Google
 

すカテゴリの記事一覧

鈴木拓(ドランクドラゴン)

鈴木 拓(すずき たく、本名同じ、1975年12月7日 - )は、お笑い芸人でドランクドラゴンのツッコミ(たまにボケ)担当。血液型はA型。相方は塚地武雅。プロダクション人力舎所属。神奈川県綾瀬市出身。神奈川県立綾瀬西高等学校卒業。うさぎ年。

通称、「鈴拓(すずたく)」、「鈴木」、「たく」、「たくちゃん」、「フヘ」。現在、妻子とともに神奈川県座間市に在住。


【来歴】
高校卒業後に消防士の試験などを受けるが就職できず、書店で立ち読みした本に「簡単になれる職業」としてお笑い芸人が挙げられていたことから芸人を志す。また、クイズ番組のパネラーに憧れて芸能界入りしたとも言われる。しかしクイズ番組に出演しひどい成績を残した。

スクールJCAでは、鈴木のメガネをかけた顔が理知的に見えると思った塚地が誘ってコンビを結成したが、勘違いであった。


【人物】
1996年塚地武雅とコンビ結成。ツッコミ担当だが天然ボケの部分がありいじられキャラである。トーク番組でや一部のコントでは立場が逆転し、塚地がツッコミに回っている。トーク番組では、彼のボケが話題の中心になることも多い。

お笑いに対してやる気がなく、ネタの台詞を全く覚えようとせず、ネタ中でもしばしば台詞を噛んだり詰まったりする。また、トーク番組でいじられると、不満そうな顔をする。話をしようとしても途中で遮られたりする場面が多く、前に出ても何も出来ない。 2007年の4月から開始された「はねるのトびら」の「短縮鉄道」で役柄を得たものの、前半部分ではほとんどしゃべらない。 スベることも多いが、彼の天然ボケから繰り出される話は時に共演者を驚かせ、無茶なフリは予想外の場面で笑いを起こす。

メガネ以外に骨が突き出ている顔や色白であることなどを特徴としているが、夏場に釣りのし過ぎで日焼けしたり、宣材写真を撮る時にもメガネを掛けてこなかったりとあまりこだわっていない。

2006年、『踊る!さんま御殿!!』で他のゲストが口にした「去年」(フルネームは「去年 おととし」)を明石家さんまからあだ名にされた。2007年3月に再び出演した時には、鈴木が自分が死んだときに「享年、去年」になることを嫌がったため、新たに「フヘ」というあだ名に改名された。

タモリに「昭和三十年代の村役場にいた」「弥生土器」といわれる。

さかな好きで有名なタレントである『さかなクン』とは、中学、高校時代の同級生である。また、「はねるのトびら」で同様に出番が少ない山本博と仲が良い。

印象が薄く、ロンドンブーツ1号2号の田村淳に「一般人に溶け込んでるね」と言われる程オーラがない。加賀まり子と共演した時はADに間違えられた。ロケなどで街を歩くと道行く人が塚地の存在しか知らないことも多い。


【逸話】
■「打ち合わせ中に伸びをして非常ベルを押してしまう」、「暗いスタジオで立ち位置にスポットライトを当てると塚地しかおらず、立ち位置を案内したADの後ろにまだついて行っていた」、「マクドナルドで店で食べるか持ち帰りかを聞かれ『どっちでもいいです』と言った」「弁当を買いに行って、財布と弁当を忘れて帰ってきた」など数々のエピソードがある。

■絵心がまったくなく、『エンタの神様』では彼が本気で描いた紙芝居をネタとして使用するコントがされ、彼が書いた絵が公開された。また同番組ではツッコミ担当のときでも、彼が本気で間違えると塚地が突っ込むといった場面もしばしばある。

■塚地がドラマの仕事をしている時は、趣味の釣りをしている。(塚地が出演したドラマ『あいくるしい』に特別出演した。)

■ヘビースモーカーの塚地とは対照的に煙草は全く吸わない。だが、1日に100本も煙草を吸う塚地の副流煙の影響を受けて、鈴木の肺も真っ黒になっている。医者に見てもらったところ、煙草を吸っていないのにも拘らず「タバコの吸い過ぎだ」と強く叱られたという。

■ブラジリアン柔術をやっていて、かなり筋肉質であるが、地味な事と体が弱く怪我をしやすいためTVではほとんど披露しない。2002年頃、道路の段差に足を取られて腰の骨を骨折したことがある。

■ニコラス・ペタス道場の門下生に総合試合を挑み、体格的に不利にも関わらず、二人を完全撃破しぺタスを呆然とさせた。しかし、既に体力の限界に近い鈴木に、明らかに身長、体重差がある者を三人目として用意し、鈴木を壊さんばかりに蹴らせ、三人目は後味の悪い勝利をとる。

■2007年5月9日放送の「スケバン物語」では、相方の塚地がドラマ「裸の大将」で主演・山下清役のため5分刈りにしたところ、それに対抗し「俳優業に被れて調子に乗っている塚地に芸人魂を見せるため」と称して、自ら坊主頭になって登場。「この出オチのためだけに坊主にしたんだよっ!!」と叫んで、周囲を驚かせた。(その後、塚地も落とし前をつける為にドラマ出演を考えず勢いだけで眉毛を剃ってしまった。)

■笑いの金メダルで、事務所に所属したばかりの頃、相方が履歴書に細かい文字でびっしり書いてたのに対して鈴木本人はもともとやる気が無いのが分かるくらい大きな文字で一言二言書いてあるだけだった。また、当時は眼鏡を掛けておらず、眼鏡は偉い人が掛けろと言われて掛けたらしく、その理由が「爆弾を作ってそうな顔だから」と話した。

■体が柔らかく、「はねるのトびら」でゲストの佐藤江梨子が披露した後に、両足を頭の後ろに持ってく大技を決めたが、メンバーにちょっと誉められた後スタジオを後にされた。


【家族】
両親は海老名市で居酒屋を経営しており、「はねるのトびら」で何度となく紹介されているほか、2003年6月の「ayu ready?」でも両親が登場した。

2003年に結婚。翌年長男が誕生した。はねるのトびらのスペシャルで強引に当時の彼女(現在の妻)にプロポーズさせられ、公開結婚式を行ったが、鈴木はそれが不満で、その後行った本当の結婚式や子供の誕生を相方の塚地にすら隠していた。結婚式の時は、式の後にタキシード姿のまま仕事に向かい、塚地に「どないしたん、その格好?」と尋ねられ「結婚式」と答え、更に「誰の?」と訊かれ「俺の」と返した。

妻に「あなたと結婚したのはボランティア」と言われた鈴木は「なんて優しい子なんだろう」、「これこそが本当の愛情だ」と逆に感動した。

(出典:Wikipedia)

[PR]

銀行系のモビットなら急な出費にも安心!10秒審査→カード受取りは当日『すぐモビ』で!パソコン・携帯から振込融資お手続き可能!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。