Google
 

小浦一優(CO-RA,芋洗坂係長)

小浦 一優(こうら かずまさ、1967年12月18日- )は、日本のコメディアン。本名は同じ。福岡県出身。血液型はA型。身長167p・99s。趣味は似顔絵描き、特技はタップダンス。劇団アンテナコンテナ在籍中。

別名-CO-RA

1989年、田口浩正(現・俳優)とお笑いコンビ「テンション」としてバラエティ番組などで活動した後、ソロとして舞台を中心にCMの振り付けなどにも活躍。

「テンション」で活動してた当時は痩せていたが、その後段々太り、デブタレで一番のライバルは元・相方の田口と言っている。

その後、GO−JAPで活動

『R-1ぐらんぷり2008』に“芋洗坂係長”として出場し、決勝進出した。



公式 小浦一優またはCO-RA

近藤春菜(ハリセンボン)

近藤 春菜(こんどう はるな、1983年2月23日 - )は日本の女性お笑い芸人。お笑いコンビ「ハリセンボン」のツッコミ担当。相方は箕輪はるか。東京都葛飾区出身。

身長155cm、体重74.1kg。星座は魚座。血液型はA型。

狛江市立狛江第一小学校、狛江市立狛江第一中学校、国本女子高等学校、桐朋学園大学短期大学部(現・桐朋学園芸術短期大学)卒業。通称は「春菜」(箕輪と同じく先輩にそう呼ばれる)。

【人物/エピソード】
■容姿・体型
まだ24才なのだが、大幅に老けて見られ、容姿も話し方も中年女性そのものとされる。また、自他共に認める角野卓造似であり、近藤自身もそれを逆手に取って持ちネタにしている(話し相手が「角野さん」と言うと自分の顔を指して「角野卓造〜じゃねぇよ!」)。あまりに角野卓造に似ているといわれるため、ワイプで角野の写真を使うときに、角野の所属事務所に許可の電話を入れると「あっ、その件ですね。」ということで、スムーズに許可が下りる。他に似ているとされる人物に、カンニング竹山、マイケル・ムーア監督、サンボマスター(厳密にはサンボマスターのボーカル山口隆に似ているということのようだが、実際番組等でいじられる際には専ら”サンボマスター”というバンド名で呼ばれる。)らがいる。リアクションは角野卓造に似ていると言われた場合と同じである。(そのワンパターンぶり自体を一個の芸風としている。)また、計測により体重74.1kg、体脂肪率42.9%と判明。ちなみに箕輪の体脂肪率は27%であった(2007年6月28日の『笑っていいとも!』による)。その体形から訪問先のグアム島でスモウレスラーかと尋ねられたことがある。

■趣味・造詣
インターネットと音楽鑑賞が趣味で、ファンクラブに加入するほど安室奈美恵ファン。男性タレントでは箕輪と共に嵐の二宮和也がタイプ。『嵐の宿題くん』ではデート(妄想ではあるが)を楽しんだ。また、中学時代はバスケットボール部に所属していた。

■特技
口を使ったパントマイム・料理

■その他エピソード
・初キスは2005年12月6日、ヨシモト∞の生放送中の罰ゲームで。相手はリットン調査団の水野透。後日近藤はこの時のことを「ビジネスキス」と呼んだ。
・2006年11月22日、漫画家でタレントの蛭子能収の再婚相手が「近藤似」と報道され、話題となった(当初は近藤と蛭子が結婚するものと勘違いしたファンもいた)。ハリセンボンは既に売れっ子の域に達していたが、この報道を期に一般への知名度は格段に上昇した。
・父親は警察官。
・「10カラット」などで共に仕事をした櫟本憲勝は近藤を「アドリブがきいて、頭の回転の早い人」と評している。


オフィシャルブログ『よしもと芸人ハリセンボン近藤春菜のまぁまぁのブログだね。』


(出典:Wikipedia)

ゴリ(ガレッジセール)

ゴリ(本名:照屋 年之 てるや としゆき 1972年5月22日 - )は、お笑い芸人。コンビ「ガレッジセール」のボケ担当である。所属事務所は吉本興業。沖縄県立首里高等学校卒業、日本大学藝術学部中退。身長173.7cm。左利き。

【来歴】
■沖縄県那覇市で本土復帰の1週間後に生まれた。「りんけんバンド」のリーダー・照屋林賢は父方叔父(従って照屋林助は父方祖父にあたる)。

■1995年、川田広樹とガレッジセールを結成。同期はフットボールアワーなどがいる。当初は本名で活動していたが、事務所の1年先輩であるロンドンブーツ1号2号の番組をきっかけに芸名を「ゴリ」にする。名づけたのは田村淳。

■『笑っていいとも!』などに出演し、持ちギャグである「エンジョイプレイ!」がうけ、大ブレイク。現在では冠番組を持つようになるほどである。

■テレビではネタをほとんどやらないがネタ作りを担当している。

■ソフトモヒカンがトレードマークで、デビッド・ベッカムが行って2002年に流行したソフトモヒカンの先駆者だと語っていたが、「5年でハゲる」と言われたり、セットに30分かかるなどの理由から、2007年6月18日放送の『笑っていいとも!』からストレートに変更した。また、腕毛が多いことをよくネタにしている。

■ブレイクダンスが得意であり、『めちゃ×2イケてるッ!』ではナインティナインの岡村隆史とブレイクダンスで争ったが、岡村の圧勝に終わった(ヘッドスピンを岡村は成功させたが、ゴリは失敗した)。

■『ワンナイR&R』の小川直也との試合でバック宙(プロレス技で言えばムーンサルトプレスから着地)を披露。また、同番組内では鉄棒の大車輪をこなしたり、正面飛びドロップキックで宮迫を吹っ飛ばすなど、かなりの運動神経の持ち主である。

■『ワンナイR&R』のキャラクター「松浦ゴリエ」が有名。同キャラクターでCDデビューやモデル雑誌の表紙になるなどの人気になる。また同番組内ではハードなアクションやダンスを披露していたり、「落武者」として韓国やタイ、中国などへ行き、それらの国の本物の軍事教練に参加している(本人はこの企画に関しては、相当嫌がっているようである)。

■私生活では2002年に結婚した。翌年には子供が生まれ、さらに相方の川田広樹も結婚し、おめでた続きであった。

■2005年の大晦日、第56回NHK紅白歌合戦に「ゴリエ」のキャラクターで歌手として紅組で出場。バックダンサーと共にフジサンケイグループおよびNHKのシンボルマークの人文字を作り、フジのスタッフは絶賛したが、パンチラを披露したことから、司会のみのもんたにダメ出しされた。

■山田優は出身中学校の後輩である。

■『笑っていいとも!』の1コーナー「ギリギリヒント!当たっちゃドカン!」で、ゲストに3回ドカンワードを当てられてしまい、自宅にドラム缶が送り付けられてしまった。

■『おはスタ』の「Drゴリの研究所」では、しばしばキッズ達にはわからなそうな古い曲(ピンクレディーの「ペッパー警部」、早見優の「夏色のナンシー」など)をかけさせ、意味不明なことを言うのでキッズ達は困惑する。

■2007年3月10日放送の『メレンゲの気持ち』にて、知花くららと父親同士がいとこ、すなわちはとこにあたることがわかったが、本人は本番で知花に言われるまで全く知らなかった。

■近年は映画、ドラマなどと幅広く出演する個性派俳優でもある。

■漫画『HUNTER×HUNTER』(グリードアイランド編)の登場人物の1人、ゴレイヌのモデルとされている(顔立ちは本人とほぼ似ている。髪型がモヒカン。腕の毛が濃い。左利きなどが挙げられる)。

■沖縄が舞台のドラマなどに多く出演しており、愛県心が強いと思われる。


【エピソード】
■沖縄時代のゴリは相当の不良でならしたことで有名。友人五人と深夜スーパーマーケットに侵入して、アクション映画さながらの警察捕り物を繰り広げた経験あり。本人もこれを公共の電波で暴露している。学校の先生の必死の指導と、周囲に謝罪する母の涙を見たことにより改心した後は勉学に励み、県内でもトップクラスの進学校と大学に進学するまで成長した。ちなみにこの経緯は沖縄県教育委員会で『照屋年之君の更生の記録』として小冊子となっているほどだという。ゴリ自身も、中学校卒業時に校長先生の計らいによって、全校生徒の前で中学時代の一連の経緯を綴った作文を朗読させられ、読み終えた瞬間、その場にいた全員から割れんばかりの拍手を送られたという。

■東京に出てしばらくは方言ネタを封印していた(というか忘れていた)。最近になってコンビの時は方言ネタも披露するようになったが、これは平良とみと共演したあるトーク番組収録後平良とみ本人から直々に『方言を大切にしないこと』に対してダメ出しを喰らったのがきっかけらしい。(それほど平良とみは沖縄の芸人に対して影響力がある)あの平良とみを本気で怒らせた芸人はガレッジセールくらいであろう。

■父親は非常に女癖が悪く、名護に自身が経営している店にアルバイトで入ってきた女性と住む為の家を建てた事もあった(人志松本のすべらない話より)。

■両親はダブル不倫がきっかけで結ばれた。


(出典:Wikipedia)

小梅太夫

小梅太夫(こうめ だゆう、本名:赤井 貴(あかい たかし))は、東京都杉並区出身の日本のお笑い芸人である。SMA NEET Project 所属。旭川大学経済学部中退。

【略歴】
■1972年4月20日 - 東京都で生まれる。
■1995年 - 梅沢富美男劇団に所属し、明治座などの舞台に立った。女形をしていた時期もある。
■1997年 - お笑いに転身。2000年から「赤井貴」名義で外山某とJUMP‐2000というコンビを組み、担当はボケであった。その当時から、現在の「小梅太夫」に類似した衣装で出演することもあった。のち、コンビを解消、単独でアマゾネースを名乗っている。エンタの神様出演後公式サイトには小梅太夫(アマゾネース)と表記されているが、改名したのかどうかは不明である。
■2005年 - 『エンタの神様』(日本テレビ系)に初出演、小梅太夫としてブレイク。
■2007年6月18日 - 同年2月に元OLの女性と婚姻していたことが報道された。
■2007年7月7日 - 第一子となる男児が生まれたと報道された。

【人物像】
■「赤井貴」として、2002年頃、TBS系列のガチンコ!の「日本一もてない男」にも出演。レッドと呼ばれメイン出演する等の活動をしていた時期がある。
■2008年1月3日に放送された「芸能人ウワサの美女妻顔出し解禁100連発スペシャル」(日本テレビ)にてテレビ初公開となる自身の素顔を公開した。

【小梅日記】
『小梅日記』(こうめにっき)とは、小梅太夫の持ちネタである。常に着物を着付け、顔や腕は白くメイクされ、ゴム製のかつらをかぶっている(ズレることがある)。普通は扇子を持っているが2006年8月19日の『エンタの神様』(日本テレビ系)では浴衣姿にうちわを持っていた。放送のみネタはすべて裏声で発声される(ただし最近の『エンタの神様』内では地声を発することが増えてきている)。

「私(わたくし)、狂い咲き小梅太夫と申します。徒然なるままに書き散らした『小梅日記』、お聴き下され〜」の口上で始まる。この口上は、TV放映ではカットされる場合がある。『エンタの神様』では、一度マイケル・ジャクソンのものまねを披露したことがある。また、同番組の2006年9月9日放送分ではシャ乱Qの『ズルい女』を披露した。

2005年10月29日付けの放送で『エンタの神様』に出演したところ、大反響があったとして2006年5月20日まで連続出演を果たすなど、同番組では強く推されている。2006年5月27日の放送では出演せず、連続出演は終わったものの、6月3日にエンタに再び出演、以降も連続出演を果たしていた(7月29日の放送には出演せず)。番組内でのキャッチコピーは、「狂い咲きの艶道(あでみち)」。番組内では賛否が分かれており(ネタの最後に「チクショー」などと叫ぶシーンがあるが、カメラワークによる演出(引きとアップを繰り返す)に頼らねばならないことから)、ネタ自体に対して厳しい評価が多い。

2006年5月10日にCD『小梅日記』(CRCP-10138 1200円)を日本クラウンから発売。発売した週のオリコンチャートでは初登場36位を記録した。因みに売り上げ枚数は20,000枚(推定)。CDの内容は曲ではなく「エンタの神様」で行っている「小梅日記」のネタを3トラック分、カラオケバージョンを3トラック、計6トラック収録。

自身の着うたが30万件ダウンロードとなり、ゴールド配信大賞を獲得した。その後、着うたが60万件ダウンロードを突破し、プラチナ配信大賞を受賞した。その後、80万件ダウンロードを突破している。

2006年11月18日の出演後4ヶ月ほど『エンタの神様』には出演していなかったが、2007年3月10日に「小梅太夫 with High! Cheese」としてユニットで同番組に出演した。ネタは小梅日記と同様の自虐ネタだが、歌の調子は変わっており、ほぼすべて同じ音程でラップ調であった。さらにネタとネタの間に地声でのトークを挟んでいる。また、2007年7月7日放送分の同番組で同じユニットで登場したが、顔が白塗りから黒塗りに変わり、髪ももじゃもじゃになった。ネタは同じくラップ調だったが、ダンスの披露を織り交ぜていた。 2007年9月22日に『エンタの神様』に復活し、宇宙人にさらわれて改造されたという設定で顔全体が銀色に染められていた。


■小梅太夫公式ブログ
■小梅太夫公式ページ

(出典:Wikipedia)

小島よしお

小島よしお(こじま - 、本名:小島義雄、1980年11月16日 - )は、沖縄県出身のお笑い芸人。サンミュージック企画所属。千葉市立稲毛高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。


【プロフィール】
身長178cm、血液型O型。星座はさそり座。左利き。元WAGEのメンバーで、WAGE時代に事務所の先輩後輩の間柄であったことから ポルノグラフィティと仲が良く、新藤晴一の野球チーム・桜丘クロゴスに所属。晴一によると、HEY!HEY!HEY!のゆかりゲストとして出て欲しかったが、小島の知名度が低かったため断念。


【芸風】
筋肉質な「ブーメランパンツ」姿で、体験談などを話すも途中で失敗(言葉を間違えたり先にオチを言ってしまったり)に気付き「下手こいたー!」と落ち込んで、床にひざまづき頭を垂れた後、BGMが流れると尻から立ち上がり、軽快なリズムに合わせてネタを始める。尺が短い場合はBGMを流しながら登場する事もある。

BGMは、Woodyの「hype 'o' tek」、TWIN PITCHの「GHETTO BLASTER」を使用している。

ネタは、失敗談のあと「○○○、だけども だっけぇど、×××、でもそんなの関係ねぇ!、そんなの関係ねぇ!」と拳を振りながら力説する。「だけども だっけぇど」は言わない場合もある。その後「はい(セイ(say))!オッパッピー」と叫んで白目をむきながら左腕と右脚を斜めに伸ばして“イ”に似たポーズを取り、「チントンシャンテントン チントンシャンテントン」と唱えながら軽妙な踊りを見せる。『でも「そんなの関係ねぇ!」×3→「はい!オッパッピー」→「チントンシャンテントン」×2』が基本の流れとなる。

たまに「おー(O)!(おー!)ぴー(P)!(ぴー!)えー(A)!ぴー(P)!あい(I)! オッパッピー」と盛り上がろうとする。尺が長い時、お客の対面で行う事がある。「おー」「ぴー」はお客との交互、「えーぴーあい、オッパッピー」は一緒に言う。 あいうえお作文を行い、小島の「こ」こんなに大勢の前で、小島の「じ」人生懸けて、小島の「ま」まさかの人任せと言う。よしおの「よ」よせばいいのに、よしおの「し」しらけた空気を、よしおの「お」オッパッピーとも言う。

必ずといっていいほどネタの途中でグダグダになる。

初期の頃は「はい!オッパッピー」ではなく、「○○○オッパッピー」と言っていた。現在も締めで「暗転下さいオッパッピー」等を用いる事がある。司会者に「オッパッピーってなんですか?」と質問されると「なぜ知らないの?」という顔をして「オーシャン・パシフィック・ピース(太平洋に平和を)」の略だと応える所までがネタ。ただし、正式な太平洋の英単語のスペルは(The)Pacific ocean(パシフイック オーシャン)である。ちなみに、Ocean pacific peace(オーシャン パシフィック ピース)を直訳すると大洋平和平和となり、ゴロとしてはおかしい。これは、もともとのオッパピーは、卑猥な言葉だったらしいが、他の芸人にダメ出しを受けて「オーシャンパシフィックピース(Ocean Pacific Peace)」に変更したためだといわれている。 かつては怖い話などをしながら、体中にオイルを塗りたくり肉体をアピールするネタを披露していたが、上記のネタでブレイクした。

最近では「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はい!オッパッピー!」がTOKYO FMのラジオ番組SCHOOL OF LOCK!のメインパーソナリティの1人であるやましげ校長(山崎樹範)が番組中にこのネタを使用し始め、同番組内で大ブームとなっている。


【エピソード】
■本名の小島義雄名義で出演していたこともあった。あだ名は「よしピー」。

■はいているブーメランパンツは3種類あり、初期の海パンがゆるくなった為現在の緑色の海パンになったと発言。なお3代目の海パンはGyaOの超サンミュージックで視聴者プレゼントされた。
本人のネタに祖父はブラジル人と登場するが、本当は日本人だと自身で暴露する。

■2007年3月4日に茨城県・取手市民会館において行われたライブで、桜塚やっくんに気に入られ、その日のブログで紹介されている。

■2007年5月の第5回お笑いホープ大賞決勝進出。審査員特別賞を受賞。

■2007年5月25日放送の日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』に出演し、多くの人に知られるきっかけとなった。

■2007年5月27日放送のABCテレビ系『笑いの金メダル』で新郎役・上田晋也の友人という設定で出演も初めに「はじめまして」といってしまう天然でもある。その回で仲人役・西川きよしに「短期間かもしれないけど、これは流行るかも」と言われ、同じく仲人役・北斗晶からは「あんなバカ見たことない」と言われた。結果、その回にネタ出しで出演した芸人の中からMVPに選ばれた。

■『笑いの金メダル』でネタをやる時は必ず「地球温暖化…」と言いかけたところで幕が閉まっていた。

■2007年6月14日放送の日本テレビ『ラジかるッ』に出演し、早稲田大学時代、番組MCの宮崎宣子アナと同じオールラウンドサークル所属だったと発言。

■2007年6月14日放送のTBSラジオ『カンニング竹山の生はダメラジオ』にゲストで出演し、元高校球児だったと発言。小学校から高校まで野球をやっていたという。そして、「自分は野球選手になるか芸人になるか悩んでいた」と発言。ドラフト会議で自分の名前がいつ呼ばれるかを待っていた(もちろん実際に指名される事は無かった)。

■2007年6月21日放送のTOKYO FM『Wonderful World』に出演時間よりも早く登場し、ゲストとして来ていたビリー・ブランクスの前で持ちネタを披露。ビリーに「オッパッピー」と言わせることに成功。

■2007年7月6日放送の日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』に出演し、滝沢沙織と知り合いである事を明かした。

■2007年7月22日に行われたTAICHI MASTERの結婚式、披露宴、ライブに、DJ TATSUTA、MCU、CMJK、LITTLE、宇多丸、wyolica、ハナレグミらと共に出席し、芸を披露した。

■2007年7月31日放送の爆笑レッドカーペットで、YouTube週間再生ランキングが世界5位になったことがあるということが明かされた。

■2007年8月8日放送のTBS『明石家さんちゃんねる』で、本人曰く、「そんなの関係ねぇ!」のネタは学生時代DJであった先輩が、いきなりマイクをフッてきたが、面白い事を言えなかった。そんなときに「そんなの関係ねぇ!」という言葉が降ってきたらしい。

■音楽戦士 MUSIC FIGHTERの明るいニュースでポルノグラフィティの新藤晴一と同じ野球チームのチームメイトであり後輩だという事を明かした。

■2007年8月16日放送のGyaOの超サンミュージックで持ち込み企画を行っていたが、小島の「キンタマ」連呼に腹をたてたスタッフが注意を行う。この後、小島とスタッフの口論が始まり、放送事故(風のコント?)のような状況になる。結局、番組の最後で例の音楽が流れだし、ネタが始まる。番組最後の告知中に「これはフィクションでした」と説明が入り番組は終了する。

■2007年8月18日放送の日本テレビ系列24時間テレビ 「愛は地球を救う」の1コーナー(熱湯コマーシャル)に登場した際、アドリブで浴槽内にて持ちネタである「そんなの関係ねぇ!」「オッパッピー」を披露した。小島が浴槽内で平然とネタを続けた事で、実際には熱湯ではない事が露呈してしまうというハプニングが生じた(昨年も小阪由佳が熱がるリアクションを取らなかった為、熱湯ではない事を露呈されている)。若槻千夏のブログによれば、その後、楽屋でカンニング竹山から「関係ある時もあるんだよ」というアドバイスをもらったようである。また放送内で「熱いという前提が壊れちゃったよ」とあえて火に油を注ぐようなことを言って笑い飛ばしていた爆笑問題の太田光は後に「竹山とかがさんざん冷やかしたら本気で落ち込んじゃって」と茶化した上で「最高だった。腹抱えて笑った」「あれをきっかけに大ブレイクするぜ、多分」と絶賛している(『爆笑問題カーボーイ』8.22放送)。この事件を放送事故と見做す者もいるようだが、若槻や太田は笑い話として扱っていた、その後2007年8月27日放送の笑っていいとも!で小島はダチョウ倶楽部と再共演を果たし「こう見えても僕、熱さに強いんです!でもそんなの関係ねぇ!」と自身のギャグを交えてこの日の事を堂々とネタにしていた、その際肥後克広から「関係あるだろ!」とツッコミを受けている。

■2007年8月28日 TOMORROW(J-WAVE)にて例の事件(24時間テレビにて)について話しを振られた。どうやらあの後は頭が真っ白になったらしく、唯一覚えているのはたむらけんじの獅子舞で隠させてもらったこととカンニング竹山に言われた言葉ぐらいらしい。ちなみに、多少引きずっているらしい。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070830-00000029-rbb-ent

[PR]

視力回復手術「レーシック」を検討するなら「視力回復レーシックコム」 話題の視力回復手術レーシックに関する情報が満載!参加医療機関の特色を知るため、まずはラクラク資料請求!

後藤輝基(フットボールアワー)

後藤輝基(ごとう てるもと、1974年6月18日 - )は、吉本興業所属のお笑い芸人。大阪府大阪市東淀川区出身。フットボールアワーのツッコミ担当、相方は岩尾望。立ち位置は向かって右。血液型B型。


【経歴】
■大阪府立山田高等学校出身、大阪NSC14期生。

■NSCで同期だった天満国男と後藤・天満(後にエレキグラムと改名)を結成、1999年に解散。当時はボケを担当していた。

■1999年4月、NSCの同期で友人でもあった岩尾望と「フットボールアワー」を結成。ツッコミに転向。

■2006年4月、木村祐一と辺見えみりの結婚披露宴の司会を務めた。

■吉本男前ランキングでは2004年6位、2005年10位、2006年10位、2007年7位。


【特徴・性格】
■「?マジっすか!」での陣内智則やケンドーコバヤシとのやり取りから「鳥に似ている」「喋りが古くさい」(落語調の喋り方)というキャラが定着。“鳥のお化け”という通称はコバヤシの「後藤はファイティーに似ている」という発言を陣内が誤解説したことによる。

■ヘビースモーカーで、一日に5箱吸っていたこともあるほど(吸い過ぎで肺と背中が痛くなったため本数を減らした)。

■特技はエレキギター。野性爆弾、カネシゲタカシ(岩尾の前コンビ「ドレス」での相方)と「盆地で一位」と言うインディーズバンドを結成している。結成当初はイベントに頻繁に参加していたが、近年では「スケジュールによって出演したりしなかったりするボーナスキャラのような存在です」とカネシゲタカシにブログで表現されている。

■ギターの特技を生かして、少年カミカゼ和教の編曲の下、甲南大学会計大学院の校歌の作詞作曲を手がけた。ラジオ番組いきなりフットボールアワーの2006年7月27日放送内で完成版が披露された。

■趣味は超合金とミニカー集め。

■料理も得意。未来創造堂(2006年12月15日放送)では「美味しい塩ラーメンの作り方」、いきなりフットボールアワー(2006年10月19日放送)や、ジャイケルマクソン(2006年12月28日放送・吉本国勢調査2006)では自身の創作した「輝ちゃん鍋」の作り方を披露した。

(出典:Wikipedia)

[PR]

19800円〜より変則ギア付きビーチクルーザーの完全オリジナルカラーをご用意しており、大胆な色使い等、遊び心のあるデザインも大きな特徴。これからの季節にぴったりのビーチクルーザーがそろってます。

コロッケ

コロッケ(1960年3月13日 - )は、熊本県熊本市出身のものまねを行うものまねタレントである。本名:滝川 広志(たきがわ ひろし)。血液型はB型。熊本第一工業高等学校(現・開新高等学校)卒業。


【プロフィール】
■ものまね四天王の一人で、ものまね芸人の代名詞的存在である。一時期ものまね四天王とともに『ものまね珍坊』(フジテレビ)にレギュラー出演。またコロッケ自身の冠番組『そんなコロッケな!?』→『コロッケ!!噂の芸能界』(TBS)といった冠番組を持つようになった。

■「ものまね王座決定戦」の木村忠寛プロデューサーとの対立によりフジテレビに出られなくなると(1992年3月31日放送の第11回爆笑!スターものまね王座決定戦スペシャルが、フジのものまね番組最後の出演だった)、1994年より日本テレビ「ものまねバトル」に移った。同じく「ものまね王座決定戦」のレギュラー出演者であった岩本恭生や篠塚満由美、更に司会の研ナオコなどを含めて日テレに移動したのはこの時の騒動のためである(それでもなんとか榊原郁恵はフジに残った)。グッチ裕三は、コロッケがフジに出なくなった理由を尋ねられると、「言えねー!」とコメントしていた。

■離婚した前妻との間に、顔がそっくりの芸人志望の息子がおり、インタビューで次のような発言をした。「(コロッケは)父親としては最低です。でも悔しいけど芸人としては最高。僕は父のような芸人になりたい」。

■1980年代後半、美川憲一のものまねが茶の間に大受けした。美川は70年代からの低迷に加え、1985年の大麻取締法違反逮捕などで芸能界から干され、どん底の状況を送っていたが、「ものまね王座」にご本人として登場したことから奇跡的に復活。以来、コロッケを「芸能界に戻してくれた恩人」として感謝しており、再び売れっ子となった現在でも芸能界の後輩としてコロッケを可愛がっている。また1991年、NHK紅白歌合戦に美川が復活出演した際にもコロッケはものまねで登場し、一緒に「さそり座の女」を歌った。

■また、NHK総合テレビの『にっぽん愉快家族』で共演していた華原朋美と朋ちゃん&コロッケとしてデュエットシングル『ありがとね!』を2003年10月22日に発売し、この年の紅白歌合戦にも華原朋美w/コロッケとして出場した。

■10年以上、紅白歌合戦には美川憲一のものまね(応援ゲストとして)で毎年出場しているほか、事前番組にも出演している。紅白には縁の深い芸人である。

■中日劇場や新宿コマ劇場などの大劇場での座長公演を定期的にこなし、喜劇役者として円熟度を増している。

■2007年1月27日より新宿コマ劇場にて5回目の座長公演を行う。


【芸名の由来】
■自身が出演した2005年7月放映の『グレートマザー物語』(テレビ朝日)によると、1979年に上京し東京のショーパブで形態模写(ものまね)をしていたが、「ロッキー」のあだ名で知られた経営者と同じアフロヘアーのスタイルで、風貌が似ていたことから「小ロッキー」というあだ名が付いた。そこからコロッケという芸名が付いたとされる。

■本人は以前、「顔がコロコロ変わるから」と言う理由でコロッケという芸名にしたとも語っており、これ以外にも様々な説がある。


【ものまね芸】
■お姉さんの影響で、ものまねを始めた。(お姉さんは、現在「ケロッケ」として活動している。)

■一般的に言われる「ものまね」ではなく、模写する者の、ある特徴的な(コロッケ自身が特徴的だと思った)一部分を強調したものまねを披露する(大袈裟な歌い方をする千昌夫、極端にアゴが出ている岩崎宏美、頭が重い島倉千代子など)。

■かつては形態模写のみ(顔、表情、振り付け、態度のまね)で、声は本人のレコードなどを流しており、ステージ上では全く声を出さなかった。テレビ時代に即したビジュアルものまねは正しく革命的で、以後のものまね芸に大きな影響を与えることになった。その後に声帯模写の技術も身に付けている。

■一部分のみを強調するため、本人とは全く違うものになってしまうことが多い。その代表的なものが恐竜の森進一、ロボット五木ひろし、鼻をほじる野口五郎、パラパラを踊る北島三郎などである。しかし、その「芸の深さ」は、同業者でも恐れ入る部分が多いと言う。ちなみに、鼻をほじる野口五郎を本人の前でやったところ野口本人に怒られ、毎年お歳暮を送っているらしい。

■その他、誰かと誰かを組み合わせた「合体ものまね」(沢田研二と志村けんを組み合わせた「沢田けん」、北島三郎と野口五郎を組み合わせた「北島五郎」、GLAYと岩崎宏美を組み合わせた「グレイ・イワサキ」、森進一と武田鉄矢を組み合わせた「森鉄矢」など)や、観客に「やってほしいものまね」のアンケートを取る「即興ものまね」、二倍速の速さで顔の動きを表現する「早送りバージョン」なども得意としている。

■努力家としても知られる。「フラフープが上手な淡谷のり子」というネタでは、三日三晩フラフープを練習したというエピソードがある。また、松山千春のものまねをするタレントは多いが、松山と同じキーで歌真似が出来るタレントというのは殆どいない。コロッケはボイストレーニングを積むことで同じキーで歌えるようになり、本人からもお墨付きを貰った。

■研究熱心であり、同じ低音でも美川憲一の低音とピーターの低音は全然違うと言い、美川の低音(圧力釜みたいな声)とピーターの低音(井戸の底から聞こえてくるような声)を足して2で割るとフランク永井の声になるという成果を発表している。

■1980年代、岩崎宏美のものまねを毎回「シンデレラハネムーン」に乗せて歌っていたが、岩崎があるコンサートで同曲を歌おうとすると、イントロが流れた際に何度も会場から笑い声が聴こえたという。以降、岩崎はこの曲を歌うのが嫌になり、「コロッケにあげる」と発言。長らく「シンデレラハネムーン」は、コロッケの持ち歌のような状態となっていたが、現在では岩崎自身も、歌番組などで再び歌うようになっている。

■ライブでは藤沢一賀が司会を務め、主に音楽家・門司肇とタッグを組んでいる。相性は抜群である。


【主なものまねのレパートリー】
使用する楽曲は、一人につき一曲であることが多く、多くのご本人から「持ち歌」として公認を貰っている。

《あ行》
・淡谷のり子 - 「別れのブルース」
・五木ひろし - 「契り」「よこはま・たそがれ」「のれん」「待っている女」
・井上陽水 - 「リバーサイド・ホテル」
・岩崎宏美 - 「シンデレラハネムーン」「聖母たちのララバイ」
・大友康平 - 「フォルティシモ」

《か行》
・Gackt - 「ANOTHER WORLD」
・嘉門達夫 - 「替え歌メドレー」
・河村隆一 - 「Love is...」「Glass」
・北島三郎 - 「与作」「まつり」「兄弟仁義」
・工藤静香 - 「MUGO・ん…色っぽい」「嵐の素顔」
・桑名正博 - 「セクシャルバイオレットNo.1」
・郷ひろみ - 「言えないよ」
・米米CLUB - 「Shake hip!」
・桑田佳祐 - 「BAN BAN BAN」

《さ行》
・西城秀樹 - 「ブーメランストリート」「傷だらけのローラ」
・桜田淳子 - 「気まぐれヴィーナス」
・さだまさし - 「秋桜」「雨やどり」「関白宣言」
・沢田研二 - 「勝手にしやがれ」
・島倉千代子 - 「人生いろいろ」「東京だょおっ母さん」
・志村けん
・瀬川瑛子
・世良公則 - 「あんたのバラード」
・千昌夫 - 「星影のワルツ」

《た行》
・武田鉄矢 - 「あんたが大将」「贈る言葉」「母に捧げるバラード」
・田原俊彦 - 「恋=do」「さらば…夏」「ごめんよ涙」「抱きしめてTONIGHT」
・田村正和
・ちあきなおみ - 「喝采」
・TERU(GLAY) - 「HOWEVER」
・所ジョージ

《な行》
・中居正広(SMAP)
・中島美嘉 - 「雪の華」
・長嶋茂雄
・中村雅俊 - 「ふれあい」
・中森明菜 - 「TATTOO」
・野口五郎 - 「真夏の夜の夢(早送りバージョン)」「私鉄沿線」
・野村宏伸
・野村義男

《は行》
・橋幸夫 - 「恋のメキシカンロック」「潮来笠」
・浜崎あゆみ - 「evolution」
・ピーター - 「夜と朝のあいだに」
・フランク永井 - 「おまえに」「君恋し」

《ま行》
・マイケル・ジャクソン
・前川清 - 「そして神戸」「東京砂漠」
・松山千春 - 「銀の雨」「季節の中で」「長い夜」「君を忘れない」
・美川憲一 - 「さそり座の女」
・美空ひばり - 「川の流れのように」
・森進一 - 「おふくろさん」「北の螢」
・森山直太朗 - 「さくら」

《や行》
・八代亜紀 - 「雨の慕情」
・吉幾三 - 「俺ら東京さ行ぐだ」「酒よ」

《人間以外》
・鶏
・犬
・鯉
・花火
・・・・etc


【その他】
■一つ違いの実姉も、ケロッケという芸名でものまねタレントとして活動している。

■家訓はあおいくま(あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな、の頭文字を合わせたもの)で祖母から贈られた言葉。

(出典:Wikipedia)

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

コージー冨田

コージー冨田(コージーとみた、本名:冨田 弘司(とみた こうじ)、1967年2月24日 - )は、日本のものまねタレント、コメディアンである。兵庫県神戸市生まれで、愛知県豊田市出身。オフィスインディーズ所属。豊田市立朝日丘中学校、杜若高等学校卒業。


【人物・来歴】
アラコ(現:トヨタ紡織)のサラリーマンだった素人時代から本名の冨田弘司名義で『笑っていいとも!』『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』など様々な番組に出演し、第28回『発表!日本ものまね大賞』でグランプリを獲得後本格的にプロ転向。「あれっ?髪切った?」、「んなぁーこたぁーない」というフレーズを用い、タモリのものまねの第一人者となる。テレビにあまり出演していなかった時は頭髪があり痩せていて現在よりもタモリに似ていた。「おまえの番組に出てやる」という大橋巨泉のセリフも得意のレパートリーのひとつ。その他、板東英二、桂歌丸、笑福亭鶴瓶など多数のレパートリーを持つ。「重箱の隅をつつくメドレー」に代表される、細かすぎて分からないものまねを身上としている。

冨田弘司名義の時に「笑っていいとも!」に2度ほど出演している。一度は冨田のタモリまねネタがまだ有名でなかった頃、「真夏のそっくり当てまショー」という企画(1997年9月3日放送)でタモリのそっくりさんとして登場(夏休み期間に行われた企画のグランドチャンピオン大会で、第1回から第6回までの優勝者と新人4人が出場した。冨田は新人4人のうちのひとり)。このときが、タモリ本人の前で冨田が彼のものまねを披露した(現在確認できる限りでは)唯一の機会である。

もう一度は「松村邦洋プレゼンツものまねクイズ僕らは謎の三銃士」という企画(1998年9月30日放送)で、松村邦洋・御本人・ものまねが得意な素人の3人を声だけで識別するクイズ。このときは1.松村邦洋・2.松村雄基・3.冨田の順番で一言ずつ「イソップゥ!」等と話したが、どうも3番は松村邦洋っぽいという展開になり、解答者の東野幸治は「どうですか? 掛布さん」とネタフリをすると冨田は物まねで見事にこれに対応し、東野は「バレバレじゃないですか。」となり、誰もが3番は完全に松村邦洋と思ったが正解発表で3番が冨田とわかり皆を驚かせた。冨田は、「松村邦洋がマネする松村雄基」と「松村邦洋本人」(更に「松村邦洋がマネする掛布雅之」)のまねをしていたのだ。出てきた松村邦洋は立場がなく、落ち込んでいる様子だった。なお、このときはタモリのまねはしていない。

コージー名義となって以降、(無許可でやっているため)タモリとの公式な共演はない。原口あきまさが明石家さんまと多く共演しているのと対照的である。またコージーのタモリのものまねが定着して以降、タモリがステレオタイプを嫌ってか、「髪切った?」「んなぁーこたぁーない」と話す機会は激減している。

素人時代から頭髪が薄かったが、その後異常に禿頭化が進み、プロ転向後はスキンヘッドにしている。その為、モノマネのネタに応じてその都度カツラを被り換える。かねてからカツラ・増毛疑惑があり、自虐ネタにもしているタモリは、この頭を見て「あんた、よくその髪型で俺のモノマネやれるよなー」と冗談めかして言ったとコージー本人が語っている。

音声をまねる声帯模写、外見をまねる形態模写に対し、自分のものまねは性格模写であると本人は語っている。

2001年に第38回ゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞。該当年度(2000年度)は原口あきまさと組んだ仕事が多く、2組受賞かコージー・原口のペアで1組という扱いになるかとも思われたが、結局コージーだけが受賞した。

現在はコロンブスと共に仕事をする事が多い。また、石橋貴明と公私共に仲が良く、麻雀仲間でもある。そのため「普段の石橋貴明」というネタも持っている。

無名時代はものまねパブで働いていた事があり、当時結構ギャラも良く下積時代の芸人にありがちな貧乏での苦労をした事が無いと「徹子の部屋」で発言している。

女子プロレスのファンである。


【ものまねのレパートリー】
《あ行》
・阿藤快
・天野ひろゆき(キャイ〜ン)
・石橋貴明
・市原悦子
・伊東四朗
・上田正樹
・大橋巨泉
・オール巨人

《か行》
・角野卓造
・桂歌丸
・上岡龍太郎
・キダ・タロー
・桑田佳祐
・コロッケ

《さ行》
・サンプラザ中野
・笑福亭鶴瓶
・島田紳助
・陣内孝則
・鈴木雅之
・関根勤

《た行》
・滝口順平
・タモリ
・武田鉄矢
・所ジョージ

《な行》
・中井貴一
・西田敏行

《は行》
・浜田雅功(ダウンタウン)
・板東英二
・ビートたけし
・藤岡弘、
・はなわ

《ま行》
・前川清
・松浦亜弥
・松村邦洋
・室田日出男

《や行》
・八奈見乗児
・矢部浩之(ナインティナイン)
・結城貢
・吉幾三

《ら行》
・ルー大柴

《わ行》
・渡辺徹

(出典:Wikipedia)

[PR]

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの「オンライン無料愛車査定」を活用すれば、お昼休みに1分足らずで簡単に査定申込ができちゃうんです。 メーカー車種、年式、走行距離で概算金額が分かります。

ゴルゴ松本(TIM)

ゴルゴ 松本(ゴルゴ まつもと、本名:松本 政彦(まつもと まさひこ)、1967年4月17日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビ「TIM」のメンバーで、ボケを担当する。ワタナベエンターテインメント所属。血液型はA型、身長167cm。


【来歴】
■埼玉県大里郡花園町(現、深谷市)出身。埼玉県立熊谷商業高等学校卒業。

■高校時代は野球部に所属し甲子園出場経験(1985年春の大会)を持つ。本大会ではレギュラーメンバーではなかったものの、主に三塁ベースコーチを務めた。同級生でエースピッチャーの原口哲也は後に西武ライオンズに入団した。

■1990年、アパートの隣の部屋に引っ越してきた吉田永憲(のちのレッド吉田)と出会い、1994年に吉田と「TIM」を結成。

■なお「ゴルゴ松本」という芸名は、新人時代にマンガ「ゴルゴ13」をモチーフにしたネタをやっていたことに由来する。

■老若男女問わず笑せることができる一発ギャグ、「命」「炎」などの「人文字ギャグ」で人気を博す。最近はチョビヒゲを生やした顔を活かした「顔芸」も得意としている。その顔つきから、さまぁ〜ず三村に「ひげキューピー?お前ひげキューピー?」と訊かれたことがある。その後、映画「ピーナッツ」出演に際してチョビヒゲは剃ってしまった。

■2005年7月に高校時代の同級生だった女性と結婚。

■テレビ番組では同じ事務所のふかわりょうに対して厳しく接しているために、ゴルゴはふかわの先輩だと思っている人が非常に多いが、実はふかわの方がゴルゴよりも数ヶ月早くワタナベエンターテイメントに所属しているため、正確にはふかわの「後輩」である。(因みに、デビューしたのは共に1994年。)年齢はふかわより7才年上なので、芸歴の年数でなければ先輩である。


【主なギャグ】
■命
■炎
■す
■いのしし
■シャネル
■へん〜さち7
■イテテテテ4
■ニャ〜(ネコのまね)
■ワロタ〜〜(歯を出した顔)
■邪馬台国
■チンパンジーの腹筋(イロモネアで誕生)
など


【人物】
■豪快で男性的な芸風や見かけに似合わず、非常に神経質な性格。「内村プロデュース」(テレビ朝日系)で突然訪問した結婚前の自宅も、非常に綺麗で掃除がいき届いており、洗濯物もきちんとたたまれていた。またケーキを始めとした茶菓子まで常備されており、内村以下メンバーもびっくりしていた。三村マサカズが悪戯で醤油をこぼした時には悲鳴をあげて必死に拭き取っていた。

■テレビ出演時はよく葉巻を咥えているが、実はタバコ嫌い。ヘビースモーカーの多いお笑い芸人仲間に対してタバコの吸い過ぎを咎めたりする程の嫌煙家である。

■根っからの「体育会系」で、上下関係に非常に厳しい。同じ所属事務所の後輩芸人たちに対しては、挨拶から女性の口説き方まで厳しい教育指導を行っている。

■趣味・特技はゴルフで、セミプロ級の腕前。

■愛車は黒のクライスラー・300。「志村&所の戦うお正月」(テレビ朝日系)の中で、ふかわりょうがうつみ宮土理に貸したが、彼女が乗った際電柱にぶつけられてしまった。これに懲りたのか、ゴルゴはその後「内村プロジェクト」において、同車をふかわが運転した際に助手席に座り「鬼教官」として事細かに指示を出していた。

■若手のときに天才・たけしの元気が出るテレビ!!に出演し、他の若手芸人が尻込みするなかで東尋坊からのダイブを成し遂げた。

(出典:Wikipedia)

[PR]

ついに復活!【川村ゆきえ】、豊乳と究極のクビレ【佐藤寛子】、エロかしこく挑発的【優木まおみ】、バスタブに揺れるIカップ【佐藤和沙】、濃密フェロモンの癒し系【山口敦子】、深夜バラエティで人気【向坂美々】

小宮孝泰(コント赤信号)

小宮孝泰(こみや たかやす、1956年3月11日 - )は、神奈川県小田原市出身の俳優・お笑いタレントである。石井光三オフィス所属。


【来歴・人物】
神奈川県立小田原高等学校を経て、明治大学卒業。渡辺正行とは、明治大学時代の同級生であり、その渡辺の誘いで劇団テアトル・エコー養成所一級上のラサール石井と3人で、お笑いトリオのコント赤信号を結成する。また、声優としても、テアトルエコー養成所時代に新・エースをねらえ!に出演し、近年にはアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の擬宝珠夏春都役を務めた(同作の舞台版でも同役を演じた)。 1990年代以降はコント赤信号やお笑いタレントの活動よりも、舞台での活躍がめざましく、独り舞台、英国留学、舞台プロデュース、英語劇に精力的である。しかし、活動の根底にある「お笑い」からは離れることはなく、最近では熱海五郎一座のもととなる伊東四朗一座の旗揚げに参画した。コント赤信号としての活動がない現在でも、渡辺やラサールと共演する舞台劇も少なくなく、伊東四朗をはじめとする東京・浅草のお笑いの伝統を現在に継承する活動と落語研究会で長く培われてきたタレントも加わり、上述の英語劇等の現在の芸の幅を広くしていると思われる。 タレントを見せる場、その力量が変わった現在でも、トークバラエティ番組における「小宮」の立ち位置・存在は見逃せない。小宮不在のトークバラエティ番組に、渡辺やラサールが「小宮は○○」「小宮が××」とオチに使い、ある意味では「お笑いのお約束」、ある意味では本人不在でその番組とお笑いが成立するという希有な俳優・お笑いタレントである。これはコント赤信号のメンバーそれぞれが作り上げた実力と小宮のキャラクターによる。

(出典:Wikipedia)

[PR]

"大学生専用コミュニティーサイト「大学生SNS.com」配信スタート!
大学生を中心に各情報を配信。
また、口コミ情報や大学生専門のアルバイト情報を提供しております。"

コント赤信号

コント赤信号(コントあかしんごう)は、渡辺正行・ラサール石井(旧芸名:石井章雄)・小宮孝泰の3人からなるコントグループ。略称及び旧名は赤信号。


【概要】
渋谷のストリップ劇場「道頓堀劇場」の幕間でコントの修業を積み、関西テレビの「花王名人劇場」でテレビデビューを果たした。

チンピラコントの一節である「兄貴!兄貴!」「待たせたな」のくだりは有名。特に「待たせたな」の方は今でもまれに聞かれる。

元々は石井光三オフィス所属のコントグループだったが、リーダーの渡辺正行が独立した上(事務所は石井光三オフィスの暖簾分けの形)に現在はそれぞれピンで芸能活動をしているため、3人が揃うことはあまりない。しかしながら、正式に解散しているわけではない。

2003年12月20日、アニメ映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード作戦!!』に役は違うが、声優として3人揃って久方ぶりに登場した。

M-1グランプリ2005決勝戦では、小宮を除く2人が審査員を務めた。

(出典:Wikipedia)

[PR]

国内旅行、バスツアー、海外旅行と豊富なツアー情報満載!!季節ごとのお薦めツアーや観光情報など盛り沢山!24時間インターネットにて予約可能です。

児嶋一哉(アンジャッシュ)

児嶋 一哉(こじま かずや、1972年7月16日 - )は、日本のお笑い芸人であり、アンジャッシュのボケ担当(たまにツッコミ)。

東京都八王子市長房町出身。人力舎所属。血液型はA型。身長177cm。


【略歴】
児嶋は同期で明治大学の落研の部長だった三浦とコンビで一時活動していたが、ほどなく解散。三浦は後に新宿のショーパブ「黒鳥の湖」でダンサーとして活動。

1993年に高校の同級生である渡部建とコンビ結成。因みに、高校時代は渡部とは話したことはなく、噂で人気者であったということを聞いていたという。高校時代はあまり目立つ方ではなかった。お笑い芸人になりたくてJCAに入ったが相方が見つからず、「高校時代の同級生から探そう」と電話を掛けたが断られ続け、今の相方は五人目。コンビ結成当初は「お前だけだ」と言い張り、本人曰く「辞められたら困る」ため、車で送り迎えもしていたらしい。しかし渡部が歩いていたエリートの道を踏み外させた原因として渡部の両親には未だに嫌われており、『児嶋』と呼び捨てで呼ばれている(これに関して渡部本人はどう思っているかは不明)。


【特徴】
■2003年12月に第3期日本プロ麻雀協会プロ試験に合格し、麻雀プロの資格を取得した。取得した理由は、周りの人達に「すごい」と言われたいだけである。飼い猫の名前は「ロン(もちろん、麻雀用語の「ロン」からである)」

■上記に関連し、フジテレビの麻雀番組『芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン 生スペシャル』への出演を懇願しており、2007年1月1日の放送で叶う。優勝を飾った。

■今はボクシングにはまっている。

■大型自動二輪の免許を持っている。

■自他共に認める赤面症でもある。スベると赤くなり、ウケても赤くなるらしい。相方には「営業妨害」「芸人向いてない」等と散々言われている。以前舞台でアンタッチャブルの山崎弘也に無茶振りをされ案の定スベり、幕が閉まったと同時に山崎を殴ったらしい。雑誌のインタビューで間違えて答えたときには、渡部は児嶋の”赤面治り待ち”をしたこともあるらしい。

■ものすごく長渕剛の大ファンでくりぃむしちゅーの上田晋也とアンタッチャブルの柴田英嗣と一緒に長渕剛をかたりあうほど。


【交流】
■ペナルティのワッキーと元極楽とんぼの山本圭一は麻雀仲間である。

■アンタッチャブルの柴田英嗣やおぎやはぎの小木博明と仲が良い。小木に関してはお互いに相手を下に見ているらしく傍からは「最低の関係」だと言われている。

■一時期くりぃむしちゅーの上田晋也の家に居候していた。そのため、プライベートでも上田と仲がよい。

■陣内智則とは二人っきりで誕生日を祝ったほど仲が良い。

■メッセンジャー黒田が藤崎奈々子に告白した酒の席にも立ち会っていた。

■飲み友達&合コン仲間は、バナナマンの日村 勇紀等


【エピソード】
■ジャニーズ事務所に履歴書を送ったことが2回あるが、2回とも落選した。しかし、まだ落選の通知が来ていないので、ジャニーさんは未だに迷っているといっている。

■2004年のある時期、児嶋が学生時代いじめられていたという話が出たことがあった。もちろん相方渡部のネタであるが、その昔話は雑誌やラジオなど様々なところで披露されていた。

■1月から3月までを英語で言えと言われ「ジャニュアリー、フェブラリー、ライブラリー」と言う天然ボケ。

■あるトーク番組で児嶋の高校時代が語られたが、それによると児嶋はあまり学校に来ず、サボってデパートのトイレで弁当を食べていたこともあったとか。とにかく学校では目立たない存在だったが、漠然と芸能界に憧れを持っており、歌手は無理だ、アイドルは無理だと消去法のような形で芸人の道を歩む。

■児嶋は渡部に「俺は事務所(人力舎)の社長にすごく気に入られてて、相方がいれば間違いなく売れる。渡部、お前しかいないんだよ」と、熱心に誘って渡部と組むことになった。しかし、実際のところ、児嶋はまだ事務所の社長に顔すら覚えられておらず、また、前述の通り高校時代の同級生に手当たり次第勧誘しており、渡部が5人目だった。

■おぎやはぎの小木と妻(森山奈歩)を八景島シーパラダイスに遊びに行こうと誘ったが断られ、結局上野動物園に行った。あろうことかその時の写真が週刊誌に載ってしまい、児嶋の誘い方があまりに熱心であったこともあり、ラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』でリーク児嶋の疑いをかけられた。最終的には児嶋が番組にゲスト出演し、リスナー投票による「リーク児嶋裁判」が行われ、晴れて無罪ということになった。だが、おぎやはぎの二人は未だに児嶋を疑っており、番組内でリーク児嶋と呼ばれている。


【ダイエット】
■2004年には千葉テレビ放送で放送していた『M'zip』(現在は時刻も変更され『白黒アンジャッシュ』になっている)でダイエット企画が持ち上がった。水泳やジョギング等をして見事2ヶ月で15kgの減量を果たした。

■その時に始めた格闘技に現在もはまっている。しかしダイエット後に出演した『笑いの金メダル』では瓦割りを命じられ見事一枚も割れないという記録を残した。そのとき司会のくりぃむしちゅーから「お前ふざけんな」と言われる。さらにその直後、ゲスト出演していた武蔵に勝負を挑み予想通り撃沈している。

(出典:Wikipedia)

[PR]

サイト閲覧、商品購入、資料請求等でmoneyが貯まる懸賞サイト。1000moneyから現金還元。魅力的なカテゴリーが盛り沢山。たくさん友達を誘ってmoneyを貯めてニンマニー

河本準一

河本 準一(こうもと じゅんいち、1975年4月7日 - )は、吉本興業所属のお笑い芸人、作家、俳優。お笑いコンビ「次長課長」の主にボケ担当。(デビュー当時はツッコミ担当。しかし、相方井上聡が天然過ぎる為、今でもトークや一部のネタではツッコミを担当。)ファンから呼ばれているあだ名は「準ちゃん」。最近ではドラマへの出演もある。大阪NSC13期生。血液型AB型。


【プロフィール】
■生まれは愛知県名古屋市であるが、幼少期に岡山県津山市に、更にその後岡山市に転居していることから岡山県出身としている。

■1994年に井上、山下正人とトリオ「次長課長社長」を結成。だが、1年程で「社長」にあたる山下が脱退した為、コンビ「次長課長」に変更。

■本名は「こうもと」なのにもかかわらず、よく「かわもと」と間違えられる(同じくお笑い芸人のベイブルースに、河本(かわもと)が居たが彼とは血縁関係はない)。この苗字は関西から山陽地方に見られるものであり、「こうもと」は兵庫県播磨地方より岡山にかけて多い苗字である。

■デビュー当初はパーマをあてたりもしてよく見れば男前系だったが、今では10kg以上も太り、昔の面影はない。

■岡山から大阪に出てきた当時は何度も岡山に帰ることも考えたが、相方井上の存在が踏みとどまらせた。「自分がこの世界に引きずり込んで、あいつの人生を狂わしたのに、自分が帰ったらあいつはどうなる」と発言。

■2003年3月に、元大阪パフォーマンスドールの重元直美と結婚し、一児の父である。

■めちゃイケの恋のかま騒ぎのコーナーであだ名として屯田兵と言われていた。

■ダイナマイト関西でのキャッチフレーズは「お笑い慶応ボーイ」。


【特技・芸】
■ジャッキー・チェンの映画(ドランクモンキー 酔拳)の脇役のセリフ「お前に食わせるタンメンは無ぇ!」(実際に映画の中でそのセリフがあったわけではなく河本も最初はセリフなしでやっていたが、番組内でアドリブ的にこのセリフを加えてやったところウケが良かったのでその後も続けた。)を筆頭に、個性的な声と顔を生かしたマニアックな物真似が得意。とんねるずのみなさんのおかげでした「第2回細かすぎて伝わらないものまね王決定戦」(2004年放送)で準優勝。

■ものまねネタがきっかけでドラマ「タイガー&ドラゴン」に中国人留学生の役で出演した。(当初は出オチ的な役柄として起用されたが、好評だったため準レギュラーとなった)「タイガー&ドラゴン」の脚本を手がけた宮藤官九郎は初め劇団ひとりのつもりで脚本を書いていたが、ドラマプロデューサーの強い推薦で河本になったという話もある。

■またタンバリン芸も得意とする。下積み時代の19歳の頃、ホストクラブで働いていたことがあり、タンバリン芸はここで身につけた。ちなみにその店で3であったと力説するも、その店には4人しかホストがいなかったとのこと。

■音痴キャラ役でauのCMに出演したが,歌のレベルはかなり高い。以前の「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」(第2回)では3回戦で負けはしたものの、意外な歌声を見せた。審査員だった矢口真里は鳥肌が立ったとコメントした。(ちなみに彼はモーニング娘。が好きで、特に矢口の大ファン)その後、第3回大会で優勝した。

■歌のうまさは若手芸人の中でも随一と言われているらしく、2006年5月には相方と共にJKとして歌手デビューを果たした(オリコン初登場20位)。

■R-1ぐらんぷりに「河本センス準一」という名前で出場したことがある。一時期はピンでやったほうがいいと言われていたことがある程、確かな実力を持つ。

■コントのネタ作り等では井上が主導権を握り、河本は井上聡を尊敬している。その関係性を、河本自身は「三蔵法師(井上)の手の平の上で走り回っている孫悟空(河本)ですよ」と、表現している(正確には悟空を手のひらの上で操っているのは釈迦如来)。関係性としては、河本にとって井上は「隣にいても気にならない存在、彼女を通り越して、嫁」「旦那がやんちゃするのを抑える嫁が井上で、カカア天下。」とも。

■井上をこの世界に誘ったのは河本。東京行きを決めたのも河本。2005年10月31日放送の『めざましテレビ』の広人苑IIでは「ネタ作りの主導権は井上、人生の主導権は河本」と語る。ライブ等のコントでは、河本イチ押しのネタをひとつ入れるが、たいがいすべってしまうらしい。

■「ガキの使い」の「七変化」で、桂きん枝など得意のものまねをいかし、63000円(現1位)と好成績を残す。また、桂きん枝本人も登場し、爆笑を誘った。ちなみに松本人志は7回すべて払った。代表作である「タンメン」はあまり受けなかった。(松本のみ罰金)

■ものまねのレパートリーには井上ひさしがあるがこれは自身が出っ歯であるから出来る事である。(※ 井上は出っ歯がトレードマーク)また、コントでは永六輔の名を使うケースがあるが自身が所属する吉本興業では先輩芸人はもちろん、首脳ですらも苦手とする永をレパートリーに使う事は所属という点で勇気のある人物といえる。ちなみに同様の所属芸人はガレッジセールのゴリがいるが本土出身では自身が唯一である。


【交友関係】
■中川家の中川家礼二と仲がよく、よく飲みに行く。又、楽屋で次長課長と中川家が一緒になると、楽屋コントが始まる。(大体が礼二か河本が始める。剛と相方の井上はバーの客などの脇役をする。)

■ダウンタウンやくりぃむしちゅーなど、この他にも名だたる先輩芸人とも交流がある。また、品川庄司の品川やフットボールアワーの後藤を筆頭とする後輩も、ものすごい数がいる。(本人いわく二、三百人)

■人志松本のすべらない話では、「実姉がレズ」と言う話題で笑いを取った。番組の3回目で「姉レズ」の話題は封印したが、6回目の総集編でまた「姉がレズ」だということを話してしまう。

■小学校の同級生であるオダギリジョーとは家が近かったため仲良くなり、当時サッカーなどをして一緒に遊んでいた。しかし、オダギリが引越してからは交流がなく、ラジオで連絡が欲しいと募ったこともあった。オダギリジョー側もずっと関わらないスタンスでいたのだが、今では10日に1回メールをする仲らしい。ちなみに当時の河本のあだ名は河本のモトをとって「もっち」だった。

■SMAPの香取やインリン、爆笑問題の太田、工藤夕貴など芸能界でも河本の「タンメン」ファンは多い。


【ものまね】
■「ジャッキー・チェンの映画(ドランクモンキー 酔拳)に出てくる定食屋の店員」

■「お前に食わせるタンメンは無ぇ!」、 「そうは酢豚の天津丼だ!!」というフレーズでおなじみ。

■「戦争終結直後のラジオから流れてくるレポーターの声」

■サモ・ハン・キンポー

■「なかなか帰らない客にうんざりするバーのママ」

■「築地市場のマグロのセリのおじさん」

■「水木しげるの漫画に出てくるサラリーマン」

■「アリを食うオランウータン」

■「早朝のラジオの曲紹介」

■「居酒屋の店員」

■「電池の切れかけたラジオ」

■「罠に引っかかったイノシシ」

■「セルジオ越後」

■「ガンガン前に出てくる若手芸人の挨拶」

■「桂きん枝」

■「現場のリポーターについてくるディレクター」

■「スーパーマリオブラザーズをプレイ中に誰かがコンセントを引っ張った時」

など多数。


【エピソード】
■小学校から9年間サッカーをやっており、高校時代は国体の岡山県選抜メンバーに選ばれた。ちなみに、2年でキャプテンになった。

■高校2年秋に素人名人会という番組で敢闘賞を貰い吉本興業入りを決意。吉本興業の前はJリーガーになるのが夢だったがオファーは無かった。

■スポーツ万能。バク転もできる。よみうりテレビ番組土曜ドカンッ!でもその運動神経が目立っており、彼単独の体操のコーナーもあった。

■ヘルニア持ち。

■愛煙家であり、1日に煙草を2、3箱は吸う。

■ジェットコースターなどの絶叫系が大の苦手。

■名古屋→岡山→大阪→東京と、9年周期で移り住んでいる。

■母親の再婚により、父親が5人いる(内、実際に結婚したのは2人である)。

■奥さんにバレないように、アダルトビデオのタイトルを別なものにしてカバーしている。(例えば、フランダースの犬や北の国からなど)また「ダウンタウンDX」としたビデオを井上にも「これ見てみろ」と貸していた。

■小学生の頃、クラス内で「河本王国」を作り上げた。

■当時の河本は「小柄」「色が黒い」「足が速い」と三拍子揃っており、それがクラスでの人気につながっていたらしい。

■しかし、河本のクラスにオダギリジョーが転校してくると、一週間で「河本王国」は崩壊した。

■何回か相方井上を見て勃起したことがあるらしい(壁に手をついてシャワーを浴びているところを見た時など)。また井上にずっと「ちょっとだけでいいから肛門を押させてくれ」と言いつづけているらしい。

■矢口真里(モー娘。時代)のテレフォンカードを何千枚単位で集めていた。

■若手の頃、レギュラー松本康太とストリーク吉本峰之との3人で大阪のアパートに同居していた。その部屋には河本が持っていたエロビデオがたくさんあったが、河本はTSUTAYAで借りたそれらのビデオを返さずに東京に出て行ってしまった。(結局買い取るという形で解決したらしい)

■東京へ進出する際、松本の貯金箱の中身を全て持って行った。さらに硬貨の代わりにメダルを入れていたため、松本はしばらく気づかなかったという。

■河本著書の本「一人二役」は、相方の井上には不評である。(ギャラに差が出る為、世間の人達に買わないで欲しいらしい)

■チュートリアル徳井はライブで「奴の本は買わないでください」と客に呼びかけていた。

■『史上最強の人間ドックザ・快傑ドクター4!芸能人の寿命ぜーんぶ大宣告SP』(2005年12月23日放送)で余命12年と言われた。その理由となるべき原因は、過度の酒、煙草、暴飲暴食であるとされる。ちなみに好物はカツ丼。

■恋愛対象は、19〜57歳。

(出典:Wikipedia)

[PR]
TSUTAYA DISCAS

宅配DVD&CDレンタル『TSUTAYA DISCAS』 は、 ネットで借りてポストで返す、日本最大のレンタルショップです。今なら無料でサービスをお試しできる“フリートライアルキャンペーン実施中!

ココリコ

ココリコは、吉本興業所属のお笑いコンビである。1992年吉本バッタモンクラブのオーディションに合格しデビュー。


【メンバー】
■遠藤 章造(えんどう しょうぞう)1971年7月13日生。血液型はO型。大阪府豊中市出身。ツッコミ担当。

■田中 直樹(たなか なおき)1971年4月26日生。コンビのリーダー。血液型はO型(AB型と公表していたが実は違った事が判明し番組でカミングアウト)。大阪府豊中市出身。ボケ担当。ネタ作成も彼の仕事。


【同期】
・藤井隆
・中川家
・陣内智則
・海原やすよ・ともこ
・ケンドーコバヤシ
・たむらけんじ
・ハリガネロック
など

同期ではないが同い年に矢部浩之(ナインティナイン)、ほっしゃん。(2年先輩)やヒデ(ペナルティ)(2年後輩)などがいる。


【略歴】
当時、遠藤はサラリーマンを辞め無職だった為、専門学生だった田中を誘いオーディションへ。結果、見事合格しココリコボンバーズを結成。大阪出身だが吉本興業東京本社からデビューした。田中は人前に立つ事は苦手だったが専門学校の卒業課題を遠藤に手伝ってもらった恩もあり、この誘いを断りきれなかったと語っている。

コンビ名は二人が中学生の時拾った手帳に書かれていた喫茶ココリコから。「ボンバーズ」とは当時「ン」がつくコンビ名は売れるというジンクスがあったために付足した。が、後に元極楽とんぼの加藤浩次からアドバイスを受けボンバーズは撤去され現在のコンビ名となった。当初の仕事は『吉本印天然素材』の前説。その後、『ガキの使い』の前説を経てレギュラーへ昇格。ブレイクのきっかけとなった。


【概要】
■漫才の評価は高くないがコントは松本人志に天才といわせるほどの腕である。最近ではココリコのコントはめったに見られないが漫才はルミネtheよしもとなどで見ることができる。

■遠藤が一応ツッコミとなっているが遠藤がボケのネタもいくつかあり、最近では番組の中でもボケまくりでツッコミを他の出演者にやらせることが多い。

■FNSの日には1997年から毎年出演。特に、2002年・2003年・2005年の鶴瓶中継には「27時間テレビの鶴瓶中継と言えばココリコ」と言う黄金コンビが出来たほど。

■『笑っていいとも!』には1997年4月〜2006年9月までレギュラー出演していた。コンビとしては9年6ヶ月の最多年数であるため卒業を惜しむ声も多かった。ちなみに加入当初は火曜日でその後は木曜日→火曜日→金曜日→木曜日の順となった。月曜日と水曜日には在籍していなかったが、番宣のゲストとして参加したこともあり、全ての曜日を出演制覇したこととなった。現在の夫人である千秋と遠藤の出会いの場でもあった。

■『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』には『いいとも』のレギュラーと同じ時期から参加している。

■松本人志によると、山崎邦正が初めて田中を連れて来た時、田中はボソボソ声で「おはようございます」と言った後一言も喋らなかったらしい。また、遠藤は初対面の時、ダウンタウンの番組の収録に素人の彼女を連れてきたらしく、松本は「こんな奴ら絶対売れん」と思ったらしい。後に遠藤は「自分でやったことながら、今考えるとほんとにさぶい」と語っている。

■吉本主催の大規模なライブ「LIVE STAND 07」の初日の大トリを務めた。

(出典:Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。