡中央高等学校卒。
・趣味は絵を描くことで、元々漫画家を目指して上京したという。雑誌に漫画を連載していたこともあり、立派な特技とも言える。「悲しいとき」に使われる絵は菊地が担当した。また、ネタ本『悲しいとき』の巻末には彼が描いた短編漫画が掲載された。
・絵と並ぶ、もう1つの特技はギター。NHKの『爆笑オンエアバトル』の特別番組ではギターを担当し、『カントリーロード』の演奏に参加した経験を持つ。


【来歴】
1995年春にバンドのメンバー募集で出会った山田一成と菊地秀規の2人が、突如お笑いに目覚めて1996年7月に結成。地道なライブ活動を重ねた後、ネタ見せTV番組に起用されるようになってから、従来の笑いの文脈からもコメディーの文法からも著しく逸脱したオリジナリティに溢れるネタの数々が話題を呼び、その知名度を一気に上げる。ネタ本『悲しいとき』なども出版されている。

テレビ番組『ピタゴラスイッチ』にもレギュラー出演。同番組でリリースした「アルゴリズムたいそう&こうしん」のCDは特に人気を呼び、結果、子供からお年寄りまで幅広い層に支持されるようになった。「いつここといえばアルゴリズムだ」という人も多い。

コンビ名には「初心忘れるべからず」の思いが込められている。

CMでU.N.O.BANDに参加。


【ネタ】
交代で叫んだりツッコんだりする、独特なスタイルのネタが中心。

■悲しいとき
山田がネタを叫び、菊地がネタを叫びながらスケッチブックめくってイラストを見せる、という流れを繰り返す。「誰かが死んだとき」(当初は「友達が死んだとき」だった)で始まり、「夕日が沈むとき」で締めくくる。スケッチブックを効果的に使用するというネタの独創性は、以降、スケッチブックを使用するお笑い芸人が続々と現れるほどの強い影響力をもたらした。「がぶ飲みミルクコーヒー」CMの際は「がぶ飲みしたいとき〜」に言い替えられている。

■ツッコミ暴走族
「どけどけどけ〜どけどけどけ〜邪魔だ邪魔だ、どけどけどけ〜」と特攻服姿で登場。2人が縦に並び前のほうが「〜だバカヤロ、コノヤロオメェ(聞こえ方は“コンニャロオメェ”)」と言って、後ろのほうがそのネタに「コノヤロオメェ、〜バカヤロコノヤロオメェ」とツッコみ、前後を入れ替えこの流れを繰り返す。入れ替えと退場時も登場時と同じ口上を繰り返す。2人ともバイクのハンドル部分だけを切り取ったものを持って行う。(なお、エンタの神様ではバイクのハンドルがネタ用に用意されている。)

■かわいいね
親子に扮した二人が、ある人間の行動を指しながら「(『か』を強調して)かわいいね」と言った後、もう一人がツッコミを入れ「かわいいね」と言う。この流れを交代で繰り返す。2006年現在はエンタの神様でこのネタが中心。

■偉そうなのに
偉そうな男(山田)が見せる、ちょっと気になる行動を菊地が紹介。
この他に、爆笑オンエアバトルや単独ライブなどで行った「ズボン脱ぎ」「バックオーライ」などがある。
これ以外に「ぬいぐるみ」などのコントもあるが、あるあるネタと同じくボケ・ツッコミのないシュールなスタイルの構成になっている。
あるあるネタの大半は日の目を見ずに封印されるらしい(単独ライブDVDより)。また、ツッコミ暴走族の「結婚したくない男出川哲朗だよねって言ってる女がいたんだ」など、時事的な理由で使われていないものもある。


【逸話】
■菊地はかなりの天然で「相方山田の番号を自分の番号と思い込んで人に教えていた」、「同じ事務所のアンガールズ田中に自分の唾の匂いをかいでくれと頼んだ」などの様々なエピソードを持つ。

■ある学校の文化祭に呼ばれたとき、くじ引きに使われた箱を見て「これダイソーじゃない?」「下にダイソーって書いてある」と二人で盛り上がった。このように、山田が菊地の天然に乗ることもある。

■「悲しいとき」のイラストは基本的に菊地が書いているが、山田が絵を書いた「悲しいとき2」を単独ライブでやったことがある。

■「ピタゴラスイッチ」出演時にはコンビ名は表記されず、本名のみテロップで表記される。これは、『「いつもここから」というコンビ名が子供に伝わりづらい』との理由から。

■「悲しいとき」のネタ(紙芝居)が、熊本市現代美術館の常設展示になっている。

■同事務所のアンガールズとは仲がよく、一緒に大阪に営業に行った際帰りの新幹線を一本遅らせてたこ焼きを食べに行ったりもした。田中卓志の持ちネタ『野球拳の演奏をするドラマー』のネタは菊地との掛け合い(じゃれ合い)の中から生まれた。

■菊地はスピリチュアルな力を信じていて、ポッドキャスト番組内の当てモノコーナーでは自称超能力を使っていたが、的中することは滅多にない。

■菊地は「ひでのり」という名前が恥ずかしく(子供のころ白子のり等と馬鹿にされたため)自分の名前は「ひでき」だと相方である山田をコンビ結成前3年間騙していた。


いつもここから公式ホームページ

(出典:Wikipedia)

[PR]
カントリーマン

カントリーマン
洋画・邦画・アニメから教養コンテンツまでDVDの種類が豊富、迅速なお届け。DVD専門ネットショップ、企画やキャンペーンも豊富。会員登録で500ポイントプレゼント

岩尾望(フットボールアワー)

岩尾望(いわお のぞむ、1975年12月19日 - )は、吉本興業所属のお笑い芸人。フットボールアワーのボケ担当、相方は後藤輝基。愛称は「のんちゃん」。171cm。


【略歴】
■大阪府大阪市東住吉区出身。桃山学院高等学校、関西大学社会学部卒業。NSC14期生。

■1994年頃、NSC同期のカネシゲタカシ(現在は漫画家として活躍)とコンビ「ドレス」を結成。しかし1999年3月にコンビを解散、同年4月にちょうど同時期にコンビを解散していた後藤輝基と新しく「フットボールアワー」を結成。

■2003年、第3回M-1グランプリで優勝。これを足がかりに全国区に進出、現在に至る。


【特徴】
独特のシュールなボケが特徴。奇跡と呼ばれる顔面(後述)と演技力で、ネタでは様々なキャラに豹変する。発想の瞬発力に長けるが、自分から前に出て行く芸風ではないため、バラエティ番組のフリートークなどでは目立たないことが多い。しかしイジられると、その独特な発想をみせることもある。

《容貌》
マンスリーよしもとの吉本芸人ブサイクランキングで2003年から2005年の3年連続第1位となり、ほんこんに続き2人目の殿堂入りを果たした。その顔面は漫才のツカミに使われるほか、テレビ番組などでイジられることもある。しかし岩尾本人は自分をブサイクだと思っていない、と相方の後藤からは言われている。


また、頭頂部が寂しくなってきていることを揶揄されることもある。ただしこちらに関しては岩尾本人も気にしており、これ以上の進行を防ぐため、高価なシャンプーや育毛剤を使用している。

《性格》
人見知りな性格のため、芸人の友達はあまりいない。フットボールアワーを結成した際も、後藤が唯一の話せる友達であった。

臆病な面もある。嫌煙家。

(出典:Wikipedia)

[PR]

PCソフト、PCゲーム、写真集、動画から音楽まで無料お試し版や有料ダウンロードが楽しめる総合ショップ。おすすめ商品からランキングまで何でも揃う人気・実力ナンバー1の本格的な総合ダウンロードショップ!

イジリー岡田

イジリー岡田(いじりーおかだ、1964年9月23日 - )は、東京都出身のお笑いタレント。本名は岡田昇(おかだ のぼる)。ホリプロ所属。浦和実業学園高等学校卒業。


【来歴・人物・芸風】
東放学園専門学校在籍時代から番組制作に携わり、小堺一機、関根勤の下積み時代のライブにも裏方のバイトとして参加するなどの経験。相方を半ば強引に誘いキッドカットというコントコンビを結成し、デビュー。しかし1990年には解散となり、ピン芸人としての活動を始める。

基本的にはしゃべりやものまねを得意とするタレントである。『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)に出演していたこともあり、イジリーという芸名は卑猥な印象を与えるが、「イジリー」は「素人いじり」「客いじり」(=観客などをネタにして笑いをとる事)が上手いことから名付けられた芸名である。ちなみに、NHKではこの芸名は使えずに、本名の岡田昇で出演することが多い。

『ギルガメ』出演時は、フジテレビの『ものまね王座決定戦』に出たがっていたと言われるが、現在、日本テレビの『ものまねバトル』に出演中。しかし『ギルガメ』の印象があまりにも強烈だったため、一般的にはものまねタレントというイメージは少ない。

ギルガメ時代に鍛えたのか、舌を異常に高速でレロレロさせるのが得意。

ギルガメ終了数年後のフジテレビの27時間TVで、深夜帯のエロコーナーに、通年は若手芸人しか出演しないが、その年はビートたけしら大物が多数参加していた。しかし、「船頭多くして船渡らず」状態で、グダグダの展開に出演者たちも困っていた。この時に、途中から急遽イジリーが仕切り始めてから、一気にエロコーナーがエロコーナーらしくなり、大物芸人たちは、イジリーのエロ仕切りぶりに圧倒され、エロ分野での完敗を認め「天才エロ芸人」という称号を贈った。

2006年現在、ポストイジリー(天才エロ番組仕切り芸人)はまだ出ていない。(そもそも今日ではエロ番組自体が無いのでその存在は絶滅したに等しいだろう)

三沢光晴のものまねからも分かるようにプロレスファンとして知られ、2005年7月18日の『プロレスリング・ノア 東京ドーム大会』には後輩・ダウソタウソ(ダウンタウンのそっくりさんコンビ)の松本等しいを引きつれ、プライベート(自費)で来場した。また、 2006年3月21日に行われた全日本プロレスのファン感謝デー興行で、三沢光晴に扮して小島聡とタッグを結成。武藤敬司・神奈月(神奈月は武藤敬司に扮して登場)と、本当のプロレスの試合を行い、好評を得た。

94年から96年にかけ、日本テレビの早朝の子供向け英会話番組「Hayami English Network (HEN)」に、めんどりの着ぐるみで登場していたことがあったが、エロ芸人ぶりは子供相手の番組のせいか封印されていた。

イジリーのエロな芸風は前述の通りであるが、本人はそもそも下ネタが嫌いで、芸人にありがちな乱れた女性関係も嫌悪していたとの発言をしている。よってその様な芸風は本意ではなく、『ギルガメッシュないと』というエロ中心の番組の中で、本人の嗜好とは関係なくやらざるをえない状況の中で生まれた芸であったようである。 「アメトーーク」では楽屋をスペアキーで侵入、ゲストが「やめてください!!」って言っても堂々とその事をやった。2007年2月22日放送回では、熊田曜子、安田美沙子、ほしのあきの楽屋に侵入。 熊田は食いかけの弁当を食われる。安田はリップクリームを半分以上食べられる。ほしのは自前(ほしの)の歯ブラシで歯(イジリー本人)を磨いたりなどの被害を受ける。しかし、その後本人はものすごく罪悪感に苛まれたらしい。


【主なものまねのレパートリー】
・宮崎駿
・綾小路きみまろ
・石立鉄男
・三沢光晴
・渡辺篤史
・柳生博
・星野仙一
・坂上二郎
・岸田今日子
・安斎肇
・小出義雄
・杉村太蔵
・江川卓
・下條アトム
・森本レオ

なお、歌唱力もプロ並である。

・さとう宗幸 (中学2年生の頃から)
・森山直太朗
・河口恭吾
・松山千春
・北島三郎
・稲垣潤一

(出典:Wikipedia)

[PR]

留学会社資料請求なら【留学ナビゲーター】。留学エージェントが資金調達から渡航準備までをしっかりサポートします。

伊藤 さおり(北陽)

伊藤 さおり(いとう さおり、1974年4月9日 - )は、お笑いコンビ「北陽」のツッコミ担当(だが、彼女がツッコミであることはあまり知られていない)。所属事務所はプロダクション人力舎。埼玉県岩槻市(現さいたま市岩槻区)出身。身長157cm、体重68kg(プロフィール上は54kgだが、番組の企画で68kgと判明。)、足のサイズ24cm、スリーサイズB90W68H86。血液型A。特技は書道と柔軟体操。愛称は「伊藤ちゃん」。


【概要】
埼玉県立久喜北陽高等学校(コンビ名の由来)に進学しソフトボール部に所属、そこで現在の相方の虻川美穂子と出逢う。因みに、本人は外野手の補欠、相方の虻川は投手のレギュラーだった。 1995年、虻川と組み、北陽を結成。

相方に比べると地味だが、可愛い顔やちょっとぷっくりした所が一部男子に大ウケ。『森田一義アワー笑っていいとも!』でダイエット企画が組まれたが成功せず、井上和香を模したセクシー水着写真を撮られた。その後、この時の写真をプリントした抱き枕を視聴者プレゼントに使われる。

所属事務所の中では1番の天然ボケらしい。


【エピソード】
《幼少時代》
男の兄弟に囲まれて育ったので、幼い頃は着せ替え人形などの女の子っぽい遊びは全然しなかったという。川に行ったり、昆虫を捕まえたり、泥んこになって遊ぶなど、男の子のようにとても快活な少女だったという。


《はねるのトびら》
2004年1月、レギュラー出演している「はねるのトびら」(フジテレビ)が全国放送となって11時台に昇格した際、当時裏番組だった 「おすぎとピーコの金持ちA様×貧乏B様」(日本テレビ)と放送時間が重なってしまう、いわゆる「裏かぶり」の状態となり、北陽は3月までの3か月間にわたってはねるのトびらへの出演休止を余儀なくされた。生来マイナス思考の彼女であったが、それを悪化させる事態となった。

これだけでも北陽はつらい思いをしたが、その際、日本テレビのスタッフから「はねトびが全国放送になったから、北陽は捨てられた」などの陰口(ほとんどが事実無根)を聞かされ、さらにつらい立場に。相方の虻川はその後自力で立ち直ったが、彼女はそのショックを引きずり続け、さらに、その後恋の悩みを抱えていたことも重なり、4月に復帰してからもNGを出したり、収録中に上の空になったりしていたという。一時は、虻川に「北陽辞めたい」と漏らしたという。

その後、はねトびがゴールデンに昇格し、「ためしてガッテン」のパロディー企画「ためしてガットン」で、「番組開始当初のイキイキしていた伊藤をよみがえらせる」という趣旨のもと、催眠療法で本来の伊藤を引き出す試みがなされた。すると、急に踊りだしたり、TVカメラの前でおどけたポーズを取ったりと、普段の番組で見せる伊藤とは全くの別人と化していた。極めつけは、おもむろに廊下に出て、ストリッパーのようなエッチな開脚を繰り返した。(本人いわく、催眠状態であったので「体が勝手に動く」状態だったとのこと。)

この状態をスタジオで見ていた、ドランクドラゴンを除く男性メンバーは「最低の潜在意識」と揶揄した。この潜在意識を裏付けるものとして、このコーナーでADに扮していた鈴木拓(ドランクドラゴン)は、「伊藤さんは、『酔ったときの私はエロいよ』と言ってた」と証言している。

(出典:Wikipedia)

[PR]

【オリコ「Orihime」カード〜美しい人生を紡ぐカード〜】女性におトクな特典満載。現在入会で全員に200ポイントプレゼント中♪ETCカード同時申込みでさらに100ポイント!

石塚英彦(ホンジャマカ)

石塚 英彦(いしづか ひでひこ、1962年(昭和37年)2月6日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ「ホンジャマカ」のボケ担当。愛称は「石ちゃん」。神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。血液型O型。横浜市立岩井原中学校、横浜市立桜丘高等学校卒業。2年間の休学期間を経て、関東学院大学経済学部卒業。


【経歴】
高校時代に自主制作映画で才能を開花させ、20歳のときに劇団ひまわりに入団し、基礎からレッスンに専念する(現在でも俳優業などでは、当時の役者志向の片鱗を見せることがある)。

大学卒業後は渡辺プロダクション(現:ワタナベエンターテインメント)に所属し、お笑い集団「ホンジャマカ」のメンバーとしてデビュー。当時は痩せた二枚目タイプで、立花理佐のバックダンサーをしていたこともある。しかし当初男女混合の10人組グループだったホンジャマカだったが、次々とメンバーが脱退し、最終的に相方恵俊彰とのコンビとなり、その後人気を爆発させる。

現在でもホンジャマカとしての単独ライブなどで活躍しているが、近年ではソロ活動も目立つようになり、個性を発揮する。特に見た目を活かしてグルメ番組にピンで出演することが多い。ただ食べるのではなく、「駄洒落」を言いながら食べることが視聴者に受け、更にテレビ東京で放送していた深夜番組『debuya(現:元祖!でぶや)』での「まいうー」(「美味い」の業界用語)という言葉を世に広めるなど、「駄洒落とデブ」のポストを確保している。


【人物】
■その好人物そうな顔つきとキャラクターで、ビデオリサーチの調査では近年男性タレント好感度ランキングの上位に入るようになっている。周囲の証言では実際に普段から好人物であるらしいが、車の運転中は性格が一変してしまい、歩くのが遅い老人に対して「バカ野郎!!」と怒鳴ることがあると暴露された。また相方の恵によると、ロケで車移動をする際も、自分が乗るロケバスの前を走る車が遅いと、放送禁止用語を連発するらしく、運転に限らず車に乗車するだけで性格が変わるようである。

■尊敬している人はウガンダ・トラであると称している。彼の「カレーは食べ物ではなく飲み物」という発言を受けてのこと。

■柏原芳恵の大ファン。2005年7月の元祖!でぶやの奄美大島編において、収録途中に周囲から柏原芳恵がゲストだと聞かされ「冗談だろ。こんな所に来たんじゃ仕事が釣り合わないだろ・・」と言った瞬間に「石ちゃん」の掛け声と共に本人が現れ、何とも言えない素の石塚が垣間見えた。

■野球好きで、地元横浜ベイスターズのファンであることが、2005年8月5日放送の元祖!でぶやにて石塚本人の口から語られた。その日のでぶやで、ついに念願叶って、横浜スタジアムの始球式を、石塚が担当した。

■テレビ出演時は、真冬でもタンクトップとオーバーオール(柄はホルスタイン柄や迷彩柄など様々)を着るのが基本。たまにタンクトップ無しのオーバーオールのみ(上半身は裸)の場合がある。

■一年の内約半分は番組のロケで日本全国を食べ歩いており、仕事柄ありとあらゆるものをこれまで食べてきて嫌いなものはまず無いらしいが、唯一駄目な食べ物は長ねぎだと言う。ラーメンや蕎麦といった麺類の薬味として、少量の刻んだネギがのっているだけでもテンションが下がる。

■そのため料理にネギが使われている場合、平静を装い誰にも分からないようカメラの死角にネギを隠し、料理を食べるというテクニックを独自に習得している。だが2007年3月20日放送の、でぶや二時間スペシャルの伊勢編にて、伊勢うどんを食べるシーンで、薬味の青ネギをパパイヤ鈴木に取って貰っている場面が、偶然にも画面に映り込んでしまった。


【エピソード】
■体格の変化については、今の夫人とデートしていた際に、作ってくれた弁当を多いと思いながらも全部食べているうちに弁当の量がどんどん増えていき、結果太り始めたというのが石塚の弁。なお相棒の恵が痩せてからは「彼の分まで食べたので太った」というネタを披露することもある。

■関東学院在学中にラグビー部春口監督に入部を勧誘された事があるらしい。

■仕草にいくつか癖がある

■駄洒落を言った後に、笑いながら人差し指を前に出す。

■おちょぼ口にして少しずつ食べ物をほおばっていったり、食い物を一旦舌の上にのせる食べ方をする。

■手のひらが地面に平行になるように手首をそらして歩いていることが多い。

■テレビ番組で食べ物を食べる時に、よく『まいうー』を使うが、本当においしかった時は普通に『うまっ』と言ってから『まいうー』を使っている。すぐに「まいう〜」と言う時はあまり美味しいときではないらしい。なお大食いキャラとはいえ、流石に全部は食べきれずに料理を残すこともあるらしく、その処理をスタッフがしている事が明らかになっている。

■お笑いウルトラクイズの人間性クイズで、ホモ役のポール牧に迫られるという設定のどっきりにはまり、覚悟を決めて布団にもぐりこんだこともある。

■伊集院光・松村邦洋と共に「デブタレ御三家」、さらに内山信二、またはパパイヤ鈴木を加えると「デブタレ四天王」と呼ばれている。年齢順では石塚が最年長だが、体重順からいくと伊集院光の次に重い、125kgである(松村邦洋も以前は体重が最高140kgあったが、2006年初頭から大幅な減量を行っており、現在は石塚よりも体重は軽く90kg台になっている)。テレビでこの4人が揃って共演することはめったにない。伊集院、松村とは2001年12月29日放送・日本テレビの『マジカル頭脳パワー!! 復活スペシャル』(『スーパースペシャル'2001 マジカル頭脳パワー!! 21世紀芸能界No.1頭脳決定戦スペシャル』)やキリンビールのCMで共演していた。又、内山とは『元祖!でぶや』で共演中である(内山は現在レギュラーでない)。

■デブタレ界で伊集院は『反町隆史』(内山談)、石塚は『横綱』、松村邦洋は『KING』、ウガンダ・トラは『会長』、高木ブーはデブタレの間でも別格で『神様』という序列がある。

■元祖でぶやでは共演のパパイヤ鈴木から「お父さん」と呼ばれている。

■以前元祖でぶやの横浜編で、番組出演した地元のタカナシ乳業の担当者が石塚の高校の同級生で、石塚が「君はタカナシに入っていたの?俺ホンジャマカに就職しちゃった。」と言い爆笑を誘っていた。

■意外に創造性IQが高く、フジテレビの「IQサプリ」で好成績を残している。ただ問題に納得がいかないとモヤッとボールの入った箱ごと投げる事も。さらに石塚の娘が石塚に内緒で問題を考えたサプリ文字を今田耕司が答えてしまい、不機嫌そう(番組内では顔に怒りマークが付いていた)にモヤッとボールを投げていた。

■生放送中、自分の股間に虫刺され薬を塗り、悶絶したことがある。

■ある肉の名産地にロケに行き、肉を店頭で焼いていた店員に「肉は好きですか」と質問された石塚は「肉が嫌いでこんな体格をしている訳がないじゃないですか。」という周囲や視聴者を納得させる答えで即答。爆笑を誘っていた。

(出典:Wikipedia)

[PR]

ライブドアが運営する、真面目な出会いのための結婚紹介サイトです。7年の実績で多くのカップルが成立しています。入会金もなく、一般の結婚紹介所より低価格でご利用できるのが人気です。

板倉俊之(インパルス)

板倉 俊之(いたくら としゆき、1978年1月30日 - )は、お笑い芸人でインパルスのボケ担当。吉本興業所属。東京NSC4期生。兵庫県宝塚市生まれ埼玉県志木市出身。私立獨協埼玉高等学校卒。身長168cm、体重48kg。血液型B型。


【来歴・人物】
■1998年に堤下敦とコンビを結成。当初はロバートの秋山竜次、馬場裕之と「ゼナイル」を組んでいた。

■2007年5月、大谷允保との交際が発覚した。


【評価】
■コントには定評があり、様々なキャラクターを演じる(女装率高め)。2006年2月放送の「はねるのトびらスペシャル HANETORINO2006 お笑いフィギュア選手権」では、「ことわざの先生」というキャラクターを演じて優勝した。

■吉本興業の情報誌「マンスリーよしもと」内の吉本男前ランキングで、2年連続上位にランクされている。また、即席で出た言葉を変え、何気ない言葉を組み合わせ大爆笑を生む事から「言葉の魔術師」と称される。

(出典:Wikipedia)

[PR]

ギネスブック公認世界最大の恋愛・結婚サーチmatch.comですてきな恋人を探そう!世界1500万、国内71万の会員が利用中!無料で会員登録や検索ができ、有料会員になるとメールのやり取りができます。

インパルス

インパルスは、日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社所属。コンビ名の由来は、1998年のコンビ結成当時に堤下が乗っていたオートバイ(スズキ・GSX400インパルス)の名前から。


【メンバー】
■堤下敦(つつみしたあつし、1977年9月9日 - )
神奈川県横浜市出身。RhマイナスのB型。身長174cm、体重80kg。(プロフィール上、80kgとなっているが、最近100kgの大台にのった(本人談))ツッコミ担当。

■板倉俊之(いたくら としゆき、1978年1月30日 - )
兵庫県宝塚市生まれ、埼玉県志木市で育つ。B型。身長168cm、体重48kg。(プロフィール上48kgだが最近筋肉質になり、53kg(本人談))ボケ担当。


【略歴・概要】
■東京NSCの4期生。1998年12月にインパルスを結成。同期にはロバート・森三中・POISON GIRL BAND・コンマニセンチ・三瓶など。

■NSC時代は板倉がBコースの7番、堤下がBコースの38番だった。

■舞台では漫才も披露するが、コントがメインである。ボケの板倉が演じる様々なキャラクターに堤下が鋭いツッコミを入れるスタイルで、ありふれた設定の中に非日常なキャラクターを投入して意外性を生むパターンが多い。ある種シュールな世界が高く評価され、「はねるのトびら」(フジテレビ系)のコントの土台になったネタもある。

■以前2人はビジュアル的に地味と言われていたが、2003年から「エンタの神様」(日本テレビ系)に出演したこともあってブレークする。しかし、「笑いの金メダル」(テレビ朝日系)には、一切出演していない。この背景には、「爆笑問題のバク天!」(TBS系)で太田光が「笑いの金メダル」と「エンタの神様」を「クソ番組」と評し、インパルスの2人がその意見に賛同した経緯があり、多忙という理由もあるが、エンタの神様への出演も減ってきている。

■最近は内村光良と共演機会が多く、可愛がられている模様。また、インパルス側からも「クイズ発見バラエティー イッテQ!」(日本テレビ系)にて、板倉は「内村さんと仕事すると、やりやすいんですよ」と内村が居ない所で発言していたと飯島愛に暴露される。

(出典:Wikipedia)

[PR]

ゴルフを楽しむ専門ギア情報のサイト。最新の商品情報、豊富なプレゼント、クラブ相談やゴルフ関連企業への就職情報も満載。知りたい情報を一発検索、ゴルフ関連企業を業種ごとに分類したリンク集も便利。

井本貴史

井本 貴史(いのもと たかふみ、1978年1月27日 - )はお笑い芸人。奈良県北葛城郡出身。1996年に奈良県立上牧高等学校(現:奈良県立西和清陵高等学校)の同級生藤原一裕と「ライセンス(2007年2月18日をもって『ザ・ちゃらんぽらん』に改名)」を結成し、ツッコミを担当する(以前はボケ)。吉本興業所属。


【人物】
■身長170cm、体重59kg。

■血液型はB型。

■好きなタイプは猫目のCカップ。また、タバコを吸っていたら何も言っていないのに灰皿をスッと出してくれる子。

■一見小動物系のかわいらしい顔をしているものの、中身は相方の藤原いわく「あのヤクザ」。理不尽なこと、気に入らないことには遠慮なくぶちギレる。さらにクレーム王らしい。一部の吉本芸人からは浜田雅功のミニチュア版という意味で「小浜田」と呼ばれる。

■趣味・特技はサッカー。高校時代には全国大会出場経験も(MF)あり、その他スポーツ全般が好きらしい。

■少年サッカーチームの指導者をしている兄がいる。

■2006年1月31日放送のネプベガス「親孝行ベガス」に登場、実母に1,手をつなぐ 2,耳掃除をしてもらう 3.キスをする、の3つを全て実行し賞金を見事得た。ちなみに井本母はかなりの天然ボケであった。

■中学生の頃は不良だった。バイクを盗んで警察にお世話になること数回、毎日のように親が学校に呼び出されていたという。また、高校時代には真面目な女の先生に「あなたはクラスの癌なんです」と言われた経験を持つ。

■イメージに似合わず、プリン、パフェが好き。また、大の蓮根好きでもある。

■ラフ・コントロールの森木俊介と仲が良い。

■小学校3年生まで、トマトの名前をスイカだと思っていた。彼の兄が幼少時にトマト嫌いだったため、母が「これはスイカだよ」と言った所食べさせる事に成功したので彼もこれに便乗して覚えさせられた。

■人に対して積極的で、交友関係が広い。子供好き。

(出典:Wikipedia)

[PR]
足元からライフスタイルを提案する靴の総合通販:ABC netマート。トップブランドの定番モデルから通信販売でしか買えない限定モノまで常時400アイテム以上を多数ラインナップ!

井上聡

井上 聡(いのうえ さとし、1976年2月2日 - )は、吉本興業所属のお笑い芸人。お笑いコンビ「次長課長」の主にツッコミ担当。大阪NSC13期生。血液型B型。ファンからのあだ名は「さっとん」(番組内でたまに相方からも呼ばれている)


【プロフィール】
熊本県玉名市生まれ、岡山県岡山市育ち。(現在実家があるのは福岡県久留米市)。 1994年に河本準一とお笑いコンビ「次長課長」結成。デビュー当時はボケ担当であったが、現在はツッコミ担当。しかし、トークや一部のネタではボケを担当することがある。


【人物】
■井上について、コンビの相方である河本準一は、隣にいても気にならない存在である妻のようであり、夫(河本)がやんちゃするのを抑える役割に喩えて井上を評する。一方井上は、河本との関係について、次長課長の役割分担は河本がボケで、井上自身は河本の友達であると述べている。相方との仲はよい。

■お酒に関しては、相方である河本準一とは対照的に一滴も飲めない。


【芸風】
芸については、芸人であるケンドーコバヤシと師弟関係にある。井上が大阪で活躍していた時期、相方河本準一が椎間板ヘルニアで入院した際に、代わりにコバヤシとコンビを組み、学園祭を廻ったことがある。また、映画「日常」では、2人で仮面ドライバーというユニットを組んでいる。

《テレビ番組における実績》
■2005年9月、テレビ朝日虎の門のいとうせいこうナイト「第4回紹介王」にて、決勝でますだおかだ・岡田圭右を破り優勝。(ちなみに井上は、ますだおかだ・岡田圭右率いる「岡田会」のメンバーに所属している。)

■2005年9月10日放送、「やりすぎコージー」の新作ギャグ対決で初代キングオブギャガーに輝き、優勝を果たす。

■ダイナマイト関西2006年8月の大会では、後楽園で行われた決勝大会に進出。

■2006年大晦日にルミネtheよしもとで行われた大喜利大会ではバッファロー吾郎の竹若元博と同率で優勝。「お笑い」の中で最も得意とするジャンルは大喜利。


【ルックス】
■2001年度、吉本男前ランキング3位。

■2002年度、吉本男前ランキング4位。

■2003年度、吉本男前ランキング4位。

■2004年度、吉本男前ランキング3位。

■2005年度、吉本男前ランキング3位。

■2006年度、吉本男前ランキング1位。

■2007年度、吉本男前ランキング1位。

■2006年 マンスリーよしもと「ルミネtheよしもとのお客さんに聞きました〜抱かれたいヨシモト芸人〜」1位。

■2007年 マンスリーよしもと「ルミネtheよしもと/ヨシモト∞ホールのお客さんに聞きました〜抱かれたいヨシモト芸人〜」1位。

■2006年 お笑いポポロ「好きな芸人大賞」1位。「抱かれたい芸人ランキング」1位。

■2006年 オリコン調査「恋人にしたい芸人」ランキング 総合1位。

■2006年6月21日放送、『ザ・チーター』「男前だと思う芸人ベスト10」第1位


【趣味・特技】
《アニメ・ゲーム》
アニメ、とくに少年向けのアニメやゲーム系を趣味とし、フィギュアは2005年の時点で約2000体所有し、ドラゴンボールを特に好む。機動戦士ガンダムも好み、最初から最後まで見終えるとまた最初から最後までのいう繰り返し観覧も進める。また、ゲームについては、コンピュータRPGを好むほか、パチスロ・パチンコが得意である。ダイナマイト関西でのキャッチフレーズは「美形アキバ系」である。PSP青年向けゲームモンスターハンターのプレイ時間500時間を越える記録をもつ。


《スポーツ》
小学校から野球を行い、スポーツ推薦で高校に入学し、体育コースに在籍していた。小学校時代もソフトボールの全国大会に出場した実力の持ち主である。長年野球をしていたため、右手を右肩に付けることができない。本人曰く「この野球肘が唯一のコンプレックス」であるとする。握力は60近くあり、走力は100mを12秒台である。


《芸術》
楽譜が読めないため、耳を頼りに音感のみでピアノを覚えた。東京に来て、間もない頃友達がいなかったので、一週間何も食べず弾き続けた。また当時持っていたピアノでは鍵盤が足りず、足りない部分は想像力でカバーしていた。ギターも弾くことが出来る。日常という映画で、ケンドウコバヤシと共に、歌っている。 2006年に相方河本準一とJKとしてCDデビューを果たす。ケロロ軍曹の主題歌でハモリを河本、メロディを井上が担当する。CDの中には「この僕が」というソロ曲も挿入されている。

(出典:Wikipedia)

[PR]
SNS初心者も安心の大学生限定SNS

大学生専用コミュニティーサイト「大学生SNS.com」配信スタート!
大学生を中心に各情報を配信。
また、口コミ情報や大学生専門のアルバイト情報を提供しております。

板尾創路

板尾 創路(いたお いつじ、1963年(昭和38年)7月18日 - )は、大阪府富田林市出身のお笑いタレント、俳優である。お笑いコンビ・130Rのボケ担当。吉本興業所属。吉本総合芸能学院 (NSC) 4期生。既婚。血液型A型。


【来歴・人物】
ケーキ店「パルナス」三国ヶ丘店(堺市北区)に勤める両親の息子として生まれる。10代の頃にケーキを持って島田紳助の家にいきなり押しかけ、弟子入りを志願したことがある。紳助には当時すでに弟子が1人いたため断られるが、吉本興業のタレント養成所であるNSCへの入学を勧められ、のちに同校の第4期生として入学した。

NSCでは「ホンコン・マカオ」というコンビを組み、「ホンコン」の芸名を名乗ったが程なくコンビ解消。のちに同期の蔵野孝洋(現・ほんこん)に「ホンコン」の名を譲り渡し、蔵野が2代目「ホンコン・マカオ」を結成。しかし2代目「ホンコン・マカオ」も長くは続かず、1986年6月に板尾と蔵野で新たにコンビ「130R」を結成した。

1991年よりフジテレビ系列『ダウンタウンのごっつええ感じ』にレギュラー出演したのを機に、全国区にその名を知られるようになる。同番組内のコントの代表作に「板尾係長」に始まる「板尾○○」シリーズ、「シンガー板尾」などがある。『ごっつ』以後、ダウンタウンがメインを務める番組を中心に様々な番組に出演し、その飄々としたキャラクターで人気を博す。

1994年、当時14歳の女子中学生を相手に淫行に及んだとして、大阪府青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された。これにより一時芸能活動を停止したが、松本人志ら芸人仲間たちの働きかけもあり1年後に復帰した(事件は相手の少女が別件で補導された際に発覚したもので、少女は板尾に対して18歳と自称したこと、合意の上での行為であったことなどから、所属事務所解雇という最悪の処分までは至らなかった)。ただし復帰後はお笑い芸人という職業柄、松本に収録中「よっ! 犯罪者!」と呼ばれるなど、愛のある「イジり」をもって迎えられた。また復帰後の『ごっつええ感じ』のコント「いたぴー」の中では、休憩中に『女子高生カタログ』なる雑誌を読んでいたことを指摘され、共演者のYOUに「またなの? また半年休むの? あんたにとってレギュラーって何なのよ!」と罵倒されている。

顔と芸風に似合わずド天然であり、数々の板尾伝説がある。

近年は深夜枠のバラエティ番組を中心に出演している。『虎の門』(テレビ朝日)の「しりとり竜王戦」ではそのシュールな発想力を発揮し、「永世しりとり竜王」として歴代最多の優勝回数を誇った。また2001年には、木村祐一と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)では、しばしば「板尾の嫁」と称する外国人女性(「娘」と称する外国人の少女がいることも)と共に登場し、番組収録に無理やり乱入しては理不尽な出演料をせびる不気味なキャラを演じている。今現在「板尾の嫁」を名乗っている人物は3代目であり、初代は番組との契約解消後にヌード写真を写真週刊誌に披露した。ちなみに、板尾の本当の妻は日本人である。このシリーズでの怪演ぶりが各方面からの注目を集め、後にドラマや映画、舞台など、俳優としても活動。脇役ながら独特の存在感を放ち、映画『ナイン・ソウルズ』で共演した原田芳雄からは「板尾は良すぎる」と手放しの賞賛を贈られたほか、松尾スズキは自著の中で「(板尾は)お笑い芸人の中で圧倒的に芝居が上手い」という趣旨の記述をしている。

(出典:Wikipedia)

今田 耕司

今田 耕司(いまだ こうじ、1966年3月13日 - )は、大阪府大阪市中央区谷町出身のお笑いタレント。吉本興業所属。愛称は「今ちゃん」。血液型A型。 清風高等学校定時制卒。 吉本総合芸能学院の4期生でピン芸人である。


【人物】
・実家は導善寺という浄土真宗のお寺(子供の頃はクリスマスをやってくれた)。父は七三分けの髪型で、会社員と住職を兼任。寺はラブホテル街のど真ん中にあり、彼女とホテルに初めて行ったらフロントのおばさんに「大きなったなぁ」と言われて恥をかいたことがある。また、父親の誕生日は12月25日(クリスマス)。

・小学生時代のニックネームは「ミッキー」(当時はミッキーマウスに似ていたらしい)

・中学生の時に家出をして島根県で保護されたことがあり、その日は出雲警察署に一泊したことがある。

・先輩の浜田雅功の母校であり、全寮制の日生学園第二高等学校で学んだこともあるが、全寮制の禁欲的な生活に耐えきれず、脱出に成功し退学した。今田がいたころは朝5時起床など凄まじく厳しい生活を義務付けられており、校外への外出は月一度の帰宅時以外許されない。また寮生活は、上級生が下級生を奴隷のように扱うような校風であったらしく、強制的な同性愛行為などもあったらしい。今田が学生時代に最も屈辱的だったのは、先輩の自慰行為の際のエロ本のページめくり役だったという。後に退学した一番の理由は、寮内で男子生徒同士の性交を目撃してしまい、そのうち性欲の抑えが効かない先輩に、貞操を奪われるかもしれないと恐怖するようになったからと告白した。生活のあらゆる面で厳しく管理されており、「角砂糖一個でクラスをシメれた」と今田が語るように嗜好品も厳しく規制されていた。

・その後、清風高等学校定時制に入学。昼間は日本一若い店長になる事を目標にしてラーメン屋で働いていた。ちなみに、清風高校時代のニックネームは、「ださ・ださお」。日生学園を退学(脱走?)直後、丸坊主頭だった為、清風高校の先輩達に「ださ!!!」と言われ、このニックネームが付いた。

・教師達に対して本人は普通に接してるつもりなのだが、なぜか目の敵にされることが多く「いつか絶対お前を退学にしてやる」等の言葉を多く投げつけられる。しかし、退学処分になる事無く無事清風高等学校定時制を卒業した。

・後輩芸人からも慕われ、プライベートでは仲間を集めて「コージー's ナイト」と称した飲み会を開催する事もある。

・極度のきれい好きであり、酔って自宅に戻った後でも部屋の掃除と洗い物は欠かさない程。掃除グッズおたくである。

・好きな食べ物は、バナナ。

・兄と姉がいるが、仲が悪いらしい。ラジオで松本人志に「兄ちゃん蒸発したときも笑ってたで」と暴露され、「もう家帰られへん・・・」とうろたえていた。

・独特の顔立ちから魚顔(特にフグやハリセンボンなど)と言われることが多く、IQサプリでよくネタにされる。また、同番組では独身である事を問題に取り入れられたり(お見合い、結婚運など)もする。

・「知ったかぶりクイズ!あなた説明できますか」で公表したように、独身未婚。

・子供好きで東野からは「吉本のマイケル・ジャクソン」と呼ばれている。

・渋谷区の高級マンションに住んでいるらしい。その概要は、
・書斎には好きな漫画が並べられており、パソコンがある。
・リビングにソファーがあり、革張りである。
・トイレにブルース・リーのフィギュアが飾ってある。

・マジカル頭脳パワー!!に出演していた時、しりとり系のゲームで自身が「り」で回ってきた時によく「リカちゃん人形」と答えていた。

・「たけしの誰でもピカソ」のお笑い居酒屋で、出演していた前田健からハーフの女の子を狙っているとばらされた。ハーフを狙う理由は、どうしても外国の女性と付き合いたいが、それではハードルが高すぎて無理であり、ハーフならば可能性があると考えたからとのこと。

・ラジオ番組で嘔吐したことがあると、『行列のできる法律相談所』で暴露された。

・突然何の脈絡もなく「・・・ぁざみ!」と叫ぶ一発ギャグがある。

・流行語を狙って、「はぁ〜(ほぉ〜)なんとな。」っていうギャグを考えた。

・陰茎のサイズは7cm。

・2006年陣内孝則の誕生日会では今田耕司が司会をし、50人の芸能人が駆けつけた。

・血液型については、血液検査で判明するまで本人は「O型」だと思っていた。実際、プロフィールには長らく「O型」と記されていた。


【趣味】
・趣味はピアノで、テレビ番組で坂本龍一の「Merry Christmas Mr.Lawrence」や久石譲の「Summer(『菊次郎の夏』テーマ)」を演奏した事もある。テイトウワのプロデュースで「KOJI1200」(後に「KOJI-12000」)として歌手活動を行っていた頃のインタビューではニューウェーブへの造詣の深さが語られており、音楽的なセンスを持ち合わせている事が伺える。またビートたけしとも交流があり、たけしからピアノをプレゼントされた逸話は有名。

・格闘技好きとしても知られ、パンクラスの道場に足を運んでは身体を鍛えている(これが縁で、パンクラスに参戦していた頃の須藤元気が『誰でもピカソ』に出演した事があった)。かつて「高田道場」に準えて「今田道場」と冠した集団を作ろうとしたことがあった(Tシャツを作って後輩に配った)。2006年から松本晃市郎<徳島県出身、元NSC生徒>という選手がパンクラスに「今田道場」所属として出場しているが、詳細は不明。

・アダルトビデオ好きとしても有名。アダルトDVDを大人買いし、店員に「本当にエロイですねー」と言われたことがあると某番組で語った。寝室には芸人達の間で「今田コレクション」と呼ばれる膨大な量のソフトがあり、AV友達の歌手・福山雅治とは時々交換などをしている(文化放送『カモンファンキーリップス』にてゲストの福山が事実を認める)。余談であるが福山とは1992年に自身のラジオ番組にゲストとして招待して以来の古い付き合いがあり、1998年リリースのアルバム「SING A SONG」では収録全曲のレビューを執筆した。

・芸能ゴシップが大好きであり、東野幸治と共に「吉本のゴシップ兄弟」を自称している。「今田の兄貴は難しい漢字は全てゴシップ誌で学んだ」とは東野の談。

・大の桜田淳子のファンであることを番組で明かした。

・自宅に漫画を読むためにしつらえた部屋を持ち、複数の雑誌も購読している漫画愛好家。新世紀エヴァンゲリオンのマニアとも自負しており、「(劇場版が公開した時は)オタクと一緒に並んだで〜」と某番組内で言っていた。しかし東野が「綾波レイちゃん可愛いんですよ」と発言したときは「気持ち悪っ!」とつっこんでいる。また、AKIRAのフリークであり、自分は超能力が使えると思っており、その登場人物の金田などを始め、昭和のヒーロー物のフィギュアなども所有している。


【デビュー〜現在】
・「お前は将来、絶対に犯罪者になる」と言い放った教師に復讐するために芸人を目指し吉本総合芸能学院(NSC)に入学。

・NSCでは4期生で、同期に130Rのほんこんと板尾創路がいる(只、年齢は上であるため、『ほんこんさん』、『板尾さん』と呼ぶ。)。東野幸治によれば、NSC時代の今田・ほんこん・板尾は、他の受講生達が積極的に授業に参加したり、仲良しグループを作り遊んでいたりする中、教室のそれぞれ別の隅にポツンと1人で立っていた3人であったとの事。その東野幸治と共に"Wコウジ"と称されているが共にピン芸人である。

・デビュー間もない頃、ほんこん(現130R。当時の芸名は「骨付きカルビ」)と「ダブルホルモンズ」というコンビを組んでいたが、時間にルーズな今田に腹を立てたほんこんが、ある日今田の家に訪ねた際に今田がバドワイザーのミニボトルを片手に「酔うた〜。孝ちゃん何やった?今日?」という姿を見て諦めて、「俺たち休もうか」と切り出し、そのまま解散。

・東野幸治の嫁の女友達を紹介してもらい、その後交際。激しいH及び今田の性器が思いのほか大きすぎた為(本人談、挿入後あまりにも気持が良かった為、大きさが倍になった。)彼女の性器を破壊(ベリッと音がしたらしい。)、病院送りへ。その後、別れる。そのトラウマからか、元彼女と東野の嫁が一緒に映画「もののけ姫」を見に行った際、元彼女が映画のもののけを見て今田の性器を思い出し、頭をかかえて「ぎゃー」と絶叫したという。東野幸治曰く、「今田さんのチンポはもののけ」(ラジオCome on FUNKY Lips!にて)

・「4時ですよ〜だ」(毎日放送)などでの共演を経てダウンタウンの弟分的な存在となり、以後さまざまなテレビ・ラジオ番組でダウンタウンのスーパーサブという役どころを務める。ダウンタウンが東京に進出したあと、今田以下、所謂「二丁目軍団」は居場所がなくなってしまい、会社から「新喜劇」への出向を命じられ、当時旧態からの改革を模索していた新喜劇に参加。かならずしも本意ではない出演ではあったものの、時には座長として舞台をこなす日々が続く。それまでは二丁目中心で仲間内としか仕事をしていなかったが、この時期に吉本の先輩芸人などと交流し、人脈を築くことができた。その後「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジ系)でようやく東京に呼ばれ、その出演を機に全国区タレントに。

・ダウンタウンと初めて仕事をした際に大遅刻をしてしまい、本気で浜田雅功から東野と共に鉄拳制裁(浜田曰く、先輩芸人の怒りを静める為にわざと殴った、と後で今田にフォローを入れているが、一瞬「まあええわ」と許して背中を見せ安心させた直後に振り返りざまに腹に蹴りを入れるという、精神肉体に最大限にダメージを与える浜田のドSっぷりが伺える))を受けて以降時間を厳守するようになった。

・2004年の島田紳助謹慎騒動に伴い、幾つかの番組は島田の代役として今田耕司に白羽の矢が立った。「開運!なんでも鑑定団」での代役司会ではテレビ東京の菅谷社長から絶賛された。

・2006年1月放送、TBS系「お笑い国盗りクイズ!!」で司会を担当。

・2007年3月7日から不定期の特番として放送されていた「今田ハウジング」が水曜8時枠でのレギュラー放送が決定。自身初のゴールデンでの冠番組となる。


【同業者からの評価】
・『ごっつ』のコント、「MR.BATER」において松本人志から「そんなんやから週刊誌に『ダウンタウンの腰巾着』て書かれるんや」「二線級のタレント」などとからかわれたことがある。しかし実際のところ、今田に対する松本の評価は「生涯で稼ぐ金額は今田の方が(松本自身より)上やないかなあ」と言わしめる程高いものである。

・2000年9月に、フジテレビの「明石家マンション物語」代表として、明石家さんまらと「めちゃイケ」内のコーナー「しりとり侍」に出演したときは、さんまとの丁々発止のやりとりでレギュラー陣を圧倒し、「さんま兄さんはすごいが、それを光らせた若頭(今田)があってこそ」と感心させた。またナインティナインからは「お笑いお化け」とも称される。

・ガダルカナル・タカは今田をライバル視しており、やしきたかじんの番組で「芸能人の中で、この人には勝てないと思うのは誰?」という質問に今田を挙げている。また、今田が若手時代のころにタカが大阪の番組で共演し、「東京の番組には、来てもらいたくないなあ」と今田の実力を高く評価していた。

・「やりすぎコージー」に寺門ジモンが出演した際、「リーダーがよく、『今田は天才だ』って言ってるよ」と、ダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広も、今田のお笑い能力を絶賛していることを本人に明かした。その際今田は、恥ずかしそうに流していた。

・土田晃之・品川祐など後輩芸人からも、実質的な相方・東野と共に「『ひな壇芸人』のお手本的存在」と言われ尊敬されている。土田は二人について「今田さんや東野さんと絡むと、僕がどんなにすべってもあの二人が面白くしてくれるからやり易い」と発言している。また「銭形金太郎」において、ロケ先の子供からの「一番面白い芸人は誰?」という質問に対して「I・Kさん」と回答している(ちなみに一番面白くないのは「A・MAX」とのこと)。彼ら若手お笑い芸人の飲み会では、今田の凄さを語り合うだけで数時間盛り上がれる程らしい。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。