Google
 

もカテゴリの記事一覧

森三中

森三中(もりさんちゅう)は、吉本興業所属の女性お笑いトリオである。


【メンバー】
■大島美幸(おおしま みゆき、本名:鈴木 美幸、1980年1月13日 - )
ボケ担当。
栃木県那須郡黒羽町(現・大田原市)出身。
身長166cm 体重78kg。

■村上知子(むらかみ ともこ、1980年1月2日 - )
ツッコミ担当。
神奈川県横浜市磯子区出身。
身長146cm 体重60kg。

■黒沢かずこ(くろさわ かずこ、本名:黒沢宗子、1978年10月17日 - )
ボケ担当。リーダー。
茨城県勝田市(現・ひたちなか市)出身。
身長157cm 体重59kg。


【概要】
森三中は3人ともいわゆる「ブスキャラ」で早くから特異なポジションを確立。デビュー当時はチビ・メガネ・デブの三拍子だった。

2001年4月にオープンしたルミネtheよしもとでは、ネタ出演と同時に新喜劇に参加。今田耕司・木村祐一・山田花子等から芸を吸収し、その成果がテレビのバラエティ番組でも発揮されている。

山崎邦正が嫌いである(理由は、面白くないだけでなく、弱々しくすぐに泣くから)。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!における共演がきっかけと思われるが、同番組では他メンバー(松本、遠藤、田中)にも罵声を浴びせていたので、山崎のキャラを立たせるためのネタという側面もあるだろう。

森三中のネタは主にコントで、黒沢演じる「かっちゃん」を中心とした作品や、ショートコント「鳥」「象」等が知られる。しかし、概ねテレビで放送できるレベルではなく、ネタ番組の出演実績は少ない。最近では黒澤の高い歌唱力と過激かつキレのあるダンスが注目を浴びることも増えている。(ヤッコンマラー)

コントを中心とした単独ライブを定期的に行っている。時たま大島と黒沢が、周囲が引くほどの壮絶な喧嘩をする事がある。しかし、それも芸の1つと解するべきであろう。

数少ない、体も張れる女芸人グループという確固たる地位を築いている。


【略歴】
1998年結成。東京NSC4期の同期生として出会う。同じ4期生にはロバート、インパルスがいる。この3組は多くの先輩芸人より著しく早くブレークしたことから、「花の4期生」と呼ばれることがある。

トリオ名は、3人が通っていた中学校の名前を組み合わせて名付けられた。

2001年、『進ぬ!電波少年』の企画「15少女漂流記」に黒沢が参加。無人島脱出に成功し久保田利伸プロデュースでCDデビューも果たしたが、全く売れなかった。

TBS系の深夜バラエティ、『極すれすれガレッジセール』に当時全く無名だった大島が出演。プッチイボの一人、日本海として番組を大いに盛り上げた。他メンバーには全く無名だったまちゃまちゃがウルフ神崎という名で出演している。 『激すれすれガレッジセール』で、プッチイボはプッチポコへ改名。大島に続いて村上も出演。村上様(むらがみさま)という名で異彩を放つ。

森三中がブレークしたきっかけは、皮肉にも黒沢が前記のために抜けて大島・村上のコンビで活動中、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に出演したことである。「ハイテンション ザ・ベストテン」に出演して注目を集めたことをきっかけに、大島が浜田雅功に猛アタックをする企画が計4回放送された。その際、村上は浜田雅功に公然セクハラされるのがネタになっており、後に浜田裁判で「浜田の愛人と勘違いされて、彼氏が出来ないんですけど〜!」と同番組で不満をぶつけていた。

2002年には『めちゃ×2イケてるッ!』の1コーナーに準レギュラー出演。11月、大島が鈴木おさむと電撃結婚したことは同番組で発表され、バラエティ界で大きな話題となった。プロポーズの言葉は「日本一面白い嫁になってくれ」。新婚初夜に、大島が保有するカンジダ菌のせいで鈴木を病院送りにした話を大島本人がテレビで語った。

同年、吉本興業と日本テレビのキャンペーン「Laugh&Peace」のテーマ曲であるTM NETWORK『CASTLE IN THE CLOUDS』の本人たちが一切出てこないプロモーションビデオにメンバーの扮装をして出演した。

2004年10月、『笑っていいとも!』の隔週レギュラーに起用されて、2006年3月21日まで務めた。なお番組最後の「曜日対抗いいとも選手権」では火曜日メンバーが弱いこともあり、出演期間中2回しか勝てなかった(惜しくも優勝を逃した週も数回あり)。

同年10月、お笑い番組『めちゃ×2イケてるッ!』の「オールスター夢の激突8周年感謝スペシャル バカまん決定!!め茶の水女子大附高校 抜き打ち中間テスト」に参加。結果は大島が7位、村上が8位に。黒沢は若槻千夏と最下位争いとなるものの11位になり「バカまん」の称号を逃れた。

2005年7月、『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』に出場し、決勝戦でロバートを破って優勝した。

2006年4月、大島の夫・鈴木おさむの赤裸々な結婚生活を綴った書籍『ブスの瞳に恋してる』が関西テレビの企画・制作でフジテレビ系で連続ドラマ化。主演はSMAPの稲垣吾郎で、後に彼の妻となる女優志望の女性(鈴木の妻である大島がモチーフ)を村上が演じた。

2006年10月、「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」で黒沢が小池徹平とプラスチック越しにキスをしたことで徹平ファンが激怒し、フジテレビにクレームの電話が何度もかかったらしい。

2006年10月29日、ロンQ!ハイランド出演時、番組途中、最終ゲームを待たずして持ち点をすべて失いゲームが終了してしまったため、番組終了まで黒澤が即興で「ヤッコンマラー」と叫びながらひたすら踊り続け、進行役の田村淳に「こんな時間から何言い出すんだよ」とたしなめられる。ちなみに「ヤッコンマラー」は完全に即興のフレーズで特に意味はない。

(出典:Wikipedia)

[PR]

パートナーエージェントは、ハウスウェディング最大手のT&Gグループが提供する結婚情報サービス。
業界初のリーズナブルで後払いの料金システムと、専任コンシェルジュ制度など、今までにないサービスが特徴

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。