Google
 

らカテゴリの記事一覧

ラサール石井(コント赤信号)

ラサール 石井(ラサール いしい、1955年10月19日 - )は、お笑いタレント・俳優・声優・演出家。本名、石井 朗夫(いしい あきお)。旧芸名、石井 章雄=読みは本名と同じ。血液型はO型。愛称は「チクリ(関西弁で「暴露」の意味)」「ラサール」。

大阪市住吉区出身。所属事務所は石井光三オフィス。


【来歴】
1970年代から80年代にかけ、関西において伝説的な存在であった学習塾『入江塾』で受験勉強をし、名門と言われる私立ラ・サール高等学校(鹿児島県鹿児島市に所在)に合格。実は灘高等学校(兵庫県神戸市に所在)も受験したが不合格だったと某番組で明かしていた。 東京大学文科三類を受験するも不合格。早稲田大学第一文学部に進学。早稲田大学在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所。その後、一期下の渡辺正行、小宮孝泰と共に、コント赤信号を結成。芸能活動の為大学は除籍される。

母校ラ・サールの名より、芸名をラサール石井と1983年に改めた(中点入りの「ラ・サール(La Salle)」としないことを条件にラ・サール高校より許可されている。因みに「ラサール」のローマ字表記の綴りは「Lasa-R」としている。)。芸名をラサール石井に改めた後も一部ドラマでは旧芸名章雄を併用している。

実家は帝塚山に在るうどん屋の「帝塚山めん処 いし井」で、近所でも有名な店である。なお経営管理は実兄が行っている。

受験関係の著作も多いが、その内容は入江塾時代のものが多い。

1990年代にテレビ朝日系列で放送されたテレビ番組『目撃!ドキュン』では、田中律子と共に司会をしていた。また、 サンテレビの深夜番組『おとなのえほん』の司会を務めた事もあった。一方で、クイズ番組の常連解答者として、TBSテレビ『オールスター感謝祭』等数多くの番組で優勝経験を持つ。かつて『たけし・逸見の平成教育委員会』では、同郷出身の辰巳琢郎と共に優等生として活躍した。因みに辰巳とは、後にキリンビール「秋味」のCMでも共演している。

近年は声優業にも進出し、アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』では主人公の両津勘吉の声を担当している。また、同作品の舞台でも同じく両津役として出演。アニメが放送された直後の頃は、昔からのこち亀ファンからイメージと違うと酷評も多く聞かれたらしいが、現在では世間に浸透したのか、批判の声は少ない。

また、2004年4月から2005年3月25日までTBS系列放送のテレビ番組『ウォッチ!』に新聞コーナーの編集長として出演(月曜日〜金曜日)し、2005年3月28日からはTBSの夕方の顔として『イブニング・ファイブ』(月曜日〜金曜日16:54〜18:55)に出演していたが、2006年3月いっぱいで番組を卒業した。理由として舞台演出家としての仕事が好調で両立が困難な為としている。2007年度からは、イブニング・ファイブと同じ時間帯(14:00〜17:50)に、毎日放送(TBS系列)で関西ローカルとして放送されている「ちちんぷいぷい」に月1レギュラーとして出演している。

舞台・演劇活動にも力を入れ、喜劇俳優に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。主な作品は、舞台版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や、日本音楽事業者協会創立40周年記念ミュージカル『スター誕生』等。

年に1度行われるイベント『M-1グランプリ』に2001年の初回から2005年までの間、審査員を務めていたが、2006年は出演せず(南原清隆に変更)。


【人物】
■小学生の時に母と写っていて、しかも母の隣で微笑んでいる写真が一時期ネタにされていた。また、その写真がカレンダーになったこともある。

■ビビる大木にインタビューされたとき、最初に両津勘吉巡査長の声を披露したことがあった。

■学生時代に上京し東京で芸歴を積んできたこともあり、大阪出身であるにも関わらず、全国ネットの放送では標準語で話すことが多い。但し、関西芸人と共演する時(『M-1グランプリ』など)や関西ローカルの番組に出演する時などには、しばしば関西弁を使う場面が見られる。

■1991年の初め頃に、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』のハガキコーナーで ハガキを持ってくるアシスタントとして1度だけ出演した事がある。

■所属事務所の社長である石井光三のモノマネを『オレたちひょうきん族』のコント内で一時期多用していた事がある。

■所属する俳優の多くが声優としても活躍するテアトル・エコーの養成所時代に、劇団内での声優の試験を受けたが合格しなかったという逸話がある。

■『オレたちひょうきん族』で共演した明石家さんまと仲が良く、さんまの個人事務所「オフィス事務所」にも籍を置いている。また、年末年始にさんまがオーストラリアの別荘に向かう際にも毎年同行している。

■並外れた運動音痴でも知られる。さんまがテレビ番組で語った所によると、草野球では外野手のラサールの周囲1メートル以内にフライが落ちた場合は打者はアウトになり、もしフライを捕れたら一気に3アウトになる特別ルールがあるとのこと。(さんまのギャグである可能性もあるが、それくらい運動音痴だということであろう。)

■「ゴジラシリーズ」などの怪獣映画が大好きで、テレビなどでよく知識などを披露している。

■「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のアフレコの時は、彼はいつも事前に台本を読まないでアフレコに行っていた。

■視力が悪いため、コンタクトレンズを使用していたが、2005年に50歳になる前にレーシック(視力回復手術)を受けた。

■高学歴ということもあり、クイズ!ヘキサゴンIIの予選ペーパーテストでは、1位になることが多いが、1位を逃したときはほぼ2位になっている(ただし例外として、2006年12月27日のスペシャルでは水野裕子と石原良純に負けて3位であった)。

(出典:Wikipedia)

[PR]

視力回復手術「レーシック」を検討するなら「視力回復レーシックコム」 話題の視力回復手術レーシックに関する情報が満載!参加医療機関の特色を知るため、まずはラクラク資料請求!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。